当事者は気付かない!? モラハラの特徴と被害を防ぐ方法のまとめ

精神的な嫌がらせやいじめを意味する、『モラルハラスメント』。「モラハラ」と略され、メディアで取り上げられることも多いですが、なかなか加害者も被害者もモラハラに対する自覚がないのが特徴です。さらに、モラハラは当事者だけでなく、周りから見てもわかりにくい性質を持っています。

今回は、加害者にならないように、また被害者になったときには適切な対応が取れるように、モラハラの特徴や被害を受けたときの対処法をまとめました。「もしかして、これはモラハラ?」と悩んでいる方もぜひ参考にしてください。

(作成:恋愛jp編集部・渡邉)


モラハラってどんなもの?

140715sahara

『モラル・ハラスメント』はわかりにくい!

『セクハラ』であれば“性的なこと”、『パワハラ』であれば“パワー(権力)を用いられたもの”とイメージしやすいですが、『モラハラ』ではなかなか、そうはいきません。

モラハラは、「精神的な嫌がらせ」と訳されます。“嫌がらせ”というと軽いイメージが持たれてしまうこともありますが、暴力であり、犯罪的であったり、肉体に与える以上のダメージを心に与えたりする場合も非常に多くあります。

モラハラは“逆”があり得る

パワハラであれば、ハラスメントをしてくるのは上司・先輩など、必ず何かしらの“力・権力”を持った側となります。

けれど、モラハラの場合は逆があり得ます。部下が上司に、生徒が教師に、などの場合があるのです。

「女のくせに」とバカにして来たらセクハラですが、「女だからって甘くは見ないぞ、ダメなお前が悪いだけだ」という形のモラハラはあり得ますし、「上司なんだからこれくらいのことちゃんとやって下さいよ、みんな困っていますよ」という部下からのモラハラもあり得ます。

目に見えない、言葉にすらならない“態度”によってもたらされることも多いことや、一般的な強弱関係では計り難い点が、モラハラをわかりにくくしている大きな理由です。

出典:彼氏の“モラハラ”を見分けるポイントと対処法

セクハラやパワハラと違って、その定義が難しくわかりにくいモラハラ。性別も地位も関係なく、誰もが加害者にも被害者にもなり得るものなんですね。

モラハラかどうかを見分けるポイントはただ1つ!

150723chihiro

自分がされていることがモラハラか否かを見分けるポイント

ただでさえわかりにくいモラハラですが、自分がされているのがモラハラであるか否かを見極めるのに必要なポイントは、実はたった1つ。

「これモラハラかも」と感じたことがあるか否か。それだけなのです。

他者から見たら「違う」のかもしれません。それでも、もしあなたが「モラハラかも」と感じたのであれば、それはモラハラであるとまずは認定してしまって構いません。

裁判を起こすなどのつもりがあるのであれば、法的にはまた別の結果となるかもしれません。しかし、関係を続けていくか否かという点に絞って考えるのであれば、モラハラかもと疑えるような関係性になってしまっている時点で、少なくとも一度、距離をあけた方がよいものであると言えるでしょう。

「私が(も)悪い」というあなたの感覚や、相手の言い分が正しかったのだとしても、それは変わりません。

言い分が正しいことと、モラハラをしてきていることとは、両立します。相手が“正しい”のだとしても、あなたから離れていいのです。

出典:彼氏の“モラハラ”を見分けるポイントと対処法

相手の言っていることが正しいと感じても、相手の言葉によって精神的なダメージを受けたのであればモラハラと捉えていいとのこと。相手や他者が違うと言っても、自分がモラハラだと感じたら立派なモラハラです。

モラハラをする人の心理とは?

150623pollsakagami2

モラハラ男の行動パターン

モラハラ男は、とにかく精神的に相手を追い詰めようとしてきます。その理由は、自分に自信がないからに他なりません。自分に自信がないからこそ、相手を弱者と見立て、追い詰めようとしてきます。

“恋人を孤立させる”“言葉の暴力を振るってくる”“恐怖心を植えつける”“時には身体的暴力も振るってくる”など、これらの行動パターンとして、常に自分の立場が上だと誇示しようとする心理状態が見てとれます。

モラハラ男の特徴

モラハラ男の特徴としては、心が強くない男性であるという点です。本来の自分自身の像があまりに弱いことを自覚しているため、内弁慶に立ち振る舞っても許される恋人や妻の前では、態度が豹変してしまいます。

“何でも他人のせいにする”“異常なほどの嫉妬心を持っている”“薬物やアルコールに依存してしまう”など、自分の弱さからくる責任転嫁や、相手への異常なほどの嫉妬心、アルコールなどに頼らないと保てない精神状態などが見てとれます。

モラハラ男の支配とは

前述のように、モラハラ男の性質としては、自分自身の弱さを守るために、相手を押さえつけて支配しようという傾向が見られます。そのため、“恋人や妻の外出、昼間の行動を徹底的に管理しようとする”“自分の召使いのように仕えさせる”“相手の感情に訴えかけて支配しようとする”といったように、完全に自分の支配下、管理下に相手を置かなければ気がすみません。

出典:経験者が語る“モラハラ男”の特徴と見抜き方3つ

意外なことに、モラハラをする人は自身の心が弱いのだそう。また、さも相手のためを思って言っているかのような態度をとるため、被害者も自分が悪いのだと思い込んでしまうのだそうです。

モラハラ被害に遭いやすい女性の特徴と回避策

150604tokiwa

特徴1:「我慢強い」

モラハラ被害者が女性に多い背景には、男性に対して女性の方が我慢強く、粘り強い傾向にあります。

「ちょっと辛いぐらいは当然だから」「自分が我慢すれば良いんだ」という考えを持っている頑張りやさんほど、モラハラ男の文句に対する耐性がつき、男を図に乗せて悪化させてしまう傾向にあります。

モラハラ男は普段優しく、怒れば豹変してモラハラを振りかざします。そのギャップが手伝って、女性は「相手の機嫌を損ねないように」とつい我慢してしまいがち。不満や要求は素直に口に出して、自分ばかり我慢しない対等な立場を築くように心掛けましょう。

特徴2:「世話好き」

姉御肌の人や、自分を犠牲にしてでも相手の世話をしてしまうようなタイプは、モラハラ男の特徴のひとつである「同情を誘う男性」に弱いものです。

つい面倒を見てしまう、放っておけない、といった世話好きな性格が、モラハラ男をますます甘やかし、気付かぬうちに自分自身の立場ばかりを弱くさせてしまうのです。支えあう事こそが男女の成り立ちなので、相手を王様のように扱わないように気を付けましょう。

特徴3:「周りの評判が気になる」

自分や彼に対する評判が気になったり、「いい人」だと思われたい意識の高い人は、助けを求める機会を逃し、モラハラを重症化させ易いです。

モラハラ男は外面が良いのも特徴なので、気付かぬうちに「自分だけの味方」を失う環境に置かれてしまいます。例え自分の親でも、モラハラ男の完璧な外面に騙されてしまう可能性があるので、どんな些細な事でも相談できる「自分だけの味方」をつくっておく事が大切です。

特徴4:「常識に忠実」

モラハラ男は巧みな話術で「常識」を武器にします。例えそれが常識とは思えないような内容でも、女性側に少しでも劣等感や自責の念があったりすると、そんな心の隙間を利用して「自分こそが完璧で正しい」と思い込ませるのが得意なのです。

常識を気にしたり、正しい事から逸れたくない真面目なタイプの女性ほど「常識の軸」をモラハラ男の「都合の良い常識」に摩り替えられ易いので、第三者の立場から自分と彼を見つめ直すことが大切です。

特徴5:「ネガティブで自己主張が苦手」

「感情を表現するのが下手」「甘えるのが苦手」「自分の要求を押し付けていいのか分からない」というように、相手に嫌われるのが怖くてつい自分の感情を押し殺し、相手の顔色を見ながら対応する女性は危険です。

こうした女性は自分の主張に自信が持てず、気付かぬうちに相手の男性を「偉い人間」と錯覚させてしまい、結果的にモラハラ男をつくってしまう要因になります。意見や感情は人それぞれで当たり前なのですから、自分自身に自信を持ち、相手にばかり合わせようという態度を見直しましょう。

出典:モラハラ男の被害に遭いやすい女性の特徴5つ

上記に当てはまる方はモラハラの被害者になるリスクが高いので、注意しましょう。相手を変えるより自分が変わったほうが早い場合もあるので、モラハラ被害を回避するためにも、客観的に自分を見つめ直してみてくださいね。

モラハラへの対処法は、距離を置くことが一番!

150513nao

具体的にはどう対処したらいい?

モラハラの問題を1対1で解決するのは難しいことです。あなた1人で対処しようとしたり、問題を抱えたりすることはオススメしません。

加害者は、自分がモラハラをしていることに気づいていない場合も多くありますし、気づいていても、自分で自分をコントロールできない場合もあります。

民間のカウンセラーや弁護士の相談電話でもよいですし、行政でもそうした相談のための窓口が用意されている場合が多くあります。行政の『女性向け相談窓口』などでは、セクハラや夫婦間のDVなどが相談例としてあげられていることが多いですが、結婚していないカップル間のモラハラの相談にも対応してくれています。

いずれにしても、まずは一旦、距離を置くことです。スッキリとした“お別れ”ができますよう、応援しています。

出典:彼氏の“モラハラ”を見分けるポイントと対処法

一人で解決しようとせず、専門機関に頼ることが大切だそうです。また、我慢して一緒にいても精神的にどんどん追い込まれるだけなので、まずは距離を置きましょう。


「もしかしたら、自分がやっていたことは相手にとってモラハラだったかもしれない」と思った方は、すぐに態度を改めましょう。自分が正しいと思っても、相手の心に傷をつけたら立派なモラハラになります。「自分がされていることはモラハラかもしれない」と思った方は、すぐに相手と距離を置きましょう。

モラハラの特徴をよく理解することで、加害者になることも被害者になることも防げるかもしれません。また、相手の立場になってよく考えることも、モラハラを防ぐために有効な方法と言えそうですね。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする