狙い目は21時以降!? 丸の内OLに出会える場所とベストな誘い方3つ

【相談者:30代男性】
昔から、「丸の内OLという響きってなんだかいいな」と思っていたのですが、先日、仕事で初めて丸の内へ行った際、僕の働く街とは美人の割合が違うことに驚きました。なんというか、あか抜けていて清潔感があり、知的な雰囲気の女性が多かったのです。

これはぜひお近づきになりたいと思ったのですが、仕事中にナンパなんてできないし、合コンをセッティングしてくれるツテもありません。彼女たちがアフターファイブを過ごす場所や自然な流れで声をかけやすい場面を教えてください。

a もちろん丸の内周辺がベター! ただしシチュエーションを選んで。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのRICHAです。

大手企業がひしめく丸の内界隈には、確かにあか抜けた、仕事をテキパキとこなしそうな女性が多いですよね。また、丸の内OLをちょっとしたブランドのように感じる男性も多く、実際私も、「丸の内OLと合コンがしたい」というリクエストを受けることは多いです。

そんな彼女たちとの、合コン・紹介以外の出会いの方法はないか……。もちろんあります! ただし、彼女たちは競争率の高い企業で働く自立した女性です。安易なナンパでひょいひょいとあなたになびいてはくれません。

それでは、アフターファイブをどんなところで過ごすかインタビューを行ったので、おすすめのシチュエーションとともにご紹介したいと思います。

150819richa01

(1)THE定番・丸の内周辺の飲食店

『職場から一本で自宅に帰れるので、わざわざ別の街まで食事に行くことはあまりないです。丸の内にある飲食店で同僚や友人と食事をすることがほとんどです』(事務職/23歳女性)

その気持ち、とてもわかります。丸の内はアクセスが良く、JR・地下鉄・バスと何でもそろっていて乗り換えなしで帰宅できる女性が多いため、食事をするなら近場でと考える女性は多いです。ただし、丸の内は店舗数が少ないので、徒歩圏内の銀座に向かう女性も多いです。

そして、おすすめの時間は21時以降。就業後に飲み始め、楽しく酔いも回った21時以降はガードも緩み、「一緒に飲もうよ」なんていう誘いにも乗ってくる確率が高くなります。セコい話ですが、相手が2軒目だとおごる流れになってもお財布へのダメージを最小限に抑えることができます。

人数は女性が4人以上になると、誘った場合、全員一致を得られず断られる可能性が高いです。しかも、女性同士で大いに盛り上がってしまうので、声をかけるだけでも煩わしく感じさせてしまいます。

また、お店選びですが、女性が好むスペインバルや、カクテルの多いお店が人気です。SNSに写真を載せて、友人から「丸の内OLはおしゃれな店で飲むんだね~」などとコメントをされるのが大好きです。お店は雰囲気重視で探しましょう。

(2)お一人様を狙い撃ち

『真っ直ぐ家に帰りたくはないけどお酒を飲む気分でもないときは、商業施設内で軽く買い物をしたり、書店で気になっていた本を買ったり、カフェでゆっくりしたりしてから帰宅します』(受付/27歳女性)

丸の内には商業施設が建ち並び、1つのビルの中で買い物からお茶まで済ますことができるので、帰りにふらっと寄るのも苦ではありません。男性の中でも苦手な方がいる“群れる女子”ではなく、一人行動が苦にならないサラっとしたタイプがお好みであれば、こちらをおススメします。

異性に声をかけられて一番嫌なタイミングは、急いで帰る途中。その逆である明らかに時間に余裕のある様子のときは、お酒の力を借りずとも邪険にされることはないでしょう。

そして、ここで注意していただきたいのが引き際の潔さです。せっかくアフターファイブをゆったり自分のしたいように過ごしている女性に声をかける場合、乗り気でなさそうならさっと引いてください。しつこくしてしまったり、同じ場所で何度も姿を目撃されたりした場合、社内でナンパ魔のいるスポットとして情報共有されてしまいます。

また、声をかけるときは低姿勢で、そして、普段は自分から声をかけるようなことはしないんですよというさり気なさもお忘れなく。

(3)夕活・セミナー・イベントで共通の趣味から攻める

『習い事がない日に周辺でイベントがあるときは大抵行ってます。飲食店での音楽イベントなんかは結構盛り上がるので週1ペースで利用しています』(金融会社勤務/28歳女性)

丸の内OLはアクティブな方が多いです。流行の朝活を例にとってみても、月謝をしっかり払って受けられる教室やセミナーが多数あります。見た目だけで女性を選びたくない、という気持ちがあればこの方法がおススメです。

多数ある教室やセミナーに参加して、そこで自然な流れでコミュニケーションを取るのです。多くは一部屋でグループごとにテーブルを囲むような、コミュニケーションを必然的に取らざるを得ないシステムになっています。会話が苦手な方でもネタが目の前にあり、話の糸口も見つけやすいですよ。共通の趣味があるという大前提の上だと、自分から声をかけるハードルもとても低くなりますよね。

そして、もっと手軽に、という方におススメなのがイベントです。丸の内はお堅い街のイメージが強いのですが、夏には盆踊り祭、冬にはイルミネーション、音楽イベントやDJイベントまで開催されています。

「楽しもう」という気持ちでイベントに参加している女性がほとんどなので、ハートがいつもより開かれた状態です。この明るいお祭りの雰囲気に乗じて軽いノリで声をかけてみると、「一緒に飲もう」という流れに持っていくことができます。


以上、いかがでしたか。基本的に社会人になるとナンパでの出会いには期待していないものです。そこをいかにしてすり抜けるかはシチュエーションが大事になってきます。いかにナンパ慣れしていない雰囲気を出すか、“あなたが特別タイプだったのでつい声をかけてしまいました”感が大切です。

そして、上記全てで言えることは、“引き際は潔く”です。相手の迷惑にならない範囲で、素敵な出会いに繋がることをお祈りしています。

【関連コラム】
成功率100%! 女性が思わず胸キュンするナンパのコツ3つ
別れ際が重要!? デートで女性に気持ちを伝える効果的な愛情表現のコツ
“初対面で男性のココを見る”ランキング…支持率50%超えの1位は?

●ライター/RICHA(コラムニスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする