既婚率で判明! 誰にでも優しい男性は“いい人止まり”のウソ・ホント

【相談者:20代女性】
初めまして。付き合って3年になる彼氏がいるのですが、とにかく誰にでも優しいのです。自分だけ特別に愛されているという感覚がなく不安です。こういった男性は、“いい人止まり”な気がするのですが、実際に結婚している人は多いのでしょうか。

a 人間愛に溢れる男性を、女性は放っておきません。

ご質問をありがとうございます。ライターのPink-Lemonadeです。

誰にでも優しい彼氏さん、素晴らしいです。でも、なぜ誰にでも優しいのか、その理由次第で“いい人止まり”になることもありますよね。原因と併せて考えてみましょう。

150925pink

自己のための優しさと他者のための優しさ

自己のための優しさの典型的なタイプは、他者からの攻撃にさらされたくないが故の自己防衛の優しさが挙げられます。このタイプの場合は、女性が男性に求める精神的な強さや頼りがいといったものを得ることは難しいでしょう。

しかし、他者のために心を尽くせる男性の中でも、自分を捨てて尽くしすぎてしまうタイプも要注意です。行動が他者に引きずられやすく、自分の利益を守ることができずに無理を重ねてしまうことが多いためです。

理想は、自分自身の信念をしっかりと持ちながら、同族として周囲に貢献できる男性です。自分の理念の実現という“自己愛”と、理念の実現にのっとって他者がよりよい生活を手に入れられると信じる“他者愛”を兼ね備えていること。また、他者尊重と同時に自己尊重ができること。そんな性格や行動を人間的な魅力と感じる女性も多いでしょう。

NGO・NPOの男性の既婚率

“誰にでも優しい人”に関する客観的な統計を取るという作業は、信ぴょう性においていささか問題があるように思えます。よって、ここでは社会的使命に燃えている人間愛溢れる方の多い、NPOやNGOで働く男性を思い起こすことにします。

彼らの結婚事情を調査した結果があります。『特定非営利活動法人ユースビジョン』の2009年の統計では、対象平均年齢31.5歳の男性において、既婚率は23.5%となっています。2010年の国勢調査によると、日本全体では30〜34歳男性の既婚率が50.4%であることから、この数値はだいぶ低いように思われがちです。

しかし、年収別に見てみると、日本全体では年収300万以下の男性の既婚率は10%に届いていません。こうなると結果は違って見えてきます。この調査の対象となったNGO・NPOで働く男性の9割以上が月収25万円以下、最も割合が大きい層は月収15~20万円となっており、年収300万円を大きく下回っています。結婚における“年収300万円の壁”を超えた方々の割合が高いとも読めます。その要因の1つに、人間愛があるのではないでしょうか。

自分を大切にしてくれる男性であれば、よき理解者に

皆に対して愛情深い男性だからといって、彼女に対する愛情が薄いということはない場合が多いです。もし薄い場合は、他の原因が考えられるでしょう。彼氏に大切にしてもらった分、彼氏が大切にしている人たちにも愛情を注げるような度量の広い女性になりたいものです。

【関連コラム】
イイ人すぎてもダメ? 女性の言う「優しい人が好き」が指す本当の意味
“いい人どまり”な男にならない方法

●ライター/Pink-Lemonade(恋愛・婚活・結婚生活分析家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする