心のSOSかも? 恋人の独り言が増えた時に考えられること2つ

【相談者:30代女性】
最近、彼氏の独り言が気になって仕方ありません。もともとたまに独り言を言う人だったのですが、最近、特に増えているような気がします。一緒にいるときも、私に話しているのかと思って聞き返すと、「ごめん、独り言」というのです。独り言を治す方法があったら教えてください。

a 独り言が増えるのは慢性的なストレスが原因かも!?

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

デート中の独り言、気になりますよね。でも、独り言を「やめて!」と言う前に、その原因をちょっと考えてみましょう。今回は心理カウンセラーでもある筆者が、独り言を心理学からひも解いてみたいと思います。

150924sayuri2

独り言はこころのバランスをとっている!?

人は仕事や人間関係などでストレスがたまってくると、そのストレスを言葉にして口に出すことで軽減しようとする傾向があります。言葉にして口に出すという行為によってその出来事を再認識することができるため、気持ちの整理がしやすくなるのです。

たとえば、大勢の人の前で話さなければならないシーンでは、そのステージに立つ前に、「大丈夫!」とつぶやくことがありますよね? これも緊張感というストレスを和らげるためのもの。大切なパートナーの独り言が増えたときは、「どうしたの? 何かあったの?」とたまっている悩みやストレスを吐き出させてあげるといいでしょう。

嬉しいときの独り言は恥ずかしがり屋に多い

仕事や人間関係のトラブルなどといったネガティブなストレスとは逆に、嬉しいことが起きたときにも独り言を言うケースがあります。これは、喜びという感情をテンション高く表現するのが子どもっぽいようで恥ずかしいと感じたときに、独り言を言うことで上がってしまったテンションを下げようとしているのです。

もしパートナーがこのタイプなのであれば、彼の表情などから喜びが見られたときには、あなたが率先して喜びを表現してあげましょう。すると、彼も無理にテンションを下げる必要を感じなくなり、よりよいコミュニケーションがとれるようになるのではないでしょうか。

早くスッキリして独り言を減らすには、書くこと!

心理カウンセリングの手法として『認知行動療法』というものがあります。簡単に説明すると、軽減したい問題や思考、気分などを書いて認識し改善するといった方法です。特に大げさに考える必要はありません。たとえば、何かの試験のときにテキストを黙読するよりも、声を出して読む。声を出して読むだけよりも書いた方が内容を整理して覚えやすいのと同じことだと考えていいかと思います。

パートナーの独り言を改善したいのであれば、まずは、原因と思われるストレスを軽減するために話を聞いてあげましょう。もしくは、「ちょっとカウンセリングの勉強してみたから手伝って!」とあくまで協力依頼の形で、最初はあなたが彼の今の課題・問題を聞いて書き出し、そのとき、どう思ったか、本当はどうしたいのかを書き出して整理して見せてあげるのもいいでしょう。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

イラストで解説!

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする