ダイエットは不要!? ぽっちゃり女子がモテるコツまとめ

「今度こそ痩せてやる!」そう決意してダイエットに臨むものの、ついつい誘惑に負けて甘いものを食べてしまう……そんな女性は少なくないはず。でも、無理に痩せる必要もないのではないでしょうか。ぽっちゃり女子のままでも、モテる人はモテるもの。無謀なダイエットでストレスをためるより、ぽっちゃりを魅力的に見せるコツを学びませんか? 今回は、ぽっちゃり女子でもモテる方法をまとめてみました!

(作成:恋愛jp編集部・渡邉)


実は、男性はぽっちゃり女子が好き! その理由は?

150414nao

(1)抱き心地がいい

最も多かった「好きな理由」は、抱き心地がいいということでした。これは男女ともにわかりますよね。女性もガリガリの男子に抱かれるより、胸板が厚く、腹筋もほどよくあり、お尻がプリッとしている男性のほうが好きなのではないかと想像します。

(2)洋服の上から見える「シワ」がいい

男性のエロさがモロに出ている解答です。「シワ」……つまりデニムのお尻の部分に歩くたびにできる「シワ」とか、なんかそのへんのものを男子はしかと見ているとのことでした。お尻の部分の布が余っている……というのと比較したら、歩くたびに「シワ」ができる女性のほうが、どことなく色っぽいのかもしれません。

(3)母親のようにどっしりした感じがする

やっぱり……と感じる女性もいるかと思いますが、男子の多くは、最後は「母港=母親的なもの」にたどり着くと言えるかもしれませんね。

(4)一緒にごはんをおいしく食べることができる

この意見は、何人もの男性が熱く語っていました。モデルさんのような華奢な女性と食事をしても、サラダだけしか食べないとか、お酒を飲めないといったようなことになりがちですが、ぽっちゃり女子は、男性と一緒にたくさん食べてたくさん飲むので、一緒にいて楽しいのだそうです。あまり食べないけど、ぽっちゃり女子……という方には縁のない話ですが。

出典:男がぽっちゃり女子を好きな理由4つ

モデル体型のスリム女子より、ぽっちゃり女子のほうが好き! という男性、実はけっこういるようです。理由を見れば、なるほど、納得ですね! ぽっちゃりしていることをコンプレックスに感じる必要はなさそうです。

魅力的な“ぽっちゃり女子”になるためにはこの3つが大切!

150327nao

(1)上手におしゃれしている

太っているからという理由で、ファッションをおろそかにしているかしていないか。ここで大きな差が出ているようです。太っていたとしても、その体型に合わせて上手におしゃれして自分を魅力的に見せている女子はたくさんいますし、その努力を男性たちはちゃんと見ているようです。

(2)肌がつやつやしている

ぽっちゃりしていても、肌がキレイでピンとはっていると不健康な感じがせず、むしろ健康的に見えるもの。しわなどもなく、年齢よりも若く見えるメリットも! 肌のお手入れには力をいれましょうね。

(3)太っていることをコンプレックスにしていない

「自分はデブだから……」とネガティブな姿勢を見せず、むしろ太っていることをコンプレックスとして考えていないことはとても重要なよう! 体型についてネガティブなことを言われても反応のしようがありません。むしろ、自分のぽっちゃり具合を、「おいしそうでしょ?」くらいにネタにしている女子の方が評価は高いんです。

出典:デブでもモテる!? 魅力的な“ぽっちゃり女子”の特徴3つ

体型に関係なく言えることかもしれませんが、やはり魅力的な女性は明るく輝いているもの。おしゃれして、スキンケアをしっかりして、太っていることをネタにできるくらい明るく笑顔で過ごしていれば、間違いなくモテるのではないでしょうか。「どうせ私なんか」と暗い顔で過ごすのは御法度です!

森三中スタイリストに習う“ぽっちゃり女子”のおしゃれルール

150605kobayashi

(1)何系ぽっちゃりかを分析せよ

大島さんはがっちり系、村上さんは小柄、黒沢さんは上半身ぽっちゃり、なのだそう。自分が何系ぽっちゃりかを見つめるのが第一歩!

(2)デコルテのおしゃれで小顔効果

ネックレス、ストール、スカーフを上手に活用することで、ひきしまった印象を与えよう。VラインやIラインを作れば小顔効果に!

(3)ロングのアウターで縦ラインを出す

「まずインナーと膝丈スカートで1:1のバランスをつくります。その上からヒップが隠れるアウターを羽織って縦ラインを強調すれば、腰回りや太ももの大きさもノープロブレム! 明るい色をポイントにするとさらに◎」とSUSIEさん。

(4)上下のメリハリをつけてグラマラスに

トップスはゆったりめのドルマリンスリーブ、ボトムはタイトに。もしくは、トップスはインナーとアウターの重ね着でタイトラインを出し、ボトムをふんわり。体型に合った、メリハリをつけよう!

(5)露出を恐れない

隠したほうが安心する気持ちを封印し、どこかを一部分を露出するコーデを心掛けてみよう。効果的な露出は着やせ効果にもなる。

(6)カラー・柄を恐れない

カラーは膨張色、柄物は太って見えるなど、凝り固まった先入観は捨てよう。カラーや柄物を効果的に使えば、着やせ効果や自分らしいおしゃれになる。

出典:森三中スタイリストに学ぶ、“ぽっちゃり女子”のおしゃれ心得6つ

女性にとっておしゃれは大切。ぽっちゃりならではのおしゃれの心得を守れば、今よりきっとかわいく魅力的に見えますよ。自分にも自信がつくはずです。さっそく実行してみましょう!

おしゃれすることがダイエットにもつながる?

i47641

着やせは永遠のテーマ

無茶なダイエットに費やす労力を、自分の魅力を引き立てるおしゃれに傾けることは、おすすめです。「おしゃれする=体型を見つめる」ことにもなるので、自然なダイエット効果にもつながるでしょう。

毎日が楽しくなる、「あたしらしい」って言えるおしゃれを探してくださいね。

出典:森三中スタイリストに学ぶ、“ぽっちゃり女子”のおしゃれ心得6つ

ダイエットに費やす労力をおしゃれに傾けるというのは、非常にポジティブでいいと思います。「あとちょっとお肉を落とせば、あの服が着られる!」とワクワクしながらダイエットできたら、ストレスもありませんね。

日本で“ぽっちゃり”な人も、欧米へ行けば痩せて見える!?

150424coco

欧米のぽっちゃりの基準は、日本と一段階ずつずれている!

欧米諸国のぽっちゃりの基準は、日本と一段階ずつずれているのです。

日本でいう『ぽっちゃり体型』が、普通の平均体型と考えていただくと分かりやすいかと思います。日本で痩せ型であれば、欧米で「あれ? ちゃんと食べてる?」と思われる体型に、日本でおデブちゃん体型であれば、欧米で「ちょっと、ぽっちゃりね」という認識なのです。

出典:日本と欧米諸国で異なる“女子のぽっちゃり基準”

欧米諸国へ行けば、ぽっちゃりも全然気にならなくなるかもしれません。また、欧米では太っていても「グラマー」と魅力的な表現で捉えられます。太っていてもまるで気にせず、ヘソだしファッションで堂々と街を闊歩しているそうですよ。見習いたいですね!


“魅力的”に見せるためには、必要以上にぽっちゃり体型を気にせず、毎日おしゃれを楽しみながら生活することが大切。コンプレックスではなく魅力だと捉え、それを活かす工夫ができるようになれば、あなたも立派なモテ女子の仲間入りです♪

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする