バレンタインデーに男性がもらって嬉しいプレゼントとは?

【相談者:20代女性】
去年の秋に飲み会で知り合った男性から、クリスマスに告白されました。そのときは突然だったのでビックリして返事を保留にしたのですが、その後も何度か食事に誘ってもらっていろいろと話をしているうちに、彼の誠実さに惹かれ、知れば知るほど好きになってきました。

バレンタインデーには私の気持ちを伝え、手作りチョコを渡そうと思っているのですが、いつも食事をご馳走していただいていることもあり、プレゼントも添えたいなと思っています。何をあげたら喜んでくれるでしょうか?

a日常的に使えて、いくつあっても困らないものを気持ちを込めてセレクトしましょう!

こんにちは。渋谷のレンタルドレスサロンDRESS MANIAの横溝絵麻です。

もうすぐドッキドキのバレンタインデーですねヽ(*´∀`)ノ 大好きな彼に。片思い中のあの人に。

もちろんチョコはあげるけれど、本命くんにはプレゼントも添えて渡したい。「何をあげたら喜んでくれるかなぁ♡」と皆さん悩まれている時期ではないでしょうか?

ということで、今回は「ぶっちゃけ!バレンタインデーにこれをもらうと喜んじゃうぞ!」というものをアラサー男性100名に徹底的にリサーチ✩

プレゼント選びの参考にしていただければ幸いです♪

160118barepre1

ジャンルでは「ファッションアイテム」がダントツ人気!

まず、ざっくりしたジャンルでいうと、圧倒的に多かったのがファッションアイテム。ちなみに、ここでいうファッションアイテムとは、お財布や名刺入れなども含めて幅広い意味で用いています。

続いて、「手料理」「手紙」「愛の告白」「レストランでの食事」「お酒・ワイン」「旅行」……と続きます。結構ロマンチックな回答も多く、改めて男性は純粋なんだなぁと思いました(#^.^#)

皆さん、何をプレゼントするとしても「愛の告白」と「手紙」は忘れずに! もう既にお付き合いされている方も、普段は恥ずかしくて言えない気持ちを、バレンタインデーには勇気を振り絞って伝えてみてください!

さてさて。やっぱり人気のファッションアイテムですが、具体的には何をどうやって選べば良いのでしょうか?

選ぶ際のポイントは3つ!

(1)日常的に使えるもの
(2)いくつあっても困らないもの
(3)選んだ理由を説明できるもの

「日常的に使えるものがいい!」と言ってくれるのって、「いつも君を感じていたい」と言われている気がしてなんだか嬉しいですよね(*´∀`*)あ、臭くてすみません……。

(3)の「選んだ理由を説明できるもの」というのは、とても重要です。

たとえば、

「Aくん前に時計壊れたって言ってたよね。もしかしたらもう新しいの買っちゃったかもしれないけど、もしよかったら使ってくれると嬉しいな♡」

「Bくん赤好きって言ってたよね! でも赤のネクタイ持っていないみたいだったから探してみたらすごく似合いそうなの発見しちゃった! ネクタイならいくつあっても困らないかなと思って♡」

というように、ただはやってるとか人気だからという理由ではなく、ちゃんと相手のことを普段からよく見ていて、一生懸命考えて選んでくれたんだなって気持ちが伝わるプレゼントだと、より一層喜んでくれること間違いなしです!

そのためにも、日頃から、「これかわいいね~シルバーよりゴールドが好きなの?」「いつもオシャレだね。どこのブランドが好きなの?」など、相手のセンスを褒めながら好みをリサーチしておくと、いざプレゼントを選ぶときのヒントが増えてセレクトしやすいかも♪

やはり、男性の場合は週のほとんどをスーツで過ごす方が多いので、スーツに合わせる小物系は大歓迎とのこと。

サイズの心配がいらないネクタイやカフスなどはプレゼントに最適!

(1)カフスのプレゼント

カフスをプレゼントするのであれば、カフス専門店をインターネットで検索して選ぶのがオススメ✩ デパートには置いていないユニークなものをたくさん扱っていて、選ぶのもとても楽しいですよ!

筆者が最近見つけたお気に入りカフスは、「スマートフォンカフス」(笑)。iPhoneがそのままミニサイズになったデザインで、見てるだけでもかわいいんです♪

他にも、アルファベットカフスなら彼のイニシャルにしてもいいし、彼と自分の名前のイニシャルをプレゼントして左右につけてもらうのもアリかもヽ(*´∀`)ノ

車好きの彼なら、ポルシェやJeepのカフスもあるので、好みに合わせてセレクトすると喜んでくれそうです。

(2)「Yシャツはサイズがわからないし……」という方に朗報✩

最近は「オーダーシャツチケット」を販売しているお店もあるので、これなら安心してプレゼントできちゃいます♪ 後日、一緒にお店にオーダーしに行くのも楽しいですよね!

お店にもよりますが、200種類以上の生地の中から好きなものをセレクトして、デザインも自分好みにできるので、好みにうるさい彼でも喜ぶこと間違いなしです(*^^)v

オーダーとは言っても、最近では1万円以下で比較的リーズナブルに作ってくれるところもあるので、予算と相談しつつ選べるというのもうれしいですね。

(3)手編みのマフラー派は健在!

そして……やっぱり男の夢は昔も今も変わらず……(笑)。手編みのマフラー派は健在のようです!

筆者のようなスーパーぶきっちょが編んでもただの嫌がらせにしかなりませんが、手先の器用な方はチャレンジすると喜ばれる可能性大です!

ただ、あまりにも派手なデザインだと日常使いが難しいこともあるかもしれないので、手編みするにしても買うにしても、落ち着いた色合いのものを送るようにしましょう。

せっかくプレゼントするのですから、毎日使ってほしいですものね。皆さんも、ぜひ参考にしてみてください( ^ω^)

●ライター/横溝絵麻(ファッション専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、バレンタインに男性に喜ばれるプレゼントとして、「日常的に使えていくつあってもいいものを選びましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「バレンタインのプレゼント」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

バレンタインで男性がプレゼントされたいものランキングTOP8

160118barepre2

「なんでもいいよ」と言われても、できれば喜んでくれるものを贈って彼の笑顔が見たいですよね。男性は何をプレゼントされたいと考えているのか、ランキング形式で紹介したいと思います。

第8位:ネクタイ、ネクタイピン

8位には、王道とも言えるネクタイがランクイン! スーツ姿で働く男性であればほぼ毎日身につけるものですし、いくつあっても困るということはありません。

特に、洋服に無頓着でいつも同じようなネクタイをしている男性であれば、彼女が選んでくれたものを付けることでいつもと違った雰囲気を出すことができるようになります。

はやりものなどがあるわけではないので、選ぶのにそれほど迷わないというのは女性としてもうれしいところ。

ただし、ネクタイにもこだわりの強い男性はいて、好みのものでない場合にはあまり身につけたくないようです。心配であれば、比較的スタンダードなデザインのものが多く、季節によって素材等も気にする必要がないネクタイピンにしておくと失敗は少ないかもしれません。

第7位:スマホカバー

毎日持ち歩くものの筆頭と言えるのは“スマホ”ですよね。スマホカバーはほぼ全ての人が付けているといってもよく、しかも、気分によって付け替えることも容易なため、多少奇抜なものであっても使うことができるという点が魅力のようです。

とはいえ、せっかくプレゼントするのであれば彼氏にも気に入ってもらって毎日使ってほしいですよね。そんな人におすすめなのが、“ちょい高級”なスマホカバー。レザー製で質感の良い高級カバーだったり、頑丈さを売りにしたハードなカバーなど、自分で買うには手がでないな……というものをチョイス!

彼がいつも身に付けているものに、自分がプレゼントしたものが付けられているという状況はたまらないはず。使っているところをいつも見られるのが何よりうれしいですよね。

第6位:コーヒーメーカー

6位にランクインしたのはコーヒーメーカー。今は、小型のものでも簡単においしいコーヒーをいれることができますし、1杯ずつ包装されているものを使って毎回違う味を楽しむといったことも可能。

彼の家に置いておけば、遊びに行ったときに自分もおいしいコーヒーにありつくことができます(笑)。

チョコと一緒に贈るのであれば、おいしいコーヒーが飲めるこちらのプレゼントはピッタリではないでしょうか。“コーヒー嫌い”という彼でなければ、一番失敗することが少ないと言えるかもしれません。

第5位:高級チョコ

チョコはチョコでも、ショコラティエが手がける、高価格帯のブランドチョコといわれるものも人気のようです。一粒で数百円するようなチョコが宝石のように並べられているのを見ると、男性も心躍るよう。

普段はなかなか食べることのできないものも、バレンタインのプレゼントということであれば奮発してもいいのではないでしょうか。

女性の中には、自分が食べたいものを選んで、プレゼントした後に一緒に食べるという人も少なくないようです。せっかくのバレンタインですから、やはりチョコで勝負してほしいという気もしますね。

第4位:手紙

4位にランクインしたのは、「手紙」という回答。ものの金額ではなく、彼女からの思いを感じられるものをプレゼントされるのが一番うれしいという声が多数聞かれました。

普段口に出して言えないようなことを手紙にして贈られると、また新鮮な気持ちで彼女のことを見られるようになるそうです。また、スマホやパソコンの文字ではなく、手書きの文字であることで気持ちがこもっていると感じらることも理由のひとつです。

普段は強がっていたとしても、やはり男性の方がロマンチストな部分があるのかもしれませんね。

第3位:万年筆

ネクタイや時計などに代表されるように、1日の多くの時間を占める仕事に関するものはやはりうれしいもの。彼が普段、安もののボールペンを使っているのであれば、万年筆は鉄板といっていいでしょう。

人前で使うのであればある程度しっかりとしたペンを1本持っていたいものですよね。しかし、自分で買うとなるとなかなか買うにはいたらず、適当なものを使っているという男性も多いはずです。

選び方としては、女性が相手に“使ってほしいもの”を選べばOK! 初めての万年筆であればどれを選んでも満足感を得ることができるでしょうし、ネクタイや時計と違って男性のこだわりというのも強くないので、”彼女が選んでくれたもの”ということで十分満足してもらえます。

第2位:お酒

欲求に忠実な結果となった「お酒」という回答が2位にランクインです。

男性が自分で飲みたいだけかと思いきや、「彼女と一緒に飲めるから」という理由でこれを選ぶ人も多いようで、やはり男性は、何か具体的なものをもらうというよりもプレゼントによって得られる心のつながりを重視しているようです。

女性も、一緒に飲んで楽しめるということであれば普段は買わないような高めのお酒にも挑戦できるのではないでしょうか。

特にウイスキーは、チョコレートと香りや風味に共通するところが多く、チョコに合うお酒といわれています。他にも、ワインやブランデーなどには、チョコと一緒に食べることを目的としたお酒まであるとか。

まずはチョコを口の中でゆっくりと溶かしながら味わい、そこへお酒を流しこむという飲み方がオススメです。グラスとセットでプレゼントすれば、ぐっと満足感も高まるでしょう。

第1位:デートをコーディネート

男性が喜ぶプレゼント1位となったのは、「彼女にデートをコーディネートしてもらう」というもの。こちらも4位の手紙と同様に、物ではなく彼女の気持ちがうれしいということでした。

普段は男性がデートコースを決めることが多いと思いますが、バレンタインの日ぐらいは彼女がお店を予約して1日おもてなしをしてみてはいかがでしょうか。

全てを完璧にこなせなくても、彼を喜ばせたいという思いが伝わればプレゼントは成功です。むしろ、慣れないことを頑張ってやるという姿に、彼氏はぐっとくるはず。

これだけで、しばらくは彼氏に対していろいろなわがままも言い放題かもしれません。

バレンタインプレゼントの予算

160118barepre3

「何を贈ればいいいのか」ということ以上に、いったいいくらぐらいのものを選べばいいのかというのも悩みどころですね。一応の目安というものはあるようです。

彼氏が学生の場合

大学生など学生同士のカップルであれば、5千円程度が一応の目安になるようです。ただし、これはあくまで目安であり、気持ちのこもったものであればそれほど金額を気にする必要はありません。

バイトをするぐらいで収入に大きな差があるわけではありませんから、お返しのことも考えてあらかじめ金額を決めておくのもいいかもしれませんね。

では、彼氏が大学生で彼女は社会人という場合はどうでしょうか。彼女が気しないのであれば、高い金額のものを贈ってもいいような気がしますが、これも控えた方が良さそうです。

一般的に、“バレンタインでもらったものの1.5〜2倍ほどの金額のものをホワイトデーにお返しする”というのが暗黙のルールになっているようで、女性があまりに高いものを贈ってしまうと、男性側にプレッシャーを与えることになってしまいます。

自由に使えるお金が限られている学生相手であれば、プレゼントする方もされる方も、あまり高価なものは控えるようにしたほうがいいかもしれませんね。

彼氏が社会人の場合

お互いに働いていて収入がある場合の大まかな目安としては、1万円程度。プレゼントするものが財布や時計などであれば、かなり高いものになってしまうこともあるかもしれませんが、そうでなければこのぐらいの金額が一般的です。

バレンタインはチョコをプレゼントするのがメインですし、感覚的に“誕生日やクリスマスのプレゼントよりも低いもの”という考えを持っている人が多いのではないでしょうか。

男性も、特にもらうものの金額にはこだわらないという人が多く、お返しのことを考えると高いものをもらうのは怖いという気持ちになってしまうようです。

バレンタインのプレゼントには意味がある

160118barepre4

実は、贈る物にによってそれがなにかしらの意味を持つことがあります。あまり意識しないでプレゼントしているものの中には、意外なタブーもあるようです。

外へ出かけるときに履く靴は、「新たな門出」という意味を持ちます。新生活が始まる時期に贈ることで新たな出発を祝う意味があるようです。

他に、富など裕福さを表すこともあるようで、人に贈ると「稼ぎが悪いからもっと頑張りなさい」という意味にとられることも。目上の人に贈ることは控えた方がいいといわれています。

ネクタイ、マフラー

首に巻いて使うネクタイやマフラーは、一種束縛のような意味を持ち、「あなたに夢中です」という意味をあらわします。「相手のことが大好きで仕方がない」「常に一緒にいたい」という“好き”を表すアイテム。

一方で、相手を縛り付けるという意味も持つため、贈った人から逃れられないという印象を与えることもあります。

財布、腕時計

肌身離さず持つことが多い財布や腕時計は、「あなたといつも一緒にいたい」という意味を持ちます。そばにいてほしいという気持ちを伝えたいときにプレゼントするといでしょう。

特に時計は、「あなたと同じ時を共有したい」「同じ時を過ごしたい」というように、一緒に生きていきたいという思いが強く表現されるものです。

他に、常に同じリズムで時を刻み続ける時計は、勤勉さの象徴でもあります。「しっかり勉強しなさい」といった激励の意味を持つこともあるため、目上の人にプレゼントすることは控えた方がいいといわれています。

ハンカチ

ハンカチは、人へプレゼントすることはタブーとされているものです。漢字で書くと『手巾(しゅきん)』と書かれ、これは別れを意味する言葉なのです。

気軽にプレゼントできる便利なアイテムだと思いがちですが、「関係を絶つ」という意味もあり、恋人・友人への贈り物には適しません。反対に、縁を切りたい人に対して意図的に贈るという使い方がされることもあるそうです。

ボールペン、万年筆

いつも身に付ける筆記具は、「あなたのことを見守っている」という意味。勉強や仕事の際に使うアイテムであるため、「もっと頑張って」「精進しなさい」という意味も含まれます。

プレゼントとしてであれば、学生や新社会人などに向けて贈るのがいいでしょう。また、鞄や名刺入れなど、仕事に必要不可欠なアイテムも、「もっと精進しなさい」「勤勉に働きなさい」という意味を持っているため、プレゼントする際には少し注意が必要かもしれません。


「プレゼントの予算」や「贈り物が持つ意味」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

悩みは尽きませんが、何をプレゼントすれば喜んでくれるだろうかと考えているときが一番楽しいのかもしれませんね。男性が言う「思いがこもったものだったら何でもうれしい」という言葉は、きっと本心だと思います。

好きな人が喜んでくれる顔を想像しながら、バレンタインに向けて準備を進めましょう!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (18)
  • うーん (13)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする