失敗なんてコワくない! 過去にとらわれずに次の恋愛へ進む方法3つ

【相談者:30代女性】
私は2年前に失恋して、そこから好きな人すらできないです。友達には「理想が高すぎる」と言われ、同僚には「ルールで決めつけすぎ」などと言われます。というのも、前の彼氏がバツイチだったのですが、色々うまくいかなかったことから、もうバツイチは絶対恋人候補にいれないと決めました。自分でも悪い癖だと思うのですが、一度失敗したことに対してもう一度トライする勇気が湧きません。なにかいいアドバイスをお願いします。

a やっぱり自分が一番かわいいものです! 幸せになるためのルールを見つけましょう!

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

失恋からなかなか次の恋愛に進めないのは、よくあることです。その上、相談者さんは自分でうまくいかない原因をよく知っていますね。そこで今回は、発想の転換のエピソードをいくつかご紹介します。

150702chihiro

(1)一度失敗したことがある人は、人に優しくなれる

『バツイチも別れ方によると思いますが、相手に対して寛容になれる人が多いと思います。かく言う私もバツイチですが、小さいことはあまり気にならなくなりましたよ』(30代女性/OL)

取材した彼女、前の旦那さんと別れた原因は、あまりにも束縛しすぎたからだそうです。自分が気にしているほど旦那さんはなにもしていなかったのに、常に自分の愛情と彼の愛情を比較しては落ち込んでいたそうです。しかし、その経験からか、現在は恋人に対して優しくなり、自分の気持ちと同じくらい相手の気持ちを信じようと思えるようになったそうです。

(2)開き直る

『最初は“好き好き”でも、慣れてくると相手の嫌なところが見つかって、「なんで自分ばかり」っていつも考えて、結局毎回、同じことの繰り返しです。でも、恋愛ってそういうものではないでしょうか?』(20代女性/コールセンター)

恋愛を大きなくくりで見ると、人が変わるだけで毎回同じことの繰り返しだと彼女は話してくれました。恋人がいないあいだはそのような考え方で、恋愛をすること自体に魅力を感じていなかったそうです。しかし、結局恋愛とはそんなもんだと思うと、小さなことでもドキドキしたり、人の魅力的な部分に気付けたりしたそうですよ。

(3)ルールはあってもいい

『自分をたくさんかわいがって、自分が幸せになるためのルールなら、いくつあってもいいのではないでしょうか?』(30代女性/保育士)

相談者さんの性格がそうであるなら、根本から覆す必要はないと思います。あえてその性格を利用して、もっと素敵なルール作りをしてみるのはいかがでしょうか? 人に褒められたら靴を買ってみるとか、人の魅力に気づいたらネイルサロンに行ってみるとか。つじつまが合わなくてもいいんです。自分ルールなのですから。


いかがでしたか? 発想の転換で状況なんていくらでも好転していくものだなと、今回取材してみて感じましたね。ほんの少し見方を変えてみると、自分の周りにはすごく素敵な人や環境があるのだと感じたり、不満を感じているのは実は自分だけじゃないと気づくことで、人に優しくなれたりするものです。

相談者さんは、今ガチガチに肩に力が入りすぎているのではないでしょうか? 自分で作り上げたルールに縛られて疲れてしまっては、元も子もありません。焦らずゆっくり、少しずつでいいので、頑張ってみてください!

【関連コラム】
“熱しやすく冷めやすい”恋愛ばかりしてしまう理由
おしゃれしたいけど“できない”女性の心理3つ
婚活で病む前にヤケクソでも結婚した方がいい理由3つ

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする