恋は暗闇で進展!? 昼間にデートをしても友達関係から抜け出せないワケ

【相談者:10代男性】
高校のときから好きだった人と、最近やっと付き合い始めたのですが、なんか友達の雰囲気から変わらない感じがして。どうやったら彼氏彼女っぽい雰囲気で会えるか教えてください。

a 暗闇効果で友達から恋人へ。

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

友達から恋人への進展は、お互い気心が知れているというメリットもありますが、照れ臭さなどが手伝ってなかなか恋人らしい甘い雰囲気になれないというケースもよく見かけますね。そういったカップルによくあるのが、デートをしてもお昼ばかりであったり、夜に会っても賑やかな場所が多かったりというパターン。これも、照れくささからそういったシチュエーションを選びがちになってしまうのです。

今回は、心理学でいう『暗闇効果』を利用して考えてみましょう。

150625sayuri

暗闇効果とは

アメリカの心理学者ケネス・J・ガーゲンの実験で、興味深い結果が出ています。初対面の男女12人(男性6人、女性6人)を2つのグループに分け、1つのグループは明るい部屋に、もうひとつのグループは暗い部屋に入ってもらい、中での行動を観察したところ、明るい部屋に入った6人の男女はそれぞれある程度の距離を保ち、当たり障りのない会話で終わりました。

しかし、暗い部屋に入った6人の男女は、部屋に入ってすぐは明るい部屋の男女と同じ行動だったのですが、徐々に全員での会話が減り、カップルとなって個人的な話をしたり、体を寄せ合ったり、スキンシップがあったりと、親密感が急激に強くなったというのです。

お店選びのポイントは照明!?

デートのお店選びの際、味やサービスはもちろん気になるところですが、ついつい友達のころからのなじみのお店に行くようなことはありませんか? しかし、それでは友達の雰囲気から抜け出すことができません。暗めの照明で落ち着いた雰囲気のお店や、昼間でも映画館などがおすすめ。少しスリルのある映画を選ぶと、『つり橋効果』との相乗効果も得られるでしょう。

慣れた場所を避けるのもポイント

友達の期間が長ければ長いほど、待ち合わせ時間、待ち合わせ場所、利用するお店など、さほど考えもせず、つい慣れている“いつもの行動”に走ってしまいがちです。気心の知れた相手とだと、さほど考えなくても済む楽な行動をとってしまいます。

この大本にあるのが、「面倒くさい」という感情。長年付き合ったカップルや夫婦にもよく見られます。しかし、面倒くさがっていては、恋愛だけでなく何事にも進展はみられません。全てをいつものパターンから外してみてはいかがでしょうか。

【関連コラム】
初デートで一気に親密になれる話題10個
まずは大人数で! なかなかOKがもらえない相手をデートに誘う方法3つ
男女で違う異性間の友情に対する意識とは

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする