元彼と会えばわかる!? 既婚男女が語る“恋愛と結婚は別モノ”であるワケ

【相談者:20代女性】
元カレと今の彼氏を比べてしまいます。元カレとは10代のころに1年間付き合っていました。今の彼氏とは5年交際しており、来春には結婚する予定です。優しくて、すごく誠実な人です。愛されてるなあと思うし、一緒にいて安心します。でも、マンネリで刺激やときめきが全然ありません。ふとしたときに、このままでいいんだろうかと疑問に思ってしまいます。

元カレと付き合っていたときは、ドキドキしたり苦しくなったり、「恋愛してる!」って感じだったんです。元カレと連絡を取りたいのですが、やめたほうがいいですよね?

a “恋愛と結婚は別モノ”! 元カレとの接触で見極めることができます。

こんにちは、ライターのティッシュまみれ子です。

来春結婚とのこと、本当におめでとうございます! 人間だもの。元カレのほうが良かったんじゃないか、と感じてしまう瞬間もありますよ。刺激やときめきというものは、人生に必要なスパイス! しかし、結婚はスパイスだけでは成り立たないようです。今回は既婚男女のアンケート回答をもとに、恋愛と結婚の違いを見ていきましょう。

150904tissue

既婚者の7割が“恋愛と結婚は別モノ”だと認識している!

2015年5月、863名の既婚男女を対象に『オウチーノ総研』がアンケートを実施。「恋愛と結婚は別モノだと思いますか?」という質問に対して、「そう思う」「まあまあそう思う」と答えた人が合わせて約7割に上りました。

生活・経済・親族! 結婚にあって恋愛にない三大重要項

結婚と恋愛が別モノである理由を聞くと、『感情を優先できるのが“恋愛”で、生活を優先するのが“結婚”だと思うから』(50歳女性)など、結婚には“生活”が関わってくるとした回答や、『経済力も大事だから』(28歳男性)と経済能力などの現実問題を挙げる回答、『結婚は相手の家族も含めて背負うことだから』(50歳男性)といった、結婚は親族を巻き込むものだという回答が多く見られました。

交際人数が多ければ多いほどわかる、恋愛と結婚の大きな違い

アンケートに答えた人の、結婚前の交際人数が「1~5名」のうちの73%、「6~10名」のうちの88.9%、「11名以上」になると95.3%が、「結婚と恋愛は別モノ」だと考えていることが判明。交際人数が多ければ多いほど経験が蓄積され、シビアな目が養われるのかもしれません。


ということで、相談者さんが元カレと連絡を取ってみれば、「この人との結婚はナシだ」という事実がハッキリするはず。思いわずらわず、行動してみるといいかもしれません。

恋愛と結婚のはざまで悩むのは当たりまえ。経験者の意見を取り入れて、大満足の結婚を目指してくださいね。もう一度言いますが、ご婚約おめでとうございます!

【参考リンク】
「恋愛と結婚」に関する実態調査 | オウチーノ総研(PDF)

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする