二重あごを回避! たるみのない美肌を保つ“リンパ管ケア”方法3つ

【相談者:20代女性】
20代でいられるのも残りわずかになりました。30代になると急に肌のくすみやたるみが気になりだすと聞きますが、今からできる対策はないのでしょうか? 特に、二の腕のプルプルや二重あごを防ぐ方法が知りたいです!

a “リンパ管のケア”がスラリ美ボディをキープする。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

余分な水分や老廃物を排出して肌の再生である“ターンオーバー”をスムーズにしたり、むくみやたるみを予防したりしてくれる器官はどこか、ご存知ですか? 答えは“リンパ管”。リンパ管を若々しく保つことが、美しい肌やボディラインをキープする重要なポイントなんですよ。

150721nao

たるみの原因は“リンパ管の機能低下”と判明!

『資生堂』が『大阪大学微生物病研究所』の高倉伸幸教授と共同でおこなった研究では、紫外線の影響や加齢によって毛細血管やリンパ管の構造がもろくなることが判明。血管やリンパ管の機能が低下すると、隅々まで栄養素を運ぶはたらきや余分な水分・老廃物を排出するはたらきが弱まります。

すると、肌の再生であるターンオーバーがスムーズに行われず、しわやくすみなどの肌トラブルを引き起こしたり、むくみやすく痩せにくい体質になったりしてしまいます。

また、たるみの部位では皮下脂肪が蓄積していることも判明。リンパ管の機能が低下すると排出されるはずの老廃物がこぼれ出し、むくみやたるみを引き起こすことが分かったのです。

むくみやすくなったり二の腕のたるみや二重あごが気になるようになったりするのは、リンパ管の機能が低下し、こぼれ出た老廃物が皮下脂肪としてたまってしまうから。いつまでも若々しいたるみ知らずの肌を育てるためには、リンパ管を健康な状態にキープするケアが重要です。

リンパ管を若々しく保つ3つのケア

リンパ管の機能低下を抑制・改善し、機能をサポートする効果のある3つのケアをご紹介します。

(1)栄養バランスの整った食生活を心がける

細胞の再生を促して体内を若々しく保つためには、十分な栄養摂取が不可欠。一気に体重を落としたいからと偏った食生活や極端な食事制限をしていると、細胞を再生する材料が不足して体内のはたらきが低下してしまいます。

リンパ管の機能を活性化させるためには、三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)を毎日バランスよく食べましょう。その上で、野菜や果物に含まれるビタミン・ミネラルや食物繊維を積極的に摂ることが有効。野菜は抗酸化作用が高く、体内の細胞を若々しく保つサポートをしてくれます。さまざまな色の野菜を食べることで、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取できますよ。

(2)マッサージでリンパの流れをスムーズにする

加齢によるリンパ管の機能低下を回避するのは至難の技。しかし、諦める必要はありません。リンパの流れを促し、老廃物を排出してあげる手助けをすれば良いのです。

おすすめはマッサージオイルを使ったリンパマッサージ。精油入りのものを使えば、アロマのリラックス効果も一緒に取り入れることができちゃいますよ。リンパ管の老化を抑制する食生活を実践しながら、マッサージによって直接リンパ管のはたらきをサポートすることで、すでにたるんでしまった二の腕や二重あごを改善することができます。

(3)睡眠をしっかりとる

細胞の修復や再生は睡眠時に行われます。十分な睡眠時間を確保しなければ、せっかく栄養をチャージしても細胞を活性化させることができません。やはり、栄養チャージと休養は美を育てる基本。ストイックになり過ぎずに、“癒す”ことも大切にしてくださいね。

リンパ管ケアで美しさをキープ!

二の腕のプルプルや二重あごを防ぐには、リンパ管のはたらきを高めることが大切。ぜひ3つのケアを実践して、むくみやたるみ知らずの美肌を実現させてくださいね。

【関連コラム】
ダイエットはしない!? 深田恭子に学ぶ“憧れボディ”の育て方2つ
2位「胸が小さい」1位は? 女性が悩むコンプレックスBEST3
過度なダイエットがもたらす深刻なリスク3つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする