ロマンチストで情熱家! 読書好きな“文学男子”と付き合うメリット3選

【相談者:20代女性】
私は普段ほとんど読書しないのですが、最近はピース又吉さんみたいな文学男子に興味があります。文学男子の魅力など、何か情報があれば教えてください! また、私みたいに本に詳しくなくても文学男子と恋愛できるかどうか知りたいです。

a 文学男子はロマンチストで情熱家。小説を読まない人・メンヘラ女子・察してちゃんも大歓迎!

こんにちは。ライターのティッシュまみれ子です。

文学男子、魅力的ですよね。『株式会社トゥ・ディファクト』のアンケートによると、文学男子とそうでない男子の最大の違いは、そのロマンチックさにあるのだそう。感動的なサプライズなどをしてくれる可能性も期待できます。

また、「好きな人とは(電話やメールだけでなく)会って話したい」という項目のYES率も、本を読まない男子に比べて高かったそうです。情熱のあるタイプが多いということで、文学男子は恋愛・結婚に向いていると言えるでしょう。相談者さんは普段、読書しないということですが、私の周りに限って言えば本を読まないタイプの女性とゴールインした方のほうが多いくらいなのですよ!

150929tissue

(1)外見に自信がなくても大丈夫! まずは肯定から入る文学男子

『「人を批判したいような気持になった場合はだな」と父は言った、「この世の中の人が、みんなおまえと同じように恵まれているわけではないということを、ちょっと思いだしてみるのだ』

モダン・ライブラリーの発表した「英語で書かれた20世紀最高の小説」の2位! フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』を読んでいる文学男子は多いのではと想像できます。抜粋箇所は1ページ目の数行。語り手が父親に言われて、心に刻んだ言葉です。

これはどういうことかというと、「他人をすぐに否定ちゃイカン! まずは肯定から入ってみよう!」みたいな感じ。この小説にちょっとでも感化されたことのある文学男子だったら、女子がどんなに不細工でも遊んでいそうな外見でも大丈夫。まずは、「この人にもなにか長所があるはずだ!」という肯定から入ってくれる可能性が高い、というわけです。

実際、ピース又吉さんも“鬼ギャル好き”を公言していますよね。一般男子には評判が悪いとされる鬼ギャルも、文学男子にとっては好奇心の対象となり得るのでしょう。

(2)ドン引き率が低い! メンヘラ女子にも安心です

『妻は時々ヒステリーを起こして、皿を何枚も割るようなことがあります。男友達に話すと、「そんな奥さんイヤだ」と引かれますが、自分はそこまでイヤだとは思いません』(30代男性/臨床検査技師)

こちらは、純文学が大好きな文学男子から得た情報です。みなさん、国語の教科書で森鴎外の『舞姫』を読んだとき、「エリス、メンヘラだなぁ」と思いませんでしたか?

文学男子はこうしたメンヘラ女子が多数登場する小説を山ほど読んでいます。古典から現代的な小説まで、およそ純文学と呼ばれるものに登場する女子は“痛い系”だったり、常軌を逸した行動をとったりしがち。そうした痛い女子やメンヘラ女子が世に存在することを文学男子は知っているのです。だから、ドン引きするなんてことはそうそうありません。

(3)読解力があるので“察してちゃん”にはピッタリ!

『いわゆる文学男子と交際しています。私が落ち込んでいるときなど、メールでは明るくふるまっていてもすぐに察してくれますよ。「元気ないね、なにかあった?」と話を聞いてくれるところも頼もしいんです』(30代女性/雑貨店スタッフ)

読解力のない文学男子など、この世に存在しません。ことにLINEやメールとなると、そのパワーが存分に発揮されるわけです。文章のすみずみまで見逃さず、行間まで読んでくれる文学男子。言いたいことをハッキリ言えない“察して女子”でもスムーズに恋愛できるはず! ちなみに情報提供をしてくださったこの女性は、普段ファッション雑誌以外の本は読まないとのことでした。


いかがでしたか? ちょっとやそっとのことでは動じない文学男子たち……。他にも、表現力の豊かさや、語彙が豊富なためお互いに誤解が生じにくいなど、さまざまな魅力が挙げられます。相談者さんも、情熱的でロマンチストな文学男子をぜひゲットしてくださいね!

【参考文献】
・『グレート・ギャツビー』フィッツジェラルド・著

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする