1杯たったの10円!? トクホ飲料を自宅で格安&手軽に作る方法

【相談者:40代女性】
最近“トクホドリンク”をよく見かけるようになりました。脂肪の吸収を抑えて排出を促す効果があるとのことで、私も年齢のせいか“○○茶”などのトクホ飲料を見るとついつい買ってしまいます。普通のお茶より割高なので、毎食ごとに買おうとすると結構お財布に厳しいのですが、脂肪や血糖が気になるならやはり頑張って続けた方がよいものでしょうか?

a トクホ飲料よりも割安な『難消化性デキストリン』で同じ効果が期待できます。野菜不足なら続けることをおすすめします。

こんにちは。美容以外に健康や成人病も気になりはじめるアラフォー世代の応援隊長、木野紫です。

アラフォー世代は見ために太っていなくても、お酒や甘いものが好きで健診の血液検査の数値が気になる、という方が増えてくるお年頃です。コンビニや自動販売機で“糖分の吸収を抑える”“脂肪の排出を促す”と書かれているとつい手がのびるトクホ飲料ですが、トクホ飲料を買わなくても同じ効果が期待できる食品があるのをご存じでしょうか。

150929kino

トクホ指定の飲料には『難消化性デキストリン』が含まれている

実際に売られているトクホ飲料のラベルをよく読んでみると、ほとんどすべてに『難消化性デキストリン』が含まれており、“飲料に含まれる難消化性デキストリンのはたらきによって、脂肪の吸収を抑える効果がある”というようなことも書かれています。お茶以外にもソーダや野菜ジュースなど、トクホのマークがついている飲料にはほとんどこの難消化性デキストリンが5~10g前後含まれています。

難消化性デキストリンは水に溶ける食物繊維

難消化性デキストリンとは“消化しにくいデキストリン”で、トウモロコシやじゃがいものでんぷんから作られた水溶性の食物繊維のことです。脂肪や糖の吸収を緩やかにしたり、お通じに効果があるのはそのためなんですね。この難消化性デキストリンが厚生労働省許可のトクホ食品なので、これを含むお茶やソーダがトクホ飲料になるわけです。

難消化性デキストリンがあれば約10円でトクホ効果を期待できる

逆に言えば、普通のお茶や炭酸水に難消化性デキストリンを入れてしまえば、自宅で簡単にトクホ飲料を作れてしまいます。この難消化性デキストリン粉末はネットで大体500g、1,000円ほどで購入可能なので、食事のときに好きな飲み物に5g溶かせば、1回10円で100回くらいトクホ飲料として飲むことができます。

難消化性デキストリン粉末は無味無臭なので、お茶以外にもスープやヨーグルトなど、いろいろなものに混ぜることができ飽きずに続けることが可能です。


いかがでしょうか。普段の食事で野菜から食物繊維をしっかり摂取するに越したことはありませんが、野菜不足が気になるときはお財布を気にせず気軽に摂れる難消化性デキストリンがおすすめですよ。

【参考リンク】
難消化性デキストリン | 大塚製薬
難消化性デキストリン | JAFRA 日本食品機能研究会

●ライター/木野紫(未モテ女子応援隊長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする