並んで歩きたくない! 私服が超ダサい彼を理想の男性に変える方法

【相談者:20代女性】
突然ですが、彼氏が超ダサいんです……。仕事関係で出会ったので私服を知らず、雰囲気からしてわりとオシャレな人だと思って付き合い始めました。しかし、初デートでビックリ……。超ダサいんです。私はデートのたびに服を新調してこだわっているのに、彼はまるで無頓着。それ以外の部分は好きなのですが、服に関しては隣に並んで歩くのも正直嫌です……。

ピュアなところはいいのですが、飾り気がなさすぎる感じなのです。彼を私の理想の男性にするにはどうすればいいでしょうか?

a “押し付ける”理想像にならないように、彼自身とお互いの理想像をつくっていきましょう。

こんにちは。欲望デザイナーのriiihoです。ご相談ありがとうございます。

相談者さまのような悩みを抱えている方は、男性・女性にかかわらず実はたくさんいます……。誰しも理想像はあります。彼氏・彼女にこうしてほしい、ああしてほしいという気持ちを持つのは自然なこと。ただし、それが押し付けになってはいけません。

特に見た目はその人が重きを置く価値観の比重にも左右されるので、まったくファッションや見た目を磨くことに興味がない人に対して、そこにお金を使うことを促すのは難しいことでもあります。男性の場合なおさら、プライドもありますし……。

一番良いのは、彼との付き合いの中で“彼自身の理想像”をつくっていくことです。つまり、彼という人間のままどんな男性になってほしいかを考えること。それがお互いに対してできたらもっと刺激のある良い関係になっていくでしょう。

150817riiiho

まずはNG例をご紹介します

実際に同じような悩みを抱えている女性たちの声をご紹介します。これらはうまくいかず失敗に終わってしまった例です。

『彼氏が売れないホストのような変な格好をしているのが嫌で、服一式をプレゼントしてみました。私の好みのブランドのものでそこそこお値段もしたのですが、全然着てくれませんでした。プライドを傷つけてしまったのかも』(23歳女性/飲食店勤務)

『私の好きなハイセンスな雑誌をおうちデートのときに一緒に見たり、「こんな格好してほしいなぁ……」と言ってみたりしました。「そんなん、モデルが着れば様になるかもしれないけどさぁ」と明らかに不機嫌な表情をされてしまった』(22歳女性/大学生)

これらの共通点は、どちらも“押し付ける理想”になってしまったこと。服にいくら無頓着な方でも、無理やり「コレを着ろ、アレはだめ」……なんて言われてしまったら疲れてしまいますよね。定番の発想ではありますが、素直に聞いてくれる男性は少ないもの。NGと心得ましょう。

彼が自然に直したくなるような環境をつくりましょう

異性、しかも彼女が「~してほしい」と言うのはNG。それではどうすればいいのでしょう。手っ取り早いのは、彼自身にオシャレな男友達ができることです。

『全然服とか小物とか興味なかったけど、仲の良い友達が急にファッションに目覚めて好きなブランドを買いあさるようになって感化された』(26歳男性/飲食店勤務)

友達の影響はかなり大きいです。一番良いのは、オシャレな彼氏がいる女友達に協力してもらってダブルデートをすること。自然と彼に対抗心と焦りが出てくるでしょう。もし指摘されるとしても、異性である女性より同性である男性からの指摘の方が刺さります……。

『話の流れで、私の通っている美容室を紹介してあげた。担当の美容師さんもオシャレだから、彼も焦り出したみたいでちょくちょく雑誌を買って勉強するようになったみたい』(25歳女性/ネイリスト)

確かに美容室は自分磨きのスイッチが入る場所ですよね。こんな風にサロンを紹介してあげるのもアリです。また、“あなたの”買い物に付き合ってもらうのも有効な手段。もちろん、女性の買い物に付き合うのが嫌ではない人に限りますが……。

あなたがいつも買い物をしている店に行き、「いつもデートのときに何を着て行こうか相談してるんだよ」なんて要領であなた自身が彼と出かけるときの服装に気を使っていることをアピールしていきましょう。こう言われて嫌な男性はいません。彼も自然と意識しはじめるはずです。

内面は外見ににじみ出るもの。魅せ方を学ぼう

男性にこうしてほしい、ああしてほしい……。そういう理想がある場合は、いったん彼を始点にして考えてみることです。彼ありきで似合うファッションを選んであげること。流行のハイセンスな服は、初心者には少しチャレンジングである可能性もあります。

見た目はしょせん見た目ではありますが、究極のところ内面は外見ににじみ出るものでもあります。彼自身をより一層引き立てるような自分の魅せ方を身につけてほしいですね。

【関連コラム】
2位「腰パン」、1位は? ダサいと思われる男性のファッションTOP3
脱・B級グルメ! 食事デートで彼を素敵なレストランへ連れ出す心理テク
結婚後に後悔しない! “良い夫”になる男性を見抜くポイント3選

●ライター/riiiho(欲望デザイナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする