一瞬で嫌われる! 男性に致命傷を負わせるケンカ中のNGワード4つ

【相談者:10代女性】
前から彼氏が他の女子としょっちゅうLINEしていることや女友達と遊びに行っていることにイライラしていて、喧嘩になってしまいました。不満がたまっていたのでそれが一気に爆発してしまって……。今、LINEも既読無視されているし、学校でも避けられています。いつ、「別れよう」と言われるのか心配です。

今回はもう無理かなと諦めているので、次の人とは同じ間違いをしなくて済むように喧嘩のときに言ってはいけない言葉を教えて欲しいです。よろしくお願いします。

a 話し合いと喧嘩の違いを知っておきましょう。

こんにちは。恋愛カウンセラーの桜井です。

状況を教えてくださりありがとうございます。分かりました。もう既に次の恋愛を考えている前向きな姿勢は素晴らしいですね。

喧嘩にも良い喧嘩と悪い喧嘩があります。良い喧嘩というのはそれまで蓄積していた不満や本音をお互い言い合えるというもので、これは“話し合い”とも呼ばれます。対して、悪い喧嘩というのは感情的になって相手を傷つける言葉を言ってしまったことがキッカケで2人のあいだに亀裂が生じます。

150908sakurai

男性に致命傷を与える禁句をご紹介します

割れたコップは元に戻らないように、一度壊れてしまった関係を修復することはとても難しいです。言葉はもろ刃の剣です。相手に致命傷を負わせないようにしましょう。

男性に言ってはいけない言葉には、たとえば以下のようなものがあります。

・「たいした稼ぎもないくせに」
・「大学出ていないくせに」
・「親がいないくせに」
・「チビ」

つまり

・収入や職業
・学歴、社会的地位
・家族
・身体的特徴

相手にこれらの非難をしたら、もうその恋は一瞬で冷めます。ついカッとなって口走ってしまったとしても、男性はとても傷つくし、そしてあなたのことを好きではなくなってしまいます。

攻撃してきたあなたから身を守るために、無視をしたり言い返したりしてくるでしょう。相手が無視をすれば疎遠になり、反撃をすれば大喧嘩になります。どの道、行き着く先は破局です。


恋愛の始まりは、「好き」「もっと仲良くなりたい」「相手を理解したい」というプラスの感情から始まります。だけど、終わるときには、「もう顔も見たくない」「大嫌い」「縁を切りたい」となってしまうのは悲しいことです。

恋愛中は感情的になって、嫉妬をしたり不安になったりしてしまうこともあるでしょう。喧嘩もするでしょう。だけど、どんなに感情的になっても相手に致命傷を負わせる禁句だけは言わないようにしましょうね。

あなたが本当に言いたかったことは、「他の女の子と遊ばないで」「私一筋でいて欲しい」というようなことだったと思います。それが言い争っているあいだにヒートアップして爆発してしまったのでしょう。

これから新しい恋愛をするときは、喧嘩ではなく話し合いができるようになると良いですね。そして、喧嘩にならない相手を彼氏に選べるとなお良いと思いました。なぜなら、相性の良いカップルは喧嘩しないからです。

【参考文献】
・『離れかけた彼の気持ちを取り戻す方法』織田隼人・著

●ライター/桜井(恋愛カウンセラー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする