別れもやむナシ! 「ここだけは許せない」と思う恋人の欠点3選

【相談者:30代女性】
私の彼は、子どもが嫌いだと言います。先日、共通の友人と一緒に食事をしているときに、彼の口から、「子どもは好きじゃない、むしろ嫌いだ」と言っているのを聞きました。正直ショックでした。まだ付き合い始めたばかりなので、特に彼と結婚等を考えているわけではないのですが、これ以上深入りしない方がいいのでしょうか? 教えてください。

a 結局みんな、“ここさえなければいい人”なのかも。

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

特に真剣な付き合いを意識していなくても、環境や状況的に、「あぁ、これで最後の恋なのかも」と思ってしまう女性の感覚はありますよね。いつでも、「これが最後の恋なら」と思いたいですもの。この人はいいなとか、いざ付き合うとなるとこの人はダメだなとか、そのボーダーラインはどこにあるのか、今回は男女問わずに取材してみました。

150709chihiro

(1)なんでもお金で解決する

『自分の部屋の家具一式をインテリアデザイナーに頼んでいたのは引いた』(30代女性/広告代理店勤務)

『彼女は掃除が嫌いで、一度注意したら、「だったら清掃サービス雇えばいい!」って怒られたときは意味が分かりませんでした』(20代男性/イベント会社勤務)

『「家賃は俺が払う、その代り俺の行動に何も口出しするな」。言っている意味わかっているのか?』(20代女性/大学生)

金銭感覚って人それぞれだと思いますが、それを他人に押し付けるのは良くないですね。色々な人がいますが、お金をかけるべきところと、お互いが思いやりを持ってやるべきことを話し合うことができればいいですよね。

(2)わがまま

『2回目のデートのとき、あれもイヤこれもイヤと言われてげんなりした。そこで自分が意見を言おうもんなら不機嫌になるし。ないと思いましたね』(30代男性/銀行勤務)

『クリスマスなのに、ダイエットをしていた彼はかたくなにディナーを拒否。一緒に特別なことを祝えないのは悲しかった』(20代女性/看護士)

『初デートで15分遅れたことを、デートの途中くらいから酔っ払い始めた彼にいきなり説教された。終わったことを根に持つタイプなんだなと思った』(20代女性/アパレル勤務)

付き合いはじめって、相手に良く思われたいと思って行動するものですが、時に最初から包み隠さず自分を出す人もいます。そこでハマらなければ、早いうちに知れてよかったとポジティブに捉えるのも考え方の1つでしょう。

(3)優柔不断

『いつもデートの予定がなかなか立たない彼に、しびれを切らして問い詰めると、当日まで私のデートと友達の飲み会のどちらにするかいつも迷っていたと言われ、あきれました』(30代女性/飲食店勤務)

『デート中、次に行く場所をどんなに提案しても空返事でどこにも行こうとせず、ずっと地元をドライブしていた。彼の行動がよくわかりませんでした』(30代女性/営業)

『友達だと言い張って元カノとの時間を大切にしていた彼、別れ話の最中にまでも元カノとLINEしていたのには、本当にキレました』(20代女性/OL)


いかがでしたか? 別れを考える人の基準はそれぞれですが、今回は特殊な人から、よくよく考えればなんでもない人まであげてみました。

結局、「これさえなければいい人なのに」ってよく言うように、親密な関係になると、どうしても欠点が見えてくることもありますよね。好きだったはずの部分まで欠点に感じる人もいるでしょうし。そういうときに、完璧な人と出会えるまで出会いや別れを繰り返すのもアリですし、1人の人とキチンと向き合い、より深い信頼関係を構築していこうとするのもまたアリ。人それぞれです。

相談者さんは、子どもが嫌いと言った彼の発言前と発言後で、見方は変わりましたか? 少しでも胸騒ぎや嫌な感じがしたのであれば、それは相談者さん自身の直感です。私の意見としては、もう少し様子を見てお付き合いを続けてもいいのではないかと思いますが、自分の将来設計や人生設計には、相談者さんの中で譲れるものも譲れないものもあると思います。

まずは自分の気持ちと向き合って、少しづつ彼との信頼関係を作り上げてみてはいかがでしょうか?

【関連コラム】
20kg増で別人に!? 激太りした彼女への愛が冷めそうな時の考え方
別れた後にモヤモヤしている女性へ贈る名言3つ
低収入の彼氏との結婚に迷った時の心得

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする