お別れもアリ? 彼以外にアプローチされて迷った時の考え方3つ

【相談者:20代女性】
彼とは数か月付き合っていますが、最近私の気持ちが一方通行のような感じがして疲れていました。そのタイミングで仲良くしている男性からアプローチを受けました。特にどうこうするでもなく、自然に好意として受け止めて今までと変わらず仲良くしています。彼のことで考え込む時間も減り、なんだか楽になれている自分がいます。

その途端、彼からの連絡が頻繁にくるようになったことと、「最近冷たい、寂しい」とまで言われるようになりました。ずっと欲しかった言葉なのに、今は素直に喜べません。彼への気持ちはもう冷めてしまっているということなのでしょうか?

a あなたが全力で“好き”を伝えられる相手が、一番なのではないでしょうか。

相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

そっけなくしたら向こうから寄ってくる、悲しい恋愛の性ですね。どうも、男性には本能的に追いかける恋愛をしたい人が多い傾向が見られます。追いかけているときは、その人のことばかり考えますし、どうにかものにしたい! と思う生き物なのでしょうか。

しかし、それを狙って駆け引きしたり、好きな気持ちを抑えたりするのもなんだからしくないですよね。そんな相談者さんにアドバイスをいくつか。

151001chihiro

(1)その彼がいなければ気付けなかった感情

『自分が弱っているときに優しくしてくれる男性は魅力的。でも、自分がどういうスタイルで恋愛するかはしっかり持っておかなければダメ』(30代女性/通訳)

相談者さんは自身が恋愛するにあたって、どういうタイプの人間か理解していますか? 相手によって合わせて変えていては、いずれ無理がきます。サバサバした付き合いが好きなのか、いつでもラブラブしていたいのか、まずはきちんと知りましょう、とのことでした。

相談内容からわかるのは、彼はどうも好き好き“されて”安心していたいタイプなのでしょうね。これも、今回そのアプローチしてくれた彼がいたから気づけましたね。現在の彼のタイプを知った上で、相談者さんはどうでしょうか?

(2)彼の言動はアナタの気持ちを反映している

『気持ちが冷めてしまっていては、どんなに追いかけられても冷静でいられるもんですよね』(30代男性/飲食)

彼の心理状態としては、「あれ? 最近俺のこと好きじゃないのかな?」と不安になり、アナタに対して頻繁に連絡を取っているのだと思います。今まさに相談者さんの気持ちは、冷めていると思います。正確に言えば、冷めたというよりも、彼がしてくれない“好き好き”を、アプローチしてくれている彼で補っているという状態でしょうか。好きじゃなくなったというよりは、『承認欲求』を満たしてくれる相手に意識が向いている状態なのだと話してくれましたよ。

自分で気が付くまで、2人を比較してみてもいいのでは? 楽しいだけが恋愛ではないですが、どうせ恋愛するなら“楽しい”を目指したいですよね。ただ、新しい彼だって現在の彼みたいになる可能性もあることを忘れないでください。

(3)“好き”を素直に伝えられること

『好きなのに辛いって、自分の気持ちと同じくらいのものを相手に求めているからでしょう? 確かに、恋愛はギブ&テイクだと思いますよ』(20代女性/販売)

恋愛において一番大事なのは、自分の気持ちと相手の気持ちを確認しあいながら、お互いのために努力することだと話してくれました。相談者さんは彼と今そういう関係が築けているでしょうか? そうでないのなら、新しい彼のことは関係なく、一度考えたほうがいいのでは? 彼とそのことについて話し合うことも必要だと思います。

そんな話し合いもできない間柄であれば、いい機会だと思ってお別れするのもアリだと厳しい意見をいただきましたよ。


いかがでしたか? 駆け引きするのは、お付き合いに至るまでぐらいでいいのかなというのが個人的な意見です。なにも付き合ってから素の自分をぶちまけろというわけでもありませんが、互いの気持ちが確認できたら、遠慮することなく思いを伝えたいものですよね。

相談者さん、とりあえず今は彼を不安にさせておいていいと思います。そこでなにかしらのアクションを起こしてきたときに、ちゃんと話し合いができればいいですね。

しかし、あまりそのアプローチしてきている彼と友達とはいえ仲良くしすぎるのもよくありません。立場が悪くならないよう、慎重に行動してくださいね。3つ目のアドバイスを念頭に、自分の恋愛スタイルについて考えてみてください。

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする