2位「牡丹」、1位は? 女性がこの夏着たい浴衣の柄ランキング

デパートのセールが始まり、多くの方が夏服を買いに走っているのではないでしょうか。夏服が一通りそろったら、次は浴衣! そろそろお祭りの季節ですからね。今年の浴衣はもう決めましたか? 最近は伝統的な古典柄だけでなく、ブランドによる現代的な柄の浴衣もあります。選択肢がたくさんあって迷っちゃいますね。

ところで、浴衣の柄にはそれぞれ意味が込められているそうです。柄をお守りにしてデートに臨むのもいいかもしれませんね。なんとなく、色や全体の印象で選んでいる方も多いかもしれませんが、柄では何が一番人気があるのでしょうか?

そこで、恋愛jp女性読者のみなさまに、「今年の夏に着たい浴衣の柄は?」というアンケート調査を実施しました。結果をランキング形式で発表したいと思います。

150715ranking

女性に質問! 今年の夏に着たい浴衣の柄は?

だいぶ票数が割れましたが、上位5つの回答は下記になりました。

・1位:朝顔……15.38%(18人)
・2位:牡丹……13.68%(16人)
・3位:紫陽花……11.97%(14人)
・同率4位:菖蒲(アヤメ)……7.69%(9人)
・同率4位:芍薬(シャクヤク)……7.69%(9人)

※有効回答者数:117人/集計期間:2015年7月6日〜2015年7月13日

第1位:朝顔

もっとも多かった回答は「朝顔」で、15.38%(18人)という結果でした。

『清楚な柄を着ておけば、男性ウケは間違いない!』(20代女性)
『着飾って目立ちたいわけじゃないので、自分らしく主張しすぎない感じがいい』(30代女性)

朝顔は現代でもなじみのある花ですが、なんと江戸時代から愛されていたそうです。日本人のDNAに刻み込まれているのかもしれません。すっきりと爽やかな柄が浴衣らしく、清純派のイメージがあります。紺地に白抜きのシンプルな朝顔柄、なんて涼しげで素敵ですね。

朝顔の花言葉は、“愛情”“はかない恋”“固い絆”など。朝咲いて夜にはしぼんでしまう様子がはかなく、ツルがしっかりと巻きつく姿が絆を連想させます。

第2位:牡丹

2番目に多かった回答は「牡丹」で、13.68%(16人)という結果でした。

『母から譲り受けた浴衣が牡丹柄。かわいらしい感じなので、若いうちにたくさん着たい!』(10代女性)
『華やかでやわらかい雰囲気なので、デートのときに着たい』(20代女性)

“立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”という言葉があるように、牡丹は昔から美しい女性の象徴とされてきました。小さなつぼみから大輪の花を咲かせる様子から、幸福の象徴とも言われています。

牡丹柄は暖色系のものが多く、華やかで愛らしい印象です。おしとやかな朝顔柄より、若い方にも着やすいかもしれませんね。

第3位:紫陽花

3位にランクインしたのは「紫陽花」で、11.97%(14人)という結果でした。

『目立たないけれど華やかさもある。ちょうど良くかわいい』(20代女性)
『もともと紫陽花が好き。洋服にはあまり紫陽花柄がないので、ここぞとばかりに着ます!』(20代女性)

白地に淡い水色やピンクの紫陽花柄ですと、やわらかい雰囲気になりそうです。紫陽花の花言葉には、“移り気”“浮気”といったネガティブな意味もあれば、“元気な女性”“辛抱強い愛情”といったポジティブな意味もあります。花びらの色が変化していくことから“浮気”という花言葉がつけられたそうですが、よく道端で見かける身近な花だけに、ドキッとしますね。

同率4位:菖蒲(アヤメ)

4位にランクインしたのは、「菖蒲(アヤメ)」で7.69%(9人)という結果でした。

『憧れの柄。そろそろ背伸びせずに着られるかな?』(30代女性)
『絵に描いたような“日本人女性”が着ていそう。古風な感じがたまらなく好き』(20代女性)

菖蒲(アヤメ)は“しょうぶ”とも読むことから、“勝負強さ”、そして“礼儀正しさ(尚武)”といった意味があるそうです。菖蒲の浴衣を着こなせたら、和服上級者の風格を出せそうです。凛とした、手が届かない憧れの女性といったイメージがあります。

同率4位:芍薬(シャクヤク)

同じく4位にランクインしたのは、「芍薬(シャクヤク)」で、7.69%(9人)という結果でした。

『華やかさもあるけれど、牡丹よりは大人っぽく着られる』(30代女性)
『大きい柄のものを、色っぽく着こなしたい』(20代女性)

牡丹と同じく、美しい女性の象徴とされている芍薬。まっすぐ伸びた茎の先に花を咲かせるため、“立てば芍薬”と女性の立ち姿にたとえられています。また、夜に花びらを閉じる様子が恥ずかしがっているように見えることから、花言葉は“はにかみ”。華やかさだけでなく、奥ゆかしさもある花です。


いかがでしたか? 意外に華やかな柄だけでなく渋い柄も人気でした。単にイベント事にかこつけて着飾っているのではなく、古典柄で和の趣をたしなむ心もちゃんとあるようで、なんだか嬉しいですね。

柄に込められている意味を知ると、浴衣選びが一段と楽しくなるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連コラム】
【アンケート結果(1位〜17位)】女性に質問! 今年の夏に着たい浴衣の柄は?
2位「ピンク」、1位は? 女性の“モテる浴衣の色”ランキング
女性の“夏の悩み”ランキング…同率1位は毎年苦労するあの2つ!
2位「お祭り」1位は? 夏に行きたいデートスポットランキング
いらない肉ランキング…“女性が痩せたい部分”2位「おなか」1位は?

(文/恋愛jp編集部・佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする