甘やかしすぎ!? 友達母娘だと子供がいつまでも結婚できないワケ3つ

【相談者:50代女性】
もうすぐ25歳になる娘がいるのですが、嫁に行く気配どころか、今まで恋人がいた気配もありません。聞いても、「今は他に楽しいことがあるから」と友達と食事に行ったり旅行に行ったりして休日を過ごしています。たまに私とも買い物に行きます。とても優しく、いい子でオシャレで身なりにも気を使っていて、いい大学を出ています。

最近の男性は草食系で自分から誘わないと聞きますが、結婚相談所にでも入れたほうがいいのでしょうか? あまりガミガミ言ってもかわいそうですし、何かアドバイスをいただけないでしょうか?

a 親子だから分かり合えるというのは幻想。

こんにちは。彼氏づくり専門家の菊乃です。ご質問ありがとうございます。

今回は、元保育士で3人の子どもがいる『捨活アドバイザー』の岡田敏子さんに、モテない子どもへの対処法をインタビューしました。

150804kikuno

(1)自主性を尊重しているつもりが甘やかしているだけ

中高生の子どもがいるご家庭に掃除に行って、子どもの服やゲームなどが散らかっているので片付けようとすると、「それは子どものものだから勝手に片づけていいか分からない」と言うお母さんが非常に多い。家庭の中で、「片づけないなら捨てるよ」と言えるくらいの強いリーダーシップをとっているお母さんは少ないのです。

子どもと友達のように仲がよくて、怒らせないように機嫌を伺う方もいらっしゃいます。自主性を尊重しているつもりかもしれませんが、それはタダの甘やかしなのです。

(2)子どもの居心地が悪い環境をつくろう

社会人で実家暮らしであれば、使えるお金は多いですよね。物分かりがいい親で家賃を払わなくていいから、自由に使えるお金で女子会や旅行に行く。それは楽しい生活で、家も居心地がいいと思うのです。

社会人になって給料がもらえるから大人になったつもりかもしれませんが、お小遣いをもらう先が親から会社になっただけであって、そのお嬢さんはまるで子ども。自立心がないのです。自立させるためには、家は子どもにとって居心地が悪くて出て行きたくなるくらいでちょうどいい。普通は中高生くらいのときに反抗期があり、家から出て行きたくなるものなのです。

(3)親子だから分かり合えるというのは幻想

恋愛や結婚のこととなると、親と言えども成人した子どものことにズカズカと踏み込むのはNGと心得てください。受験や就活は親が尻を叩いて、子どもに「ヨーイドン」とスタートさせていたかもしれません。子どもの勉強をしっかり見ていた感覚で婚活にも口を出していたとしたら、その子は周りから“マザコン”と思われているでしょう。

家の中で主導権を握っている人がいる家は片付いています。片付いてる家には人がいつでも呼べて、あなた自身の人間関係も広くなります。お母さんを卒業してあなたの人生を歩むためにも、子どもを捨てましょう。


岡田さん、インタビューを受けていただきありがとうございます。私も多くの女性の相談を受けてきましたが、親に依存している方は婚活がうまくいきません。「親が言うから結婚相談所に入ったの」と普通に話す方が多いのですが、このように、いくつになっても自分で決断できないことに対する恥ずかしさが全く感じられない方に違和感を抱きます。

「この人は親に言われたら何でもするのかな? 人生の大事な決断を自分より親に相談するのかな?」って自立した男性であれば思うでしょうね。

一人暮らしを始めると、多くの方は付き合う人間が変わります。子が親を捨てないのであれば、あなたから先に親の期待を捨てましょう。

【取材協力/岡田敏子】
『Smile Factory』代表。片付けられない女性向けに自宅片づけ術を指導。「いつか使うかも」をなくし、判断力と決断力を磨き“捨てる”ことを基本にした整理術のトレーニング、『捨活(すてかつ)トレーニング』を実践している。
・著書『親の家は片づけるな。』

【関連コラム】
今すぐ実家を出ろ! 反抗期のなかったいい子は幸せな恋愛ができないワケ
そんなつもりはない!? 意図せずセクシーな“いいわけ女子”がモテる理由
“実家暮らしの女”がモテない理由5つ

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (12)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする