「仕事が忙しい」と言い訳をする彼の本心とは?

【相談者:20代女性】
つい先日、合コンで知り合った男性とデートに行きました。話も弾んで、手をつないで歩いたりもしました。デート中の会話でも「次はここに行こうね!」等と言ってくれていたのに、そのデート後から急に連絡が来なくなってしまいました。仕事が忙しいみたいで、「落ち着いたら連絡する」と言われて1か月以上が経ちます。その間に私から送ったメールの返信はありません。

デートの時はいい感じの雰囲気だと思ったのですが、結局脈ナシだったということなのでしょうか? こういう場合、私から積極的に連絡しない方がいいですか?


ご相談ありがとうございます。合コンシェルジュの絵音です。

合コンで出会ってから、2人っきりのデートにまで発展したということは、きっとかなり意気投合なさったのだと思います。手をつないだりして、もういつ付き合ってもおかしくないとも思える状態!? それなのに、突然連絡が途絶えてとてもショックですね。一つずつ、整理していきたいと思います。

合コンでの出会いは「熱しやすく冷めやすい」

合コンでの出会いは、校内恋愛や職場恋愛等と比べると、どうしても「熱しやすく冷めやすい」傾向があります。なので、合コンで出会った日から1〜2週間が勝負と言っても過言ではありません。

でも、相談者さんの場合は、合コン後に二人でデートへ行っているし、その中での会話で具体的な次回のデートの話を彼がしているので、デートの日まではうまくいっていたと思います。

問題は、デート後からの彼の態度ですね。彼は「仕事が忙しい」と言っているとのことですが……。

それでは、男性が「仕事が忙しい」と言った時の“本心”とは一体どんなものなのか、考えてみましょう。

「仕事が忙しい」と言う男の本心とは?

(1)「ふたつ同時に何かをする」ことが苦手な人。

どうしても一つのことに集中するタイプで、二つのことを同時にできない性格の人です。恋愛が始まりかけたときに、ちょうど同じタイミングで仕事が立て込んでしまい、恋愛の方が手につかなくなってしまったという状態。

このタイプの男性は、いざ恋愛モードに一点集中すると、もの凄く情熱的で一途な傾向があるので……早く仕事が落ち着いて欲しいものですね(笑)。

(2)他に好きな人ができた。

相談者さんと彼のデートが盛り上がっていたとしても、まだ付き合っていないのであれば、彼が出会いの場所へ出掛けたり、他の女性とデートしている可能性も大いにありえます。まだ彼氏彼女の関係でなければ、他に好きな人ができると自然に連絡が減るのは当然。

そしてまた、他に好きな人が出来たことを説明するのが面倒だからと、会えない理由を“仕事のせい”にしてしまう男性は多く存在します。

(3)彼の価値基準が圧倒的に「恋愛<仕事」のとき。

彼女への気持ちより、仕事への情熱の方が圧倒的に勝っている状態です。よく「仕事と私、どっちが大事なの?」と問いただしてしまう女性はいますが、それは絶対にNG! 男性にとって仕事はとても大切なことなので、決して「恋愛>仕事」を求める必要はありません。

ただ彼が、仕事に充てられる貴重な時間を割いてまでして、彼女と会うことに価値を感じないため、「忙しい」と言って恋愛を後回しにしてしまうのです。この様な場合は、彼から誘いがあるまで待ちましょう。そしていざ会えた時に、彼の疲れを癒せるような女であれば、彼は「また会いたい」と思うはずです。

この3つ以外にも、「仕事が忙しい」と言ってしまう時の男の本心には色々あるかと思いますが……とにもかくにも、「仕事が忙しい」と言っている男性に対して、女性の方から何度も連絡したり、「会いたい」と言って追い打ちをかけると、男性は「重い……」と感じて逃げる一方です。

大好きな彼が「忙しい」と言っているならば、その言葉を信じてひたむきに待つことが、彼のためでもあります。

どうしてもメールしたくなった時には、「仕事頑張ってね」とか「時間ができたらいつでも連絡してね」などの励ましの内容で、決して負担にならない文章にしましょう。

彼女と一緒に時間を過ごすことで、「仕事への活力」になったり、「癒し」や「リフレッシュ」になるのであれば、どんなに仕事が忙しい男性でも必ずデートの時間を確保するものですからね!

そのために、彼と会っていない時間にこそ、教養を身につけたり自分磨きをして、彼にとって一番の支えになる“イイ女”になるのがイチバンの近道だと思います。

頑張って下さい! 応援しています!

●ライター/絵音(合コン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする