ひと口○回が理想! よく噛んで食べると美肌&スリムになれるワケ

【相談者:30代女性】
太りやすいタイプで、ダイエットをしても効果が感じられません。よく噛んで食べる人は太りにくいという話をよく耳にしますが、本当ですか? ひと口何回を目安に噛めばいいのかよくわからないので、痩せる噛み方を教えてほしいです!

a 噛むことはダイエットにも美肌にも効果的です!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

よく噛んで食べると太りにくいという話。これはウワサではなく、栄養学や食事療法でも推奨されている本当の話です。よく噛んで食べる人とあまり噛まずに早食いする人とでは、後者の方が太りやすくなります。

ダイエットだけではなく美肌効果もアップすると言われています。なぜ噛むと痩せ効果が得られるのか、栄養学や食事学に基づいた理由をご紹介します。

150916haruna

よく噛むとどうして太りにくくなるの?

十分な回数、噛んで食べると脳の満腹中枢が“もうおなかいっぱい”という信号を出します。この信号が出されるのは、食事をしはじめてから少なくても15分~20分後だと言われています。

ということは、もしもこの15分のあいだにドカ食いや早食いをしてしまったら、満腹中枢から信号が出る前に、おなかいっぱいに食べてしまうことに。信号が出るころにはおなかパンパンに食べ物を詰め込んでしまう結果になるのです。

あまり噛まずに食べると、基本的に食べ過ぎ状態を続けていることに。特に、定食やどんぶりなど白米をドカ食いしたり、甘いデザートを空腹時に食べたりすると危険です。

噛むだけで分泌される“痩せるホルモン”

よく噛むことがダイエットにつながる理由は、もうひとつ。食べるときにものを噛むと、脳が刺激されて『ヒスタミン』という脳内物質が分泌されます。ヒスタミンは満腹中枢に働きかけて、“おなかいっぱい”と感じさせる効果が。

噛めば噛むほど分泌される物質なので、よく噛むだけでダイエットにつながるのです。よく噛めば、少ない食事量でも満腹感を感じて食べるボリューム自体も減らせるように。

さらにヒスタミンには、私たちの体を美しくする重要な働きがあります。それは、“内臓脂肪を分解する”働きです! 内臓脂肪とは、内臓まわりについている脂肪のこと。つきやすく落としにくい脂肪ですが、よく噛むことで内臓脂肪の減少効果が得られるそうです。

噛んで唾液が出ると若返り効果アップ!

また、噛むことによって分泌される唾液も強い味方に! 唾液に含まれるホルモンには、老化を抑えて若返り効果をアップさせる成長ホルモンなどが含まれています。

噛むたびに出る唾液のホルモンが全身を駆け巡って若返り成分が吸収されると、ダメージを受けた細胞も若返っていくと言われています。いつまでも若々しく美しく過ごしたい! そんな願いもよく噛む習慣で叶えられそうですよね。

ひと口に噛む回数は○回を目安に!

よく噛むといっても、どれだけ噛めばいいの? と悩むところですよね。管理栄養士の方々が推奨している回数は、“ひと口50回”です。これはベストな回数で、続けるのはちょっと難しいですよね……。目標として意識できればいいそうです。最初は20回~30回から始めてもOKです。時間がゆっくりとれるときには、50回にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

噛むだけで痩せる、キレイになれる。早速、今日の食事から実践してくださいね。

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする