再び愛される日のために! 失恋から立ち直る“悲しみのプロセス”とは

【相談者:20代女性】
3年お付き合いした彼に、ひどい裏切り方をされて別れました。夜も眠れず、食事もほとんどとれません。それなのに、彼のTwitterやFacebookを見ると毎日楽しそうな書き込みがあります。「私だけが苦しんでいる……」と思うと余計に悲しくなります。

「もう誰も信じられない」「みんなが私を裏切るに違いない」という気がします。仕事だけは何とか行けますが、休日は外出もできません。このままではダメになりそうです。立ち直れる方法を教えてください。

a つらい失恋体験は“日にち薬”が癒してくれます。今は自分自身をいたわることを最優先に。必ず立ち直る日が来ます。

ご相談を拝読しました。仲人士の忽那里美です。

とてもおつらい体験でしたね。お気持ちはよくわかります。今はご自身をいたわることを最優先に考えていきましょう。“日にち薬”という言葉をご存じでしょうか? つらい気持ちも時間が癒してくれる、時がたてば乗り越えていける……という意味です。焦らず、ゆっくり、いつものあなたに戻っていきましょう。

150928kutsuna1

別れた彼のSNS閲覧は、百害あって一利なし

まず、相談内容を拝見してすぐにでも止めていただきたいことがあります。それは、彼のSNSを閲覧することです。今までの習慣で見てしまうのでしょうが、それが一層あなたを苦しめています。

彼が楽しそうにしていれば、「自分だけが苦しんでいる」と恨めしくなり、逆に彼が落ち込んでいたり体調が悪いと書いていたりしても、「自分には何もできない」という無力感にかられます。百害あって一利なしです。彼の投稿を見ても心が揺らがなくなるまで、「見ない!!」と決めましょう。

1つの目安ですが、“新しい習慣は21日で身につく”という神話があります。まずは3週間、彼のSNSから離れてください。あなたの心の波を荒立てることから遠ざかりましょう。

失恋のつらさを乗り越えられる“悲しみのプロセス”について

次に、“失恋の悲しみの感情をどう乗り越えるか?”についてお話します。「失恋の1つや2つ、誰でも経験するよ」「そんなにひどい人だったら、別れてよかったじゃない」などと慰められても、今のあなたにはかえってつらいだけではないでしょうか?

精神科医の水島広子先生の著書に『失恋は“悲しみのプロセス”を踏めば必ず癒せる』という記述がありますので、以下要約します。

人間は大切なものを失うと、“悲しみのプロセス”を踏みます。

(1)まず「信じられない」という状態になります

しばらくのあいだ、現実を認められず頭が真っ白になってしまったり、“なかったこと”にしてしまったり、やけにシラッとして何も感じないという状態になったりする。

(2)次に、ようやく喪失に直面し、本当に悲しむ時期がやってきます

この時期は、悲しみや後悔、怒りなどさまざまな感情を味わう内向きの時期になる。いろいろな感情を持つことで、気持ちの整理が進む。ここを十分に味わうと、ようやく“相手のいない現在”に心を開くことができるようになる。

これが、“悲しみのプロセス”です。失えば、その後、悲しみがくるのはしかたのないことですが、恐れずに“悲しみのプロセス”を踏んでいけば悲しみは必ず通り抜けることができるもの。

いろいろな感情が出てくるのは当然です。突然泣きたくなったり、ひどい人だったと怒りの気持ちが湧いてきたりしても否定せず、ご自身に優しくする期間をもうけましょう。

「失恋をどう乗り越えた?」それぞれの対処方法

失恋を経験した方々は、どんな風に気持ちの整理をしていったのでしょうか? アンケート調査を行いました。

『一人旅をしました。全く知らない場所に行きたかったからです。自然の中でボーっとして、気持ちを整理していきました』(20代女性/ライター)

『寮にいたのでなかなか一人になれず。車を走らせて一人きりの空間で思いっきり叫んで泣きました』(30代男性/商社勤務)

『人と接することがつらかったので、大好きな猫がたくさんいるカフェに行って何時間も眺めていました。何か月か通っているうちに癒されて、だんだんと普通の生活に戻れました』(20代女性/看護師)

『ひたすら飲んで忘れるように努めました』(20代男性/学生)

『暇になると思い出してしまうので、なるべく予定を作って気を紛らわせました』(20代女性/接客業)

正解はありません。あなたが好きなことをして本当の自分に戻れる方法をゆっくり探してください。

150928kutsuna2

“悲しみのプロセス”を踏んだ先に、失恋から立ち直り、再び愛情を手にするあなたに戻る日がやってきます

時間の経過とともに、少しずつ気持ちの変化が生じることをお分かりいただけたと思います。今は心が大きく揺れ動いていることでしょう。「失恋の特効薬は次の恋!!」とも言われますが、できればあなたが平常心に戻り、正常な判断ができるまで待ったほうが良いかもしれません。やがて波はおさまります。

傷つけたのは“人”ですが、癒してくれるのも“人”のように思います。悲しみのプロセスを踏んだ先に、「裏切らない人もたくさんいる!!」と気付き、再び愛を手にするあなたになるときが必ず来ます。大丈夫。応援しています。

【参考文献】
・『精神科医が教える「愛する人と幸せになる」55のルール』水島広子・著

【撮影場所】
NECOT COFFEE

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする