夜は下着ナシがいい!? リンパの流れをスムーズにする生活習慣5つ

【相談者:20代女性】
リンパストレッチやリンパマッサージについて知ることができるので、いつもコラムを参考にしています! リンパの流れを滞らせないために普段の生活で気をつけるべきことはありますか?

a むくみ知らずになるにはリンパの流れをスムーズに!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

リンパ液は血液とは異なり、自動で動いてくれません。私たちが体を動かすことでスムーズに流れるようになっていますから、できるだけ体を動かす習慣をつけたり大きく体を動かすストレッチを実践したりしましょう。また、リンパの流れをスムーズにする生活習慣のコツを知っておくと、もっと簡単にリンパの流れをスムーズにすることが可能です。むくみ知らずで痩せやすい体質を育てることができますよ。

150902nao

リンパの流れをスムーズにする生活習慣

(1)体を冷やす食べ物は控える

冷えはめぐりを滞らせる要因。手先や足先がいつも冷たいという人はリンパの流れが停滞している可能性があります。夏でも温かい食べ物や体を温める食材(根菜や、辛味のあるもの)を積極的に摂取して、体内を温かくし代謝の良い状態をキープしましょう。

(2)甘いものや白いものを食べ過ぎない

甘いものや精製された白い食材(白米や食パンなど)も体を冷やしやすいため、食べ過ぎには注意が必要です。薬味や温かい食べ物を一緒に食べることで冷えを予防しやすくなりますよ。

(3)水分やお酒を摂りすぎない

水分が不足するとリンパの流れが滞ってしまいますし、摂りすぎるとむくみの原因に。“ほどほど”に摂ることが大切です。カフェインやアルコールは脱水しやすい性質があるため、飲み過ぎには注意してください。水分は“喉が乾く前に”“こまめに”摂取することが大切です。

(4)ゴムで体を締め付けない

物理的に締め付けることも血液やリンパ液のめぐりを停滞させてしまいます。ゴムの跡がくっきりついてしまうようなファッションはむくみを引き起こしやすいので注意が必要です。

(5)下着をつけないことも大切

夜寝ているあいだなどは、下着をつけないこともリンパのめぐりを良くする効果が期待できます。日中はどうしても強めに締め付けてしまうという場合は、夜にしっかり解放することが大切です。

めぐりが良いとスリムな体型を維持しやすい

リンパの流れが良いと代謝もよく、むくみにくく、痩せやすい体質を育てることができます。健康的にスリムな体型を維持したいという場合は、体液循環を滞らせないことが重要。ぜひ、今回ご紹介した5つの習慣を実践してみてください。リンパが流れやすくなりますよ。

【参考文献】
・『リンパケア検定2級 公式テキスト』一般社団法人 日本リンパ協会・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする