依存体質カモ? 自分を好きになってくれない人に惹かれる女性の特徴2つ

【相談者:30代女性】
いつも自分のことを好きになってくれない男性ばかりを好きになってしまいます。優しくしてくれなかったり、相手にしてくれなかったり、都合のいい女として扱われたり……。幸せな恋愛というものをしたことがありません。好きになってくれる人はいるのですが、そういう人のことを好きにはなれないのです。

これが“ダメンズ好き”と言うのでしょうか? これから先結婚もしたいし、一生幸せな恋愛ができないかと思うと心配になります。

a 恋愛依存体質である可能性があります。

恋愛心理パティシエのともです。質問ありがとうございました。

好きになってくれない人ばかり好きになる、それは理想が高い、ダメンズ好き、というのが原因の一つにはあるのですが、毎回そういう恋愛ばかりだとすると、原因は“恋愛依存体質かもしれない”ということです。

若いうちはそれでもいいのですが、結婚を視野に入れての付き合いを考える年齢になると、依存体質の人は一生独身になってしまうかもしれません。依存体質の人の特徴から、どう改善していけばいいのかを考えてみましょう。

150916tomo

依存体質の人の特徴2つ

(1)依存体質の人はダメンズではなく尊敬できる人が好き

『趣味をたくさん持っている男性に惹かれる』(30代女性/美容部員)
『仕事ができる上司や同僚にすぐ惚れてしまう』(30代女性/会社員)

私の周りの結婚できない(しない?)女性に聞くと、自分より優れているものを持っている人に惹かれる傾向があります。

一見そんなにダメンズが好き、というわけでもなさそうですが、まず共通するのは“忙しい男性が好き”ということ。仕事ができる男性や優れているものを持っている男性はいつもやることに追われていて忙しいのです。付き合いはじめはそれが刺激的で、惹かれる要素にもなるのですが、忙しい男性は恋愛に割く時間もないのです。

だんだん付き合いが長くなると、会える時間は減ってくるばかりで、恋愛は本来幸せであるべきなのに、なぜかいつも満たされていない感、不幸感を感じてしまう。それは、“一緒にいてくれる時間があまりにも少ない”から。尊敬という感情と、恋愛においての幸福感は必ずしも繋がらないのですね。

そしてそれは相手のせいではなく、いつも無意識のうちに“忙しい男性”に尊敬の念を抱き、好きになってしまっていたから。そういう男性を選ぶ相談者さんに問題がある、ということになります。恋愛というものは共有する時間が重要なのです。

(2)自分に自信がない

『自分のことが好きではないから、自分にないものを持っている人が魅力的に見える』(30代女性/アルバイト)

自分に自信がない人は、自分のことを好きになってくれる人を好きになることはありません。なぜなら、自分のような人を好きになる人を下に見てしまうからです。「自分のことが好きなんて、この人はよっぽど趣味が悪いか、見る目がない人だ」と決めつけてしまい、自分を好きになってくれない人こそが素晴らしい人間なのだ、と思い込んでいます。

一緒にいてくれる男性、安心感がある男性が幸せな恋愛の鍵

尊敬できる男性、自信があるように見える男性、自分の手が届きそうにない男性に魅力を感じるのは分かりますが、そもそも恋愛で一番大切なのは安心感。

いつも感情を揺さぶられることを、好きという感情と誤解しているあいだは、どんな恋愛をしても満たされません。尊敬することと、穏やかな幸せを感じることは別ものなのです。特にこの先結婚を考えているならなおさらです。家にいつもいない男性を好きになってしまうと、一人で家事や子育てをしなければならず、孤独な生活が待っているだけなのですよ。

自分をもっと大切にしてあげてください。自分に自信を持ってあげてください。刺激より安心感を大切にできるようになったとき、本当に幸せで安定した恋愛、そして結婚が手に入るのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする