回し飲みも危険!? “キスだけ”でうつる病気と予防法

【相談者:10代女性】
このあいだ、友達から、「彼氏とキスしたせいで性病をうつされたかもしれない」と相談を受けました。性病は抱き合ったときにうつるものだと思っていたのですが、自信がなくて何も言えませんでした。キスで性病がうつることもあるんですか?

a 基本的には“キスでうつるもの”と認識しておくのがベター。

こんにちは、ライターの佐原です。

性感染症についての相談は、なかなか人にはしにくいもの。こうした相談を受けるのは、信頼されている証ですね。“わからないから答えない”という選択をしたこともステキです。

病気によって違いはありますが、ここでは、基本的な感染のポイントについてお伝えしたいと思います。

150629sahara

病気の感染経路にはいくつかの方法がある

病気が感染していく道のりを『感染経路』と言います。これにはいくつかの種類がありますが、特に生活の中で気をつけたいのは3種類です。咳やくしゃみなどで体液が相手の粘膜に触れることで感染する『飛沫感染』。飛び出た体液が、空気をわたって他の人に感染する『空気感染』。皮膚が直接触れたり、病原菌のついているものに触ったりして感染する『接触感染』。

性病・性感染症も他の病気と同じように、多くの場合はこの3つの方法で感染します。キスであれば、体液と皮膚・粘膜が触れることになりますので、感染する可能性は高いですね。こう書くと、あらゆる病気がキスでうつるようにも思えますが、HIV/エイズのように“血液・精液・膣分泌液・母乳が粘膜接触した場合のみ感染する”ものもあります。

『キス病』と呼ばれる病気もあります

様々な病気の中でも、特にキスや飲み物の回し飲みなどでうつりやすいと言われている、『キス病』と呼ばれる病気があります。『伝染性単核球症』という、ヘルペスの仲間であるEBウイルスに感染することで引き起こされるものです。

日本では3歳くらいまでのあいだに約70%の人が感染し、また思春期以降に感染すると50%以上の確率で発症すると言われていますが、基本的には自然に治ります。とはいえ、38度以上の熱が出ますし、肝機能に異常が発生してしまうこともありますので、「たいしたことない」とも言い切れませんね。

キスで病気をうつさない・うつされないためには

好きな人とするキスは、とても大切で幸せなものです。でも、病気になってしまっては、そんな気持ちも半減してしまいます。特に、気付きにくいタイプの性感染症にかかってしまうと、子どもが作れなくなったり、産めなくなったりしてしまうこともあります。

自分を守るためだけでなく、大切な相手に感染させないためにも、定期的に検査をしてきちんと予防したいですね。お友達にはぜひ一度、産婦人科に行ってみることをオススメしてみてくださいね。

【参考リンク】
伝染性単核球症(キス病)とは | STD研究所

【関連コラム】
フッた相手からストーカー被害を受けた時の対処法2つ
記憶とリンク!? 香りで元恋人を思い出してしまう理由
彼氏に性病をうつされたら「傷害罪」で訴えられるのか?

●ライター/佐原チハル(自由形恋愛専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする