誘い方から帰宅後まで! 花火大会で好きな人を落とすための5ステップ

毎年、7月・8月は全国各地で花火大会が開催されます。なかでも、2015年は8月の第1土曜日(8月1日)に花火大会が集中。全国約50か所で開催されるとのことです。

そんな、多くの方が楽しみにしているであろう花火大会は、好きな人との距離を縮めるのにも絶好のチャンス。夜のデートであるにも関わらず、「花火大会」という名目のもと気軽に誘える上、大勢の人が集まるイベントなので、相手に警戒されないのも嬉しいポイントです。

そこで今回は、片思い中の方がこのチャンスを逃さないよう、花火大会を利用して好きな人を落とすコツをご紹介したいと思います。

150724entame

(1)花火大会への誘いは力を抜いて

好きな人を花火大会へ誘う場合、どのように誘ったらよいのかは、相手との関係性がどの程度のものなのかにもよりますが、深刻になりすぎないのがポイント。気軽にイベントへ誘う感覚で声をかけてみるのがいいでしょう。

『「そういえば、今度の土曜に近くで花火大会があるじゃん? よかったら一緒に行かない?」なんて感じで誘ってくれると、こっちも気楽でいい』(10代女性)
『「○○の花火大会に行きたいんだけど、ちょっと遠いからなー。○○君が一緒だと心強いんだけどな〜(笑)」ってバイト先の子に言われて、頼られてる感じで嬉しかった』(20代男性)

あまり気負いすぎると、相手も構えてしまうかもしれません。自然な感じでさりげなくがいいみたいです。二人きりで行くのはちょっと……という場合は、お互いの友達を誘って4人くらいで行くのもいいでしょう。あまり人数が多いと行動が取りづらい上、気になる相手と話しにくくなるのでご注意ください。

(2)事前の用意は万全に

花火大会へ誘って見事OKがもらえたら、当日までに準備をしっかりしておきましょう。可能であれば、会場の下見や調査をして、花火が見やすい場所や快適に見られる場所などを探しておくといいです。場所取りは禁止している会場が多いので注意しましょう。

また、持ち物にも注意を払うと、相手に「気が利く人」と思わせることができます。持っていると便利なのは、下記のアイテムです。

・虫除けスプレー(アロマオイルやハッカ油などを使った肌に優しいものだと女性に喜ばれます)
・ばんそうこう(下駄や草履、サンダルで靴擦れをおこしたときに活躍します)
・凍らせたペットボトル(暑さ対策・水分補給に)
・ビニール袋&スポーツタオル(レジャーシート代わりに。ビニール袋の上にタオルを敷けばおしりも痛くなりにくいです)
・除菌ウェットティッシュ(汚れてもすぐに手が洗えないのであると助かります)
・汗拭きシート(スプレーだと周りに迷惑だったり音が恥ずかしかったりするので、シートがおすすめ)

(3)会場では目配り・気配りを忘れない

大勢の人でにぎわう花火大会会場では、相手への目配り・気配りがとっても大事。相手が浴衣で来た場合、慣れない下駄や草履を履いており、つまずいたりこけたりする恐れもあるので、歩きやすい場所を探してあげる、手を引いてあげるなどするといいでしょう。もちろん、歩くペースも相手に合わせましょう。

また、言わずもがなですが、ゴミはきちんと持ち帰るなどマナーを守ることも忘れてはいけません。どんなに相手に気配りができていても、ゴミをポイ捨てなんてした時点で完全にアウトです。

(4)花火大会終了後はすみやかに帰宅する

会場によっては、花火大会終了後に公共の交通機関がパンク寸前なくらい混み合う場合もあります。名残惜しさはあると思いますが、フライング気味なくらい早めに帰ったほうが安心です。せっかくだからお茶や食事をしてから帰ろう……となって、終電を逃してしまっても大変ですし、意外とそういう考えの人が多く、会場付近のお店はどこも混雑しており、なかなか入ることも難しい状況でしょう。

私も以前、江戸川花火大会へ出かけたときに、のんびりしてから駅へ向かったところ、大混雑で駅に入ることすらできず途方に暮れたことがあります。

(5)帰宅後には相手が無事に帰宅できたか確認を

男性が女性を誘った場合には、女性を自宅まで送り届けてあげるのが一番だと思いますが、難しい場合もあるでしょう。また、女性が男性を誘った場合だと、男性を家まで送るなんて無理ですよね(笑)。

とはいえ、夜ですし、男性でも女性でも、相手が無事に家まで帰ることができたかどうかは気になるはず。そこで、帰宅後は必ず相手の無事を確認するための連絡を入れましょう。

疲れているところに長いメールは不要です。短く端的に、一緒に行ってくれたことへの感謝と楽しかったということ、気遣いの言葉を添えて「無事に家に着けた? 今日はありがとう、楽しかったです。疲れたと思うので、ゆっくり休んでね」くらいの連絡でいいでしょう。


いかがでしたか? 花火大会へ誘う段階から帰宅後までの注意点やコツについてお伝えしました。

夏の風物詩として人気の花火大会を利用して、ぜひ好きな人との距離を縮めてみてくださいね。

【参考リンク】
花火大会スケジュール | 公益社団法人 日本煙火協会

(文/恋愛jp編集部・渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (17)
  • うーん (7)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする