地味色はNG? 大人の男の“モテる水着選び”のポイント3つ

【相談者:30代男性】
先日、人生ではじめて彼女ができました。本当にうれしいのですが、次のデートに向けて焦っています。「レジャープールに行こう!」と彼女から誘われたのですが、実は高校時代の水着しかありません。まだ付き合いはじめて間もないので、彼女に水着がないとも言えず困っています。一般的な30代男性の水着選びのコツを教えてください!

a 意外にも、派手な水着が正解です!

こんにちは。男性のべ3,336人以上の買い物に同行してきた、水着も選べるスタイリスト森井です。

普段着ではつい地味な色を選択しがちな我々男性ですが、海・レジャープールでは、この考え方が仇となります! 男女とも開放的な気分になるビーチリゾートでは、派手な水着がマジョリティーなのです。つまり、地味な水着では悪目立ちしてしまいがち。

心理学者スタンレー・ミルグラムの同調現象による実験では、『人は周りと比べて異質であるときに不安を感じる』ということが証明されています。

それでは、30代以上の男性がビーチリゾートを快適に楽しむための水着選びを考えましょう。

150810morii

(1)大人の派手は、柄物でつくる!

派手という言葉から、色が強い水着を想像するかもしれません。しかし、カラフルなタイプより柄物タイプの方が、簡単に華やかさを演出できるのです! 柄物は2~3種類の色から構成されているので、色のコントラストを強くするだけで存在感が生まれます。

普段は避けがちな柄物。洋服の場合、アイテム同士が喧嘩しないよう柄を活かすコーディネートが必要ですよね? しかし、水着の場合、考え方は180度異なります。水着1枚で全身を表現するからこそ、柄のおかげで様々な色を全身に取り込めるのです。

(2)サーフショーツ型が安心!

柄で華やかさをだしても、水着の形を派手にする必要はありません。健康のために通うフィットネスプールでは、ビキニタイプ・ボクサータイプの水着が主流です。しかし、ビーチリゾートではサーフショーツを取り入れてください。サーフィン経験の有無は関係ありません。

ビキニ・ボクサータイプはモッコリ感を強調してしまいます(笑)。一方、サーフショーツは、街で見慣れている大人のショートパンツスタイルに形が似ています。普段から見慣れている形だから違和感が少ないのです。

(3)男もポロリ対策を(笑)!

『サポーター』という名のインナーをご存知でしょうか? トランクスのようにピタッとしていないサーフショーツでは、ポロリを防ぐためサポーターというアンダーパンツを着用するのです。

メッシュ素材のサポーターが縫い付けられたサーフショーツがある一方で、表生地だけで作られたサーフショーツも存在します。試着、購入時にサポーターの有無をチェックしましょう! せっかく連れに恥をかかせない水着を選んでも、水着がズレて自分が恥をかくかもしれませんから。

【関連コラム】
スタイリスト直伝! 男性がショートパンツを大人っぽく着こなすコツ3つ
2位「お祭り」1位は? 夏に行きたいデートスポットランキング
周りに差がつく!? 社会の枠からはみ出た破天荒な男性がモテるワケ

●ライター/森井良行(あなたのスタイリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする