おねだり上手な女になるための極意3つ

【相談者:20代女性】
NINOさんの、『彼氏も思わずプレゼントしちゃうおねだり心理テク3つ』を楽しく読ませていただきました。マーケティングで色々な心理学のテクニックが使われていることや、知らず知らずのうちに店員さんに誘導されて買わされているということに驚きました。紹介されていた心理テクニックを使ってみようと思います!

ところで、おねだりをしているわけではないのに、男性からよくプレゼントをされる女性っていますよね。そういう女性のように、おねだり上手になるテクニックを教えてください。

a 彼への気遣いと感謝を忘れてはいけません。

こんにちは。恋ゴコロ専門家のNINOです。

おねだりに関する記事ですが、気に入っていただけたようで嬉しいです。やりすぎない程度に使ってみてくださいね。

さて、男性が思わずプレゼントをしたくなるような女性とは、一体どんな女性なのでしょうか。今回はおねだり上手な女性に取材してわかった、彼女たちがやっている鉄板テクニックを紹介します。

150624nino

おねだり上手になるための鉄板テクニック3選

(1)彼の懐具合を把握する

おねだり上手な女性は、欲しい物を片っ端からおねだりしているわけではありません。彼の懐具合をしっかり把握し、彼が無理せず出せる金額の物をおねだりしているのです。

そのため、いきなり100万円もするバッグをおねだりしたり、借金をさせて買わせたりするのはやりすぎです。あまりに高額な物をおねだりすると、「金目当てかよ」とドン引きされてしまいますよ。また、金銭感覚の違いを理由に、「別れよう」と言われてしまう可能性もあります。

(2)欲しい物をさりげなく彼に伝えておく

事前にさりげなく“欲しいアピール”をして、彼の脳裏に自分の“欲しい物リスト”を刻み込ませます。「これ欲しいな」「私に似合うかな」「もっと安くなったら買おう」などと、彼が一緒にいるときに言ってみましょう。そのときに、「買ってあげようか?」と言われても、「いいよ」と一度断ることがポイントです。欲しい物をすぐおねだりするような女性より、いったん我慢するような謙虚な女性の方が、男性は「買ってあげたい」と思うようです。

(3)感謝の気持ちを伝える

当たり前のことですが、プレゼントをされたら感謝の言葉に加え、「すごい嬉しい」「前から欲しかったの」などと、喜びを態度や言葉でしっかり伝えましょう。また、アクセサリーや時計などをもらったら、その場でつけてみるのもアリ。「すぐ使ってくれるなんて、よっぽど気に入ってくれたんだ」と思って、贈りがいがあったと感じてくれます。

プレゼントをもらってもお礼を言わなかったり、「もらって当然」という態度をしたりすると、あげた側は傷つきますし、今後何かをプレゼントしようという気もなえてしまいます。人の好意を踏みにじるようなことはやめましょう。

番外編:成功率約80%! 『おねだり機能』を使ってみる

斬新なギフトシステムとして、ネット通販業界が今注目しているのが『おねだり機能』です。人気下着メーカー『トリンプ』のWeb限定ブランド『desir(デジ―ル)』の通販サイトが始めたもので、支払いの際に“おねだり”ボタンを押して、おねだりする相手のメールアドレスを入力すれば、相手に支払いの依頼メールが送られるというシステムです。

彼氏や夫に、「これ欲しいから、お支払いお願いね♪」といった具合におねだりできるというわけです。この『おねだり機能』を使ったおねだりの成功率は、なんと約80%という驚異の結果が出ています! 『トリンプ』に限らず、『ZOZO』や『cosme.com』など様々な通販サイトがこの『おねだり機能』を使っているので、一度使ってみてはいかが? しかし、やりすぎると“金目当て”の“ずうずうしい女”と思われて嫌われてしまうので、おねだりはほどほどに。

【関連コラム】
彼氏も思わずプレゼントしちゃうおねだり心理テク3つ
ラブラブなのに彼氏がマメに連絡をくれないワケ
女性が彼からの愛情を感じるアプローチ・リスト10選

●ライター/NINO(恋ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする