寂しさを埋めたい! 経験者に聞いた“ソフレ”を作るメリットとリスク

【相談者:20代女性】
彼氏が欲しい気持ちはないのですが、ひとりで寝るのが寂しいです。そのことを友人に相談したら、「ソフレでもつくれば」と言われました。ソフレについてあまり詳しくはないのですが、つくるメリットって本当にあるのでしょうか? そろそろ、この寂しさに耐えるのがつらくなってきました。

a 焦りは厳禁……ソフレにはリスクも!

こんにちは、ライターの佐原チハルです。

“肌を重ね合う・抱き合う”といったことを目的にせず、ただ寄り添って眠るような関係を“添い寝フレンド=ソフレ”と言います。ソフレについては、まだ、「気にはなるけど、よくわからない」という方が多くいます。そこで、実際にソフレがいるという女性たちの声を集めてみました。

150806sahara01

“ソフレ持ち”の実際の声

『気を使わなくていいから楽。彼氏になると偉そうになる男とかいるけど、ソフレはそういうのないから』(20代女性)
『添い寝だけでいいっていうのがいい。誰かとくっつきたいけど、別にしたいわけじゃない、みたいなときに助かる』(20代女性)
『お互いに恋愛感情がないので、甘えすぎたり、逆にへんに甘えられたりすることがなくてちょうどいい』(30代女性)

このような意見が目立ちましたが、一方で以下のような声もありました。

『自分の方は相手に恋愛感情があるから、時々すごく切なくなる』(20代女性)
『最初はすごくいいなって思ってたけど、慣れてきたらどうでもよくなってきた。今は添い寝っていうより雑魚寝。それはそれで楽しいけど』(20代女性)

ソフレがいることが“メリット”になるか否かには、当然ですがやはり個人差がありそうですね。

ソフレをつくるにはリスクもある?

ソフレをつくったことがある、という女性の中には、こんな声もありました。

『信用していた相手だったのに、突然「したい」と言われて断るのがとても大変だった』(30代女性)
『相手から好意を向けられるようになって困ったことがあった』(30代女性)
『ソフレが欲しいっていうと、添い寝以上の関係を求める人が寄ってくることがあってウザい。ソフレは探すのが大変』(20代女性)

ソフレ募集専用のサイトなどもあるようですが、そちらも“いずれは一線を越える”ことが目的になっているように見受けられるものが非常に多いです。犯罪被害にあってしまう可能性が高いということです。

また、サイトなどでなく顔見知りからつくる場合でも、性犯罪にあうリスクは実質的には減らせません。内閣府の調べによると、性的な被害は見知らぬ人より顔見知りから受けてしまうことの方が多いのです。ソフレづくりに際してこうしたリスクをゼロにすることは、残念ながら現状では難しいようです。

何を求めるかはあなた次第

“ひとりで寝るのが寂しい”とき、寂しさを埋めるものとして何をチョイスすべきなのか、その答えには個人差があります。あなたの寂しさを埋めてくれるのは本当にソフレですか? また、そのソフレは異性でなくてはなりませんか? 本当に必要なのは人肌ではなく、新しい趣味や休息かもしれません。

もちろん、信頼できるソフレの存在は大きな安心感を生み出してくれることもあるでしょう。しかし、そうした相手に出会うためにも焦りは禁物です。寂しさを埋める方法を探すのと同時に、寂しさと付き合っていく方法も見つけられるといいですね。

【関連コラム】
恋人なんていらない!? 「恋愛は面倒」と言うイマドキ男女の本音
その場のノリで! “とりあえず”付き合ったカップルの本音8選
一緒に添い寝するだけの「ソフレ」に対する男女の本音

●ライター/佐原チハル(自由形恋愛専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする