結婚しても大丈夫? マリッジブルーのタイプ3つと解消法

【相談者:20代女性】
現在、婚約中です。婚約者はとても誠実な方で、彼なら私を大事にしてくれると思い、交際と同時に結婚することまで決めました。お互いの家族との顔合わせや、結納式、結婚式の日取りを決めたり、式場の下見に行ったり、結婚指輪を買いに行ったりし、ぶつかりつつも幸せな時間を過ごしています。

しかし、今頃になって本当にこの人と結婚してよいのか心配になってきています。準備は着々と進んでいるため、引き返すことはできないと思うと同時に、引き返すなら今だとも思っております。この気持ちはどうしたら解消できるのでしょうか。

a マリッジブルーは結婚後にはほとんど解消する。確かめることは1つだけ。

ご相談ありがとうございます。心と身体の誘引師ゆうめです。

結婚への疑問は、結婚が具体化するにつれて不安や恐怖へ変わり、俗に言う“マリッジブルー”を引き起こします。

1度や2度は、進学や就職、転勤、1人暮らしなど、初めてのことに不安や恐怖を抱きつつ、希望や野心を持って実行した経験があるかと思います。

結婚も本質は同じで、不安や恐怖とともに、結婚してああしたいという希望を胸に、先輩花嫁たちも結婚してきました。

今回は、あなたと同じようにマリッジブルーを経験した先輩花嫁に取材をしました。参考になるか分かりませんが、少しだけお付き合いくださいね。

150928yuume

(1)この人でよいのか不安

『結婚前の不安を分かってくれない旦那にイライラ。もっと理解ある人がいいと思っていた』(20代女性)

『別の人にもプロポーズされていたため、選ぶ相手を間違ったのかもしれないと、結婚した今も思い続けている』(40代女性)

『長男だったことが無性に気になりだした』(30代女性)

『旦那は自営の士業をしており、収入が安定せず家庭を顧みるタイプでもなかったため、苦しい結婚生活が始まると思い、怖かった』(30代女性)

(2)変化が怖い

『苗字が変わることが漠然と嫌だった。戸籍を取り寄せたとき、家を出て彼と自分の所帯を築くことを実感し、怖くなった』(20代女性)

お姑さんとうまくやっていけるのか心配だった』(20代女性)

『1人で暮らしていたため、一生一緒に暮らさなくてはいけないことがプレッシャーだった』(30代女性)

『結婚後は農家を手伝うことになっており、農家の嫁が務まるのか心配だった』(30代女性)

(3)結婚=幸せ?

『いつまでこの幸せが続くのかと、幸せの絶頂にいることが怖かった』(30代女性)

『同僚からひがまれ、会社から疎まれるのが怖かった』(20代女性)

『両親の不仲により、結婚に幸せというイメージがなく、結婚自体が怖かった』(30代女性)


(2)(3)タイプのマリッジブルーは結婚後には解消します。結婚後と言わず、結婚式準備で忙殺される時期には考える余裕がなくなり、どうでもよくなっていたという方もいました。

あなたと同じ(1)のタイプの方も、多くの方が結婚後は不安なく幸せに暮らしていました。しかし、(1)のタイプの方の中には、結婚後も不安を引きずっている方もいました。

幸せな結婚のため、あなたに1つだけ確かめていただきたいことがあります。あなたは彼のことが本当に好きですか。

もしも「大事にしてくれるから好き」「愛される方が楽だから結婚する」「誠実で幸せにしてくれそう」という気持ちしか無いのであれば、ご結婚はひとまず延期されてはいかがでしょうか。

今回取材をし、人からもらう愛に幸せを見出す方が感じる不安や恐怖は、結婚後も解消しにくいということが分かりました。見えるわけでも不変でもない相手の気持ち頼みの幸せは、確信を持ちづらく不安が付きまとうのです。

あなた自身が彼を愛して、彼と結婚することに喜びを見出せるのかどうか、焦らずに彼への思いを確かめてください。彼への愛に確信を得られれば、あなたの幸せは約束されたようなものです。

あとは、考えすぎず幸せいっぱいの妄想をたくさんして、新しい生活が始まるときを待ってくださいね。

●ライター/ゆうめ(心と身体の誘引師)

編集部追記

今回のコラムでは、マリッジブルーの解消法として、「彼への愛を確かめましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「マリッジブルー」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

マリッジブルーってどんな状態?

160204blue3

プロポーズを受け、実際に結婚準備をしていく中で、「本当にこの人でよかったのか」「生活の変化についていけるのだろうか」と不安になることを“マリッジブルー”と言います。

マリッジブルーを乗り越えて結婚するカップルもたくさんいますし珍しいことではないのですが、いざ自分がなると並々ならぬストレスで心身ともに疲弊してしまう人も少なくないのだとか。

自分では覚悟を決めたつもりでもどこかで不安を感じてしまうこともあるそうなので、これから結婚を考えている方は事前に原因や対処法を知っておきましょう。

男性も、彼女がマリッジブルーになっていないかを察知するためにも知っておいて損はありません。

マリッジブルーの原因9つ

160204blue06

(1)彼との価値観の違い

婚約してから結婚準備のために同棲をはじめるカップルは多くいますが、そこで今までは感じることのなかった価値観の違いを目の当たりにすることがあります。

家事のやり方を注意されたり、生活スタイルの違いからすれ違いが起きたり、恋人同士のときは気にならなかったことが問題になります

(2)彼との信頼関係が崩れた

結婚を決めたときはお互いの気分も最高潮になっていますが、不安になると相手の悪いところが次々と見えてきます。

お互い精神的に不安定なときに信頼を失ってしまうような出来事が起きると、一気にマリッジブルーになってしまうそう。

『私は結婚に向けて着実に準備を進めているのに、彼に相談すると「なんでもいいから、勝手に決めて」と言われた』(20代女性/会社員)

『結婚したら子どもも欲しいと話していたので、プロポーズのときに「禁煙する」と誓ってくれた。それなのに、結婚式の2週間前にタバコを吸っているところを目撃してしまった。約束を守れない人とやっていけるのかと不安になった』(30代女性/主婦)

他にも、遠距離恋愛をしていた彼の浮気が結婚式前に発覚した、というカップルもいるのだとか。

結婚したいと思うほどの相手にそのタイミングで浮気をされたら、思いとどまってしまうのは当然ですよね……。

(3)相手の両親や親戚との付き合い

彼との問題もありますが、結婚となると義両親の問題も出てきます。

彼のことは大好きなのに、どうしても義両親と合わなくて泣く泣く結婚を諦めてしまうケースもあるようです。

結婚しても仕事を辞めたくないのに、相手の両親が古い考え方で「女は家庭に入るべき」と言われて悩む人も少なくないそうです。

こういったときの彼の対応によってマリッジブルーの重さは変わってきます

結婚後の姑問題を想像して頭をかかえる人も少なくないはず。

彼がちゃんと彼女の考えを理解し味方してくれるなら結婚も諦めずにすみますが、両親の肩ばかり持つようで先が思いやられます。

(4)自分の家族の問題

相手の家族だけでなく、自分の家族のことで悩む女性もいます。

『結婚式準備を進めて日程も決まったころに、急に母が倒れた。入院がいつまでかわからなかったし、治っても結婚式に出られるかどうか。こんなときに式を挙げている場合じゃないと思い、結婚についても悩みはじめた』(30代女性/出版関係)

『私の両親は会社を経営していて、結婚するなら当然、婿に入って継いでくれるものだと思っていたみたい。でも、自分のやりたい仕事に就いてがんばっている彼にそんなことは言えないし、顔合わせで親に怒られないか不安で全然食べられなくなった』(20代女性/主婦)

(5)新しい環境への不安

一人暮らしも同棲もしたことがなく、ずっと実家で暮らしてきた人は、実家を離れていきなり赤の他人だった人と暮らすのに不安を感じるのは無理ありません。

単純に毎日一緒にいた両親や兄弟と離れることは寂しいですし、女性は相手の実家を優先させなければいけないと思うと自分の家族と疎遠になってしまうような心地がするかもしれません。

さらに、彼の転勤をきっかけに結婚を決めたカップルは、引っ越しでもガラリと環境が変わります。一緒に暮らす人も住む場所も変わるとなると、相当不安ですよね。

(6)お金の問題

結婚は愛だけではできません。結婚式や新生活のためにお金が必要になります。彼や自分の収入の低さや貯金の少なさに不安を覚える方も少なくないようです。

また、一緒に生活していく上では金銭感覚が合うことも大切です。結婚を目前にするとお金という現実的な問題にぶつかります。

『引っ越しを控えていたので、私はできるだけ少ない予算で結婚式を挙げたかったんです。でも、彼は見栄っ張りなので、食事や引き出物なども高いものを選ぼうとして。

付き合っているときは彼がおごってくれるのをありがたく思っていたけれど、一緒の家計になるならちゃんとお金のことを考えてもらわないと困る……。

もともと金銭感覚も違ったし、結婚生活が不安になりました』(30代女性/会社員)

(7)自由を失うことへの不安

独身のときは自由な時間がたくさんあります。会社の飲み会に参加したり友達と会ったりするのも自由で、遊びまわっても誰にも文句は言われません。

しかし、結婚して仕事と家庭を両立させようとすると当然忙しくなります

今まで一緒に遊んでいた友達が集まっているのに参加できなかったり、仕事後も夕食の準備のために寄り道せずにまっすぐ帰らなければなかったりします。

(8)結婚式準備のストレス

結婚式の準備は心身ともに疲れるもの。一生に一度のことだからと張り切ってしまう気持ちはわかりますが、こだわりすぎるのは危険です。

結婚式について彼や両親と意見の食い違いが生じることもしばしばあります。式の規模や招待人数など、すべての理想がぴったり合う方が珍しいと思います。

譲り合いの精神でお互いに満足のいく式を目指したいですね。

(9)なんとなく不安

彼に不満はない、義両親も優しくしてくれる、お金や結婚式についてもなんら問題ないのにマリッジブルーになってしまう人もいます。

原因はわからないけれど、なんとなく不安を感じ押しつぶされそうになってしまうのです。結婚という大きな決断をしたという責任から体調不調になる方もいるそうです。

マリッジブルーを乗り越える方法4つ

160113sakurai

(1)彼と話し合う

結婚に対して不安に思うことや彼に直してほしいことなどは、彼と話し合うのが一番です。

なにも言わないでただイライラしたり落ち込んだりしていては、彼もストレスを感じてしまいます。

不満を聞いてもらえるだけでもスッキリしますし、彼が悪いところを直そうと努力してくれたら不安が希望に変わるはずです。

改善されなくても、彼に気持ちを伝えることで彼の欠点を受け入れていく覚悟が決まります。

また、自分の不満ばかりでなく彼の考えも聞き、お互いの思っていることをとことん話し合うことが大切です。

一生一緒にいたいと思って結婚を決めた相手。ここで話し合いをせずに諦めてしまったら、きっと後悔することになります。

(2)信頼できる人に相談する

「結婚します」と周りに宣言した後に結婚を悩んでいることを打ち明けるのは、勇気がいることかもしれません。

しかし、マリッジブルーは多くの女性が経験しています。親や友人など、信頼できる人に相談したら、「実は私も不安だった」と先輩のアドバイスが聞けるかもしれません。

彼と直接話すことも大切ですが、やはり同性同士でしか共感し合えないこともありますよね。

(3)考え方の違いを受け入れる

恋人期間にも考え方の違いでケンカをしてきたかもしれません。

しかし、結婚を意識していなかったから許せたことも、今後の人生をともにする相手だと思うと受け入れがたいでしょう。

ただし、ぴったり同じ考え方の人はいません。誰が相手でも考え方の違いは起こるのです。大切なのは、その違いを受け入れた上でどう対処していくか。

まずは、考え方の違いを受け入れ、その上でどうしたら2人でより幸せに暮らしていけるかを考えましょう。

(4)気分転換する

結婚の準備に追われて忙しくなってくると、そのことしか考えられなくなり、いつのまにか精神が追いつめられてしまうこともあります。

彼と顔を合わせるたびに結婚の話をしてケンカをしていては、いつまでたってもマリッジブルーは解消されません。

そこで、一度結婚のことは忘れて思い切りストレス発散するのがオススメです。スポーツで体を動かしたり、カラオケで大熱唱したり、趣味に没頭するのもいいでしょう。

息抜きをしたら、結婚に対しても冷静に考えられるようになるかもしれません。

マリッジブルーってどれくらいの人がなるの?

160121chihiro

マリッジブルーという言葉はよく聞きますが、実際どれくらいの人が経験しているのでしょうか?

『マイナビニュース』が20〜50代の男女458人を対象に行ったアンケートによると、マリッジブルーを経験したことがある女性は27.38%。約3割の女性が経験しているのに対し、男性の割合は4.35%。

やはりマリッジブルーを経験するのは女性の方が圧倒的に多いようです。

たしかに、共働きでも家事はほとんど奥さんが担当している家庭がまだまだ多く、結婚すると一切自分の時間が取れなくなってしまうイメージはあります。

男性は、彼女の不安を理解して解消しようと努力する姿勢を見せることが大切です。

男性もマリッジブルーになる?

160204blue

一般的にはマリッジブルーは女性に起きることと言われていますが、最近は男性にもマリッジブルーになる人が増えてきているようです。

女性の場合は婚約してから結婚するまでに不安を感じますが、男性の場合はプロポーズ前に不安を感じることが多いそうです。

男性は家庭を持ち支えていくことに責任を感じ、「自分にはまだ早いのではないか」と自信を失ったり、奥さんの尻に敷かれて家庭にしばられることを想像して不安になったりします。

彼がイライラしていたり食欲がなかったりいつもと違う様子だったら、問い詰めて不安をあおるのではなく、彼が話しやすい雰囲気をつくり不安を聞いてあげるようにしましょう。

マリッジブルーから婚約破棄した人の体験談3つ

160203sakisaka1

(1)義両親との意見の違いから

『会社の同僚だった彼は私が仕事を続けたいことも理解してくれていて、結婚しても辞めなくていいという前提でプロポーズしてくれました。

でも、彼の実家にあいさつに行ったら、ご両親は大反対。「絶対に専業主婦になれ」と言われました。

彼は味方をしてくれたけれど、結婚できないかもしれないという不安や、結婚しても彼の両親と付き合っていかなければならないプレッシャーもあり寝込みました。

彼に会うのもだんだんつらくなってきて、結局は婚約破棄を申し出ました』(30代女性/広告関連)

(2)不安で体調不良に

『プロポーズしたら喜んで引き受けてくれて、結婚式の準備も張り切ってやってくれていた。

ウエディングドレスを着るためにダイエットまですると言ってくれた。

本当にみるみる痩せていったけれど、全然食べないし体調も悪そうなので心配したら、結婚が不安で食べられなかったと言われた。

このままでは結婚式どころではないし、彼女の体のためにもやむなく結婚は取りやめました』(20代男性/不動産関連)

(3)結婚に対する期待が重荷に

『5年以上付き合った彼女とやっと結婚できるのがうれしくて、新居を見に行ったり結婚式の計画を立てたり、順調に準備が進んでいました。

結婚後の理想の生活についてもよく話したのですが、それが彼女には重荷になっていたようで、突然、1週間ほど出ていってしまいました。

帰ってきた彼女は見たことないほど疲れきった様子で、一人で浮き足立っていた自分を反省しました』(30代男性/営業職)

マリッジブルーのときに観たい・聴きたい作品

160204blue1

映画『結婚前夜 ~マリッジブルー~』

1週間後に結婚式を迎える4組のカップルがマリッジブルーに悩まされる様子が描かれています。

マリッジブルーのさまざまなパターンを予習するには持ってこいの作品です。

主演は人気男性グループ『2PM』のテギョン。ホン・ジヨンが監督を務めた、韓国のロマンチックコメディーです。

『Marriage Blue』/モンゴル800

歌詞は全編英語ですが、悩みを抱えながらも前向きに2人の幸せに向かっていくような内容になっています。

マリッジブルーに陥っている女性は共感しつつ勇気づけられるのではないでしょうか。

『ウエディング・ソング』/斉藤和義

結婚情報誌『ゼクシィ』のCMのために作られた曲で、結婚式で使われることも多いそうです。

結婚式がテーマの曲ですので、聴いていると幸せな2人の姿が思い浮かぶかもしれません。結婚に迷う心にも響くと思いますよ。

マリッジブルーって英語でなんて言うの?

160204blue2

“マリッジブルー(marriage blue)”は実は和製英語なんです。英語ではマリッジブルーの状態を、“pre-nuptial doubts”と言います。

“nuptial”は“結婚の”、“doubts”は“疑い・不信感”という意味なので、直訳すると“結婚前の不信感”という意味になります。

ちなみに、“blue”には“憂うつな”という意味があるので、マリッジブルーという言葉は“結婚に対しての憂うつ”という意味で使われはじめたのだと考えられます。

【番外編】お笑い芸人『マリッジブルーこうもと』とは

150603morii

オスカープロモーション所属のお笑い芸人に、『マリッジブルーこうもと』さんという方がいます。

2002年に現在の芸名に改名したそうですが、マリッジブルーに悩まされていたわけではなく適当につけたとのこと。

結婚をされているのか、恋人がいらっしゃるかも不明です。

『R-1ぐらんぷり2009』では準決勝まで進出したという実力者でもあります。手を使わずにジーンズをはくことが特技だそうです。

フットボールアワーの岩尾さん、出川哲朗さん、江頭2:50さんなど、モノマネのレパートリーが豊富なのもセールスポイントとのこと。その数なんと500個!

現在は主にお笑いライブで活躍されているそうです。


「マリッジブルーの原因」や「マリッジブルーを乗り越える方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

男性も女性も、悩まずに結婚を決める人の方が少ないと思います。

いっぱい悩んで不安になって、それでも結婚したいと思えた相手なら、その後の人生でも支え合っていけるのではないでしょうか。

マリッジブルーを乗り越えることは結婚生活を乗り越える自信にもつながると思います。最初の困難を乗り越えて幸せをつかんでくださいね!

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする