巨乳も夢じゃない!? 元グラドルが教える“美しいバスト”を作る秘訣8つ

【相談者:20代女性】
こんにちは! きれいな巨乳を維持している一ノ瀬さん。どうしたらきれいな豊満バストになりますか?

a 美しいバストを作る秘訣は8つあります!

こんにちは。元グラビアアイドルで、現在タレントの一ノ瀬文香です。

私はFカップで谷間が出る服を着ていることも多いからだと思いますが、相談者さんがくれたような質問は日常的にちょこちょこ受けます。バストに関する話は『恋愛jp』に書いていいものかなと一瞬考えましたが……バストも恋愛に関連しますよね。バストの好みっていうものもありますからね。

私自身は自分が大きいからか、特にバストの好みとしてこだわりはないのですが(私はレズビアンです)、二丁目に来るレズビアンたちの会話を聞いていると、「大きいバストが好き」とか「大きさにはこだわりないけど、形が良いバストが好き」といった話も時々聞きます。

ということで、今回は美しい豊満バストの作り方・維持方法について、私がグラビアアイドル時代に得た知識や経験から書いていきます。さらに、私と同じ30代で元グラビアアイドル、現在もEカップの美しいバストを維持されているAさんのコメントも載せていきます。

そしてさらに! なんと現役の人気セクシー女優、甲斐ミハルさん(31歳/Fカップ)からもコメントをいただきました!! 美しいバストで説得力のあるミハルさんのコメントもご覧ください!

150928ichinose

バストに関する基礎知識

まず、どうしたら良いかの結論を出す前に、バストに関する基礎知識について。研究により“バストの約9割は脂肪”であると分かっています。つまり、痩せすぎているとバストは大きく成長できないということです。

そして、脂肪には“流動性”があります。脂肪がある程度あっても、胸で維持されずに背中や二の腕、腹部のほうに流れてしまえば、おばちゃん体型に……。「最近、背中に肉がついてきた」とか「二の腕が太くなってきた」という人は、バストの脂肪が流れてしまったという原因も考えられます。

私は20歳のころボーイッシュな見た目をしていて、メンズ服をカッコ良く着こなしたいがためにブラジャーではなく『ナベシャツ』という、バストを平らにつぶして胸板のように見せるものを着用していました。1年くらい着用していたあるとき、鏡を見ていつの間にかバストが変化していたことに気がつきました。乳首の位置が明らかに左右に離れていて、バストの脂肪が確実に周囲へ解散しつつあったのです。

ナベシャツを着ける前は、Eカップ(アンダー70cm)だった私。「このまま解散させていくのはもったいないのでは?」と思うようになり、ナベシャツを着る前同様にちゃんとしたブラジャーを着け、他にもこれからご紹介する努力をして再びバストの脂肪を集合させることに成功しました。その後アンダーが痩せたこともあり、現在はアンダー65cmのFカップをキープしています。

(1)良いブラジャーを着ける

私の経験からもいろいろ調べた結果からも、大切なバストケアその1は、“良いブラジャーを着ける”こと。脂肪を胸に維持させるためにワイヤーが入っていて、ホックが2、3個(もともと大きい人は3個)のがっちりバストを固定してくれるブラジャーを使うことが大切です。

良いブラジャーメーカーには、同じサイズでもワイヤーの幅やカップの形もさまざまなものがあります。自分の骨格やバストの形にあったブラジャーを選ぶことも大切。

また、良いブラジャーを正しく使うことも大切。正しく使えなければ宝の持ち腐れです。良いブラジャーメーカーでは、販売員がブラジャーの正しいフィッティング方法やフィッティング時にチェックするポイントをきちんと教えてくれます。恥ずかしがらずに、ちゃんと販売員にフィッティングした状態を確認してもらうとバストのために安心ですよ。

どこのブラジャーメーカーを選べば良いか分からないという方は、デパートに入っているメーカー何か所かでフィッティングしてみて、“ワイヤーの幅やカップの形に種類があるか”“フィッティング方法の説明やフィッティング確認が丁寧か”で判断すると良いと思います。こういうところから、バストに関する研究や社員教育が熱心か、製品にこだわっているかが分かるからです。

ミハルさんも“自分で思う巨乳&美乳になった理由”として、『ブラジャーは頻繁にサイズを測ってもらって、丁度良いサイズを着けてきたこと』と言っていました。脂肪が固定される良いブラジャーを着けることが大切とお話しましたが、良いブラジャーを着けてもどうしても日常の体の動きでバストの脂肪が流れ出ていることがあります。そのため、日常的に時々は詰めこみ直すことが望ましいです。

(2)流れた脂肪をブラジャーに詰めこむ

トイレに行ったついでにバストの詰め込み直しを習慣にすることがオススメです。背中や二の腕、バストの周辺から思いっきり集め直しましょう。それだけでバストが大きくなったように見られますよ。ミハルさんも、『私じゃないんだけど、セクシー女優のコは1サイズ大きいブラジャーを買って背中やお腹から肉を集めて普段着ていて、続けていると大きくなるみたいです』と言っていました。

(3)リンパマッサージを行う

脂肪は流動性があることからマッサージで動かすのも効果的です。また、バスト周辺のリンパの流れを良くすることによって、バストに栄養が供給されハリが出ます。自分でマッサージするなら、血行が良いお風呂上がりがオススメ。アロマオイルを使えば、美肌効果や寝る前の癒し効果も期待できます。

私は時々オイルマッサージを受けに行き、2回に1回はバストもマッサージしてもらっています。プロのオイルマッサージ師さんは背中のほうからバストのほうに脂肪を動かすようにマッサージしたり、バストの上部やバストの間、脇の下をしっかりマッサージしたりしてくれますよ。

たまにはマッサージに行ってみて自分でマッサージするときの参考にしたり、ネットでオイルマッサージの詳しいやり方やリンパの場所を調べてみたりするのも良いでしょう。

(4)大胸筋を鍛える

バストは大胸筋という筋肉によって支えられています。この筋肉が衰えると、バストが垂れる原因になります。女子が大胸筋を鍛える場合、“手のひら同士を体の中心で合わせ、力いっぱい押し合って鍛えると良い”とグラビア時代によく聞きました。私はたまに腕立て伏せをして鍛えていますが……日頃から運動をしていて筋肉に自信があるようではないと、腕立てで鍛えるのは女子にはきついかなと……。

Aさんも美しいバストを維持するために、『胸筋がなくなると胸が下がる気がするので、エクササイズをしています。胸の前で両手を合わせて上下に動かすだけの簡単な運動ですが、やらないよりは良いかなと思うのでお風呂でやるようにしています』とのこと。

ミハルさんも、『垂れてしまうのが一番怖いから、普段は胸筋や肩甲骨ら辺を鍛えるようにしているんだけど、本当にそれくらい。でも、毎日継続してやっています』とのことでした。

(5)クーパー靭帯を守る

バストは大胸筋だけではなく、クーパー靭帯というコラーゲンの繊維束によってつられるように支えられています。この靭帯は伸びたり切れたりしやすい上に、切れると元に戻らないと言われています。この靭帯が伸びたり切れたりすると、バストはどんどん垂れていきます。激しい運動をすると切れてしまいがちなので、運動をするときは普段のブラジャーの上からさらにスポーツブラをしたり、さらしなどで固定したりして守りましょう。

ちなみに私は昔ジョキングをしていたときに、和装で使う“マジックベルトの伊達締め”をブラジャーの上から巻き付けてバストを固定していました。マジックテープでちゃっと着けられるので便利ですよ。

(6)猫背を直す

猫背だと、実際のバストサイズよりも小さく見られがちで損をします。鏡で姿勢を正したときと猫背のときと自分のバストを見比べてみると分かります。また、猫背はバストを支えている大胸筋も衰えさせます。私の経験上でもバストがきれいな人はみな姿勢が良く、良い姿勢が良いバストを形成すると思います。

(7)美しいバストになるように意識する

バストを意識することで脳が女性ホルモンの分泌を促進させて大きくなることもあるそうです。「グラビアを始めたら見られる意識からバストが大きくなったと思う」と言っていたグラビアアイドルの方もいました。脳が女性ホルモンの分泌を促進させた結果かもしれませんね。

巨乳&美乳について、Aさんも、『バストを粗末に扱っている人は美乳にならないと思います。お風呂上がりに鏡で見たり、下着をつけるときもバストを丁寧に扱ったりすると、バストへの意識が高まって美乳になるのではないでしょうか』とのこと。また、ミハルさんは、『好きな人との行為をたくさんすることかな。女性ホルモンが増えると思うから』と、言っていました。

(8)その他

“自分で思う巨乳&美乳になった理由”として、Aさんは、『納豆が大好物で、小さいころから今まで毎朝、納豆ゴハンを食べています。納豆は大豆イソフラボンを多く含んでいるので、もしかするとそれが良かったのかなと思います』。ミハルさんは、『まずは隔世遺伝があると思うけど……中学生、高校生くらいによく食べてよく運動しよく寝たことが大きいと思います』と、言っていました。

バストの成長のためにも健康的な体でいること、ちゃんと栄養を摂ってよく寝て、そして適度な運動をすることが根本的に大事でしょうね。私の母や祖母もバストが大きく遺伝もあるかもしれませんが、バストをよく成長させるための環境が知らず知らずのうちに家庭で作られていたというのも大きいと思います。


いかがでしょうか? 女のコが大好きな私としては、世の女のコたちがいつまでも美しく輝いていることを願っています!

【取材協力】
甲斐ミハル/セクシー女優・モデル。

●ライター/一ノ瀬文香(よしもとタレント)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする