放置すると老け体質に!? 女性ホルモンの乱れが招く心身への悪影響と対策

【相談者:20代女性】
生理前になると、食欲が抑えられなくなったりむくみやすくなったりするのですが、最近は生理前じゃなくてもむくみやすく、甘いものが無性に食べたくなってしまいます……。意志が弱いだけなのでしょうか?

a 女性ホルモンが乱れると、むくむ・たるむ。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

生理前になると、多くの女性が不快感や不調に悩まされます。体内に水分をため込みやすくなるためむくみやすくなったり、食欲が旺盛になったり、甘いものが食べたくなったり、肌荒れを起こしやすくなったり……。

これは女性ホルモンの1つ、『プロゲステロン』のはたらきによるもの。妊娠に備えて子宮内の環境を整えるためのはたらきですから、生理が終わると自然と心と体のアンバランスさが改善し、体調が良くなっていきます。

生理が終わっても不調が消えなかったり、心身が不安定になったりする場合は、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。プロゲステロンの分泌が乱れると、むくみやたるみを起こしやすい“老け体質”になってしまいます……!

150923nao

プロゲステロンの分泌が乱れると、どうなるの?

『AACクリニック銀座』院長で医学博士の浜中聡子先生によると、女性ホルモン『プロゲステロン』の分泌が乱れると、次のような不調が現れるそうです。

・全身のむくみやたるみ
・セルライトがつきやすくなる
・乳房が大きくなる、張って痛む
・下腹部に脂肪がつきやすくなる
・頭痛
・生理痛がひどくなったり、経血量が増えたりする
・甘いものが食べたくなる
・感情に波が出たり、神経質になったり、頻繁にイライラしたりする

プロゲステロンの分泌バランスが崩れると、生理前の不快な症状が慢性的に続くようになってしまうのですね。

ホルモンバランスを乱さない生活習慣のコツ

女性ホルモンの分泌バランスを乱さないようにするためには、食生活や運動習慣を整えることが重要。食生活では、女性ホルモンの原料である“たんぱく質”をしっかりと摂取し、野菜や炭水化物をバランス良く合わせましょう。また、適度な運動を取り入れて冷えを予防・改善することも大切。

女性は男性と比べて筋肉量が少ないため冷えやすいと言われていますが、体内が冷えると代謝が低下してしまいます。太りやすくなったり、ホルモン分泌が乱れたりするので要注意。

運動だけでなく、食事でも体内を温める工夫をするのがおすすめです。睡眠不足や過度なストレスも体内のはたらきを減退させる原因ですよ。健康を保つ生活習慣が女性ホルモンのバランスをよくしてくれます。

乱れのないホルモンバランスが美女の条件!

運動不足でないのに太りやすくなったり、むくみやたるみが起こりやすくなったりしてしまう事態は避けたいし、生理前の不快感が長く続いてしまうのはつらいですよね。不調が続いたり、むくみやたるみ、肌荒れなどが長期間気になったりする場合は、ホルモンバランスに原因があるかもしれません。ぜひ、毎日の生活を見直して不調知らずの体質を育ててくださいね。

【参考文献】
・『女性ホルモンとの上手なつきあい方:キレイも元気も、ぜんぶ手に入る!』浜中聡子・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする