酒豪でも“可愛い女”と思ってもらえる3つの心得

【相談者:20代女性】
こんにちは、私はお酒を飲むのが大好きです。飲み会やデートでも、大抵男性よりもたくさん飲んでしまいます。そのせいか、気になる人ができても、飲み友達にしか見てもらえなくて……。酒豪だと、女として見られるのは難しいのでしょうか

a 振る舞い方と、決め台詞を用いて勝負してみて!

こんにちは、飲み会専門家竹内レイです。

暑い日が続きますね。さて、私も同じような立場なのでお気持ちはよくわかります。そんな時は、女性だと意識してもらえるような振る舞いと、会話で「酒豪女」という印象を変えていきましょう。

はじめから強いお酒は控えよう

例えばデートで飲みに出掛けた時など、酒豪女性は最初から強めのお酒をオーダーしがち。最初の2、3杯はワインやカクテルなどの飲みやすいものからにしましょう。

始めから強いお酒を頼んでしまうと相手も、「合わせた方がいいかな」と感じる為、変にプレッシャーを与えてしまうかもしれませんよ。

飲み過ぎて、暴言を言わないように注意しよう

飲み過ぎてしまうと、ついつい普段は言わないような言葉が出てきてしまいます。そのために失言をして失敗する事がありませんか?

防ぐには、意識がなくなるまで飲んだりするのは友達の前だけにすると決めておきましょう。そのためにも、自分の限界を知っておく事が大切ですよ。

飲み過ぎても、聞き役に徹してみよう

お酒が入ると、楽しくなってきてしまうせいか、ついつい自分の事ばかりを話してしまいがち。男性は自分の話を親身に聞いてくれる女性に心を許します。

自分ばかりが楽しまないで、男性の話を聞き出す役割に徹してみましょう。一生懸命自分の話を聞いてくれる女性に対して男性は“けなげでかわいい”と思う人もいるそうですよ。

「○○くんといると、楽しくてつい飲み過ぎちゃう」と言ってみよう

ちょっと飲み過ぎてしまった時に使うと、酒豪女の印象が少し和らぎます。確かに、お酒をたくさん飲む女性は「友達」として勝手に位置づけられてしまいがちですが、この一言を加えると、あなたを女性として意識してくるようになりますよ。

「俺も楽しいよ」なんて返事をもらえばこっちのもの!


いかがでしたか?

最後の台詞は特に成功率が高いので、恥ずかしがらずに是非使ってみてくださいね!

●ライター/竹内レイ(飲み会専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする