実家暮らしは不利? “結婚に向いている”と思われる男性の条件

【相談者:40代男性】
交際中の彼女にプロポーズをしたところ、「あなたとは結婚生活がイメージできない」と言われてしまいました。私は一部上場企業の会社員で安定していますし、給料もそこそこもらっています。ギャンブルも浮気もしません。40年間ずっと実家に暮らしており一人暮らし経験はありませんが、そのため貯金も余裕があります。

彼女はバツイチのキャリアウーマン。結婚後は子どもが欲しく、共働きで二人で豊かな暮らしができたらと思っています。一体どうしたら彼女に“結婚向きの男”だと思ってもらえるのでしょうか。

a 女性が考える結婚相手の重要な条件とは?

ご相談ありがとうございます。イイ男を養成する結婚相談所・良縁みなみ会の代表みなみようりです。

彼女さんがバツイチということは、結婚生活を経験した上でなにかご質問者様に対して感じることがあるのでしょう。『平成16年版男女共同参画白書 内閣府男女共同参画局』にこんな記事がありました。

『家事・育児への協力は結婚相手の重要な条件

高学歴,高収入,高身長を表す「3高」という言葉が流行した時代もあったが,今や学歴や容姿よりも,家事や育児に協力してくれることが,女性が重視する結婚相手の条件となっている。国立社会保障・人口問題研究所「第12回出生動向基本調査」(平成14年)によると,女性が結婚相手の条件として重視する項目として「家事・育児に対する能力や姿勢」を挙げる者の割合は,前回調査より大きく増加してほぼ6割に達し,最多の「人柄」に次いでいる』

150828minami

恋愛は“非日常”、結婚は“日常”

恋愛中は“ドキドキ”を生み出すホルモンが脳内に出ていて、ちょっとした“非日常”の状態になっています。恋愛では自分の良いところを見せたがり、相手に気に入られたくて多少背伸びもします。そして、相手の良いところばかりが目に入り、悪いところには気づかないことも多いでしょう。

しかし、結婚は何十年も続けていくもので“日常”です。恋愛ではデートのときだけ補正下着をつけてドレスアップしていても、自宅では下着を脱いで化粧を落とした“素”の姿。恋愛は好きなときにだけ会えばいいのですが、結婚は寝食を共にする関係ですから日々の生活の中で協力してくれる夫に満足するのかもしれませんね。特に最近の婚活女性は働いている方も多く、夫にも家事能力を求める傾向にあります。

家事ができる男性は大人気!

結婚相談所で結婚された女性会員様の中には、結婚の決め手としてこんな声もありました。もちろん、すべての女性に当てはまるわけではありませんが、ご参考までに。

『「仕事で忙しくて料理する時間はないかも?」と言ったら、「ご飯は毎日、僕が作るから」と言われたから』(30代女性)

『料理は作れるけれど、お皿を洗うことやゴミの分別、掃除洗濯(とくに畳む工程)が苦手。彼はマメな性格で掃除洗濯が趣味ということで、うまく分担ができると思った』(20代女性)


いかがでしたか。当会では男性会員様も必ずお見合い時のプロフィールに家事について明記してもらうため、このような項目があります。

『得意な家事内容(現在、家族と同居の場合には一人暮らし経験の有無&家事の経験も)』

料理ができなくてもお皿洗いは得意です! お風呂掃除、トイレ掃除、ごみ出しは任せて! などと家事に協力的な男性は生活する上でとても大切です。男性はルックスや年収のほかに“生活力”も重要な武器に! 婚活している女性はよく見ていますよ。特に結婚生活を経験されている女性はしっかりチェックしているかもしれませんね。

キャリアがある女性に対してもそうじゃない女性に対しても、結婚して欲しいと思う場合はぜひ家事能力もアピールを♪ ご質問者様の幸せな結婚を祈っております!

【参考リンク】
平成16年版男女共同参画白書 | 内閣府男女共同参画局

●ライター/みなみようり(男性向け婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする