美と健康の大敵! 骨盤の歪みの正体と老化が促進されるワケ

【相談者:20代女性】
太ってしまう原因は姿勢の悪さからくる“骨盤の歪み”と言われていますが、「骨が歪むわけがない!」ともよく聞きます。骨盤の歪みを解消すればスリムになれるというのは本当なのでしょうか……?

a 正しい姿勢は美と健康を育てる。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

確かに、“骨盤の歪み”については賛否両論。「骨が変形するわけがない」という意見もありますし、実際に歪んでいる様子がCTスキャンで紹介されている場合も。どっちが正しいの? と迷ってしまいますよね。

『芝崎プロポーション&ボディケア』で骨盤矯正を行っている芝崎義夫先生によると、骨盤は基本的にはガッチリと組み合わさっているため、簡単に動いたり歪んだりするものではないのだそう。しかし、長時間悪い姿勢を続けることでバランスが崩れてしまうことがあるのだそうです……!

150728nao

“骨盤の歪み”とは?

芝崎先生によると、骨の形が大きく変形したり、歪んだりすることはありませんが、骨盤の唯一の関節である『仙腸関節』という部分は強い圧力にとても弱く、持続的に力が加わったり、強い力で押されたりするとジョイント部分が開いたり縮んだりしてしまうことがあるのだそうです。

関節は骨と骨とのつなぎ目。ここのバランスが崩れると、骨同士の間隔や向きが変化してしまい、それをカバーしようと周囲の筋肉や靭帯に負担がかかったり、一部分だけ鍛えられられたりすることに。これを長時間続けることで、全体の姿勢バランスが崩れてしまうのです。

“骨盤の歪み”とは、骨自体の変形ではなく、悪い姿勢や大きな刺激によってつなぎ目から位置や方向のバランスが変化してしまう現象なのですね。

骨盤が歪むとボディラインが老化する

骨盤が歪むと、骨盤周辺の筋肉や靭帯に負担がかかり、血行不良を招きやすくなります。すると、余分な水分や老廃物がスムーズに排出されなくなり、むくみの原因に。酸素や栄養が血液にのって運ばれにくくなるため、肌トラブルや老化を促進します。代謝が弱まり、ホルモンバランスが乱れたり、太りやすくなったりすることも……!

頭痛や肩こり、O脚や腰痛、生理不順や便秘、生理痛などのプチ不調を招きやすくなります。

正しい姿勢が健康と美を育てる

日頃から美しい姿勢で過ごすことは、筋肉や骨盤に負担をかけにくく、歪みや歪みによる老化を防ぐことにつながります。プチ不調に悩まされにくく、美しい肌やボディラインを維持しやすい体質を育てることが可能。体質を改善して、スリムなボディラインを実現しやすくなります。

ぜひ日頃から骨盤を“歪ませない”生活を心がけてくださいね。

【参考文献】
・『骨盤のゆがみが治る100のコツ 決定版―不調が消える! ダイエットできる!』主婦の友社・編

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする