ハリキリ過ぎNG! 同棲前に知っておくべき長続きのポイント3つ

【相談者:30代女性】
今度彼と同棲することを決め、これから物件探しをする予定です。私と彼は付き合い始めて3か月ですが、とても相性がいいです。年齢も状況も含めてトントン拍子で同棲が決まりました。友達に「少し早いのでは?」と言われたため、失敗しないためにも、同棲をする上で注意すべきアドバイスをお願いします。

a 肝心なのは、好きなところより譲れないところ。お互い譲れない部分を正直に話しましょう。

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

大好きな彼との同棲、今きっと一番幸せなときではないでしょうか? 物件選びから家具選び、2人でお揃いの食器などを買いに行くのを想像しただけで不思議と元気が出てくるものでしょうね。こういうのもタイミングときっかけが大事だと思いますが、確かに3か月で同棲は少し早い気がしますね。

ここに相談したのも、相談者さん自身も友人に言われる前に少なからず心のどこかで感じていたからなのでは? そこで、今回は同棲するにあたっての心得を取材してきましたよ。

150730chihiro

(1)独立した部屋があった方がいい

『一度、広すぎる1ルームを借りたことがあったんですが、喧嘩したときが最悪でしたね。出ていくわけにもいかないし』(20代女性/化粧品販売)

長く付き合っていけば、どんなに仲良しカップルでも喧嘩をする日が必ずきます。そこで、話し合いももちろん大事ですが、冷静になることが大前提です。冷静になるには、時間と一人になれる環境が必要な場合があります。そういうときには、2人が別々になれる空間を持つことが大事だとのことです。

(2)苦手なことは無理しない

『彼と同棲したとき、最初は張り切って家事全般をやっていましたが、いつしか疲れてしまい、勝手に1人で爆発して彼と大喧嘩したことがありますね』(30代女性/広告)

同棲生活がスタートするときって、女性は比較的料理を作ってあげたいとか、花嫁修業的なことをしようとする方が多い気がしますね。しかし、なんでもかんでも彼のために頑張り過ぎるのは禁物だそうです。苦手なこと、自信がないことも含めて彼に正直に打ち明けておきましょう。案外彼もすんなり聞いてくれるかもしれませんよ。大事なのは、無理しすぎないことですね。

(3)互いの譲れないことを尊重する

『彼女に、「あなたが絶対嫌なことはお願いしないし、押し付けないから、私のそういう部分も理解してほしい」と言われたとき、この子と長く一緒にいられるために努力していこうと思いましたね』(30代男性/不動産)

食事の好み、掃除の仕方、寝るときの環境など、どうやっても変えられないものもありますよね。誰にでも譲れないものはありますが、ポイントはそこを変えようとせず、理解して受け止めてあげることだそうです。一緒にいたい、うまくやりたい気持ちはお互い同じはずなので、これは同棲する前に伝えておくことをオススメしますね。


いかがでしたか? 今回は実際に同棲中、または経験ありの方々に取材しました。物件選びの話など、なるほどなぁと思いましたね。

私としては、2番目の「頑張り過ぎない」という意見に賛成ですね。張り切っちゃうのは仕方のないことですが、何事もほどほどに。そして3つ目のアドバイスの考え方は、同棲しているしていないに関係なく、誰かと付き合うにあたって、ずっと大事にしてほしいポイントですね。

これから、楽しいこともそうでないこともあると思いますが、今回聞くことができたアドバイスを参考に、まずは物件選びから大好きな彼と楽しんでくださいね♪

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする