口出し厳禁!? 落ち込んでいる彼氏は放置しておいた方がいいワケ

【相談者:20代女性】
お付き合いして1年半の彼が、最近とても落ち込んでいます。心配なので、「何がつらいのか話して!!」と聞くのですが、「別に」「大丈夫」としか答えてくれません。悩みがあるのなら相談してほしいし、一緒に解決していきたいです。これでは何のための彼女なのかわかりません。彼に悩みを打ち明けてもらう方法を教えてください。

a 「彼の悩みを一緒に解決したい!!」という女性の優しさは、男性をかえって傷つけています。

ご相談いただきありがとうございます。仲人士の忽那里美です。

彼が落ち込んでいるとのこと、心配ですね。あなたが、「力になりたい」と思うお気持ちはよくわかります。でも、ちょっと待ってください。ぜひこのコラムを読んで“男性心理”を知ってください。彼を助けたい……しかし、その方法が間違っています!!

150907kutsuna

男性は“一人で閉じこもって”悩みを解決したい

男性は悩み事や考え事があるとき、

(a)自分の殻に閉じこもり、外界をシャットアウトしたい
(b)自力で解決することが重要だ
(c)極力、放っておいてほしい

と感じています。あなたも私も女性ですので、なかなか理解しにくいですね。女性ならばこんなときは、“誰かに相談をもちかける”“話すことで解決方法をみつけていく”“彼と悩みを共有したい”という意識が働きます。そこで、あなたは彼のことを思って手を差し伸べるわけです。

それなのに、彼から、「別に」「放っておいて」などと言われると、「自分は彼の役に立っていない」「拒絶された」と思い込み悲しくなるのです。耐えられずに、「どうして黙るの?」「話したらラクになるのに」などと追い込むと、さらに男性は閉じこもります。これでは悪循環です。そもそも、男女では“悩みの解決方法が違う”ことを知ってください。

男性に直接聞きました。「悩みは彼女に相談する?」

男性に、「悩み事があるときは彼女に相談しますか?」という調査を行いました。結果は以下の通りです。

『悩みを彼女に言って余計な心配をかけたくないので、極力しない』(30代/会社員)

『悩みにもよりますが、一つひとつ状況を細かく説明するのが面倒。仕事の悩みはまずしません。自分で解決することだけに力を使いたい』(20代/教師)

『相談をした結果、彼女のアドバイスに従わなかったとき不機嫌になりそう。それなら初めから相談をしないほうがいい』(20代/大学生)

『彼女が原因の悩みならば、もちろん話し合います』(20代/大学生)

『「どうしたの? どうしたの?」と母親みたいに心配しないでほしい。必要なときはきちんと相談しますから』(20代/プログラマー)

どうやら、彼女に相談しないのはあなたの彼だけではないようです。

黙りこんだ彼に対して、あなたのとるべき態度はこれ!!

では、こんなとき、あなたはどういう態度で彼に接すれば良いのでしょうか? 男女関係をテーマに書かれた、ジョン・グレイの不朽の名著とも言われている『ベスト・パートナーになるために』に明確な方法が書かれています。

(1)彼が自分の殻の中に引きこもる必要性を認めてあげる。
(2)頼まれもしないのに解決策を示して問題解決の手助けをしようとしない。
(3)相手がどう感じているかを質問して、彼を自分の思いどおりに教育していこうなどとはけっして考えない。
(4)穴のすぐ横に座り、彼が飛び出てくるのを待ってはいけない(放っておく)。
(5)彼のことをやたらに心配したり同情したりしてはならない。
(6)彼のことにはかまわず、自分自身を幸福な気分にする何かをすること。

ぜひ参考にしてください。

悩んでいる彼には“口は出さず、目は遠くから離さず”

男女には分かりにくいことが多いものですね。あなたが不機嫌になってしまうと、彼の悩みをもう一つ増やすことになってしまいます。彼が自分の力で解決できることを信じて、待ってみましょう。そのあいだ、あなたは自分の時間を大切に、穏やかに過ごせるといいですね。

ただ、彼の様子だけは見てあげてください。“睡眠がとれているか?”“急激に体重が減っていないか?”“うつろな目つきになっていないか?”もしそのような傾向があれば、専門の病院を勧める必要もあります。“口は出さず、目は遠くから離さず”。彼がなるべく早く元気になられることをお祈りしています。

【参考文献】
・『ベスト・パートナーになるために』ジョン・グレイ(著)

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする