湿気も怖くない! 梅雨時期のヘアケア方法まとめ

ただでさえ外に出る気が起きない梅雨の季節。髪がまとまらなかったら、もっとやる気をなくしちゃいますよね。この時期になると毎日髪を結んだり、伸ばしていてもバッサリ切ったりする方もいらっしゃるかもしれません。でも、正直、気候に振り回されず、好きな髪型をきれいな髪で楽しみたいですよね!

梅雨を楽しく乗り切るためにも、湿気に負けない髪がほしい! そもそも、髪が広がる原因って? 雨の日も晴れの日も美しくありたい女性のために、梅雨時期のヘアケア方法をまとめました。

(作成:恋愛jp編集部・佐藤)


湿気のせいじゃない? 梅雨のダメージの根本的な原因とは

141226sakagami

梅雨の時期の広がりは湿度そのものではなく、髪のダメージが原因です

ジメジメとした梅雨の時期。気分も滅入りがちなだけでもイヤなのに、髪がうねってスタイリングが決まらない……。よくあるお悩みですが、原因は湿度ではなく髪のダメージなんです。

「うねる髪=ダメージヘア」なんて悲しくなってしまいますが、正しい知識とお手入れで今からツヤ髪を取り戻しましょう!

出典:梅雨シーズンの“髪のうねり”を抑えるヘアケア方法4つ

雨のせいで髪がダメージを受けるのではなく、もともと傷んでいた髪が湿気に反応することで、ダメージが現れやすくなっていたのですね。原因の根本であるダメージヘアを解決できれば、梅雨も乗り切れるということです!

うるおいすぎもNG! 梅雨のダメージヘアの2大要因

150611matome

ダメージヘアのキューティクルは水分過多の原因に

髪はキューティクルを閉じたり開けたりすることで、水分量を調整しています。ダメージヘアでも、通常時は健康毛とさほど水分量は変わりません。

ただ梅雨時期になると、いつもより空気中に水分が増えますよね。健康毛であれば、その湿度に影響は受けません。

しかし、ダメージヘアのキューティクルは必要以上に水分を吸収して、その結果うねってしまうのです。

キューティクルを傷つける紫外線

肌にとって紫外線が大敵なのは、皆さんご存じのことと思います。

実は、髪にとっても紫外線は悪影響を及ぼすのです。紫外線はキューティクルを傷める原因になるので、日傘や帽子でしっかりとカバーするようにしましょう。

髪の毛用の日焼け止めスプレーも手軽で便利です。

出典:梅雨シーズンの“髪のうねり”を抑えるヘアケア方法4つ

普段の紫外線ダメージが積み重なり、梅雨にうねってしまうということは、一時のケアでどうにかなる問題でもなさそうです。やはり、日頃のケアも大切ですが、今からできることもあります!

日常のヘアケアで気をつけたいポイント2つ

150514haruna

トリートメントで髪に皮膜をつくる

キューティクルがはがれやすいのは根元10センチ以外の部分。

保湿効果の高いトリートメントを、根元10センチから毛先までたっぷりつけて保護してあげましょう。もちろん、リンスやコンディショナーでも平気です。

ブローの後は、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントでさらに保護すると効果的です。

こまめなブラッシングで髪の広がりを抑える

普段何気なく行っているブラッシングですが、髪の汚れを落としてくれるだけでなく、水分をまんべんなく広げてくれる効果もあります。

また、頭皮の皮脂も全体に行き渡らせることができるので、まとまり感のあるスタイルをキープできます。静電気が起こりにくい木製のブラシがオススメです。

出典:梅雨シーズンの“髪のうねり”を抑えるヘアケア方法4つ

普段はコンディショナーまでの人も、梅雨時期の特別ケアとして、アウトバストリートメントを取り入れてみるといいかもしれません。それにしても、ブラッシングが髪の水分に影響を与えているとは、全く意識したことがありませんでした……!

湿気に負けない髪をつくるブローテクニック

150507sayuri

(1)根元がしっかり濡れた状態でブローを開始

ブローで根元がしっかり立ち上がると、うねりやすい中間~毛先も収まりやすくなります。

髪のうねりは根元で決まると言っても過言ではありません。うねりやすい中間~毛先ばかりをしっかりブローしても、結局うねってしまうのは根元がしっかり乾かせていないからです。髪を指でかき上げてジグザグさせ、空気を入れながらブローするのがコツ。

(2)ドライヤーを上から当てて一気にドライ

広がりを抑えるように上からドライヤーを当てて乾かします。

キューティクルは根元から毛先に向かって重なっているので、その流れに沿って当てると髪も傷みません。一気に水分を飛ばして髪をパキっと乾かしたいので、風量が強いタイプを使いましょう。

(3)一度乾いた状態で、さらに乾かす

梅雨時期のドライのポイントは、“いかに水分を少なくしておくか”です。

普段よりも長めにブローしましょう。

(4)最後に冷風を当てて、キューティクルを引き締める

キューティクルが広がってしまうと、余分な水分を吸収してしまう原因に。

冷風はキューティクルを引き締め、スタイルを固定してくれます。

(5)ヘアスプレーで髪1本1本をコーティング

朝のスタイリングの最後に、固まらないタイプのツヤ出し系ヘアスプレーを軽く吹きかけましょう。

髪の毛1本1本をコーティングしてくれるので、水分が吸収されにくくなります。

出典:湿気で広がる髪を抑えるブローテクニック5つ

乾かしすぎると髪がパサパサになってしまいそうですが、美容師さんも念入りにブローしてくれますし、半乾きの方が傷みやすいとも聞きます。梅雨時期は特に、水分を飛ばすことが重要なんですね。

気分もリフレッシュ! ツヤ髪が手に入るアロマテラピー

150512ranking

アロマテラピーで、しっとり艶やかで美しい髪をゲットしましょう

用意するもの

・イランイラン精油……1滴
・トゥルーラベンダー精油……1滴
・ブロッコリーシードオイル……10円玉大(髪の長さや量に合わせて調節してください)
 

上記を混ぜれば、ナチュラルな髪の美容液の完成。ブローする前の髪(濡れてても乾いていてもOK)に、毛先を中心に塗ります。あとはいつも通り、ドライヤーを使ってスタイリングしてください。

ブロッコリーシードオイルは、天然のシリコンと呼ばれ、髪の毛にツヤを与え、うねりをなくし、しっとりまとまりのいい髪にしてくれます。くせ毛さんの多い欧米では、ヘアケア用オイルとして人気なんですよ。仕上がりが軽めのオイルで、髪の毛がべったりしないのもいい感じです。

ただし、独特のブロッコリー臭が強いのが難点。そこでイランイランとトゥルーラベンダーの精油を混ぜて香りを緩和しています。もちろん、精油には香り以外の効果もあります。

髪の毛が広がる原因はクセだけでなく、髪の毛の表面が傷んでいることも関係しています。イランイランやトゥルーラベンダーの精油には、傷んだ髪をケアして健康な状態に戻す働きがあります。さらにトニック作用もあり、髪にハリをもたらしてくれるんですよ。

クセがひどい場合には、シャンプー前に、この美容液を髪の毛全体になじませ、水で湿らせてレンジでチンしたホットタオルで頭を覆って、さらにシャワーキャップをかぶり、30分〜1時間ほどそのままにしておきます。それから普通にシャンプーしてください。

このヘアマスクをすると、リンスやコンディショナーを使わなくても、髪の毛がしっとりさらさらになります。週に1回するだけでも、髪の質がだいぶ変わる気がします。

タダでさえ憂うつな梅雨の季節、くせ毛で悩んでいる方は、ぜひ一度お試しあれ!

出典:梅雨に負けないツヤ髪を手に入れてモテる女になる!

アロマでリラックスでき、梅雨の嫌な気分も一緒に解決してくれそうです。オーガニックのケアにこだわっている人にもおすすめです。


髪に自信を持つことができれば、憂うつになりがちな梅雨も前向きに過ごせそうですね! この時期に最適なヘアケアを取り入れつつ、これを機に普段のヘアケアも見直せば、ダメージヘアのストレスから解放される日も遠くないかもしれません。まずは湿気対策を、そして、夏に向けて紫外線対策を。参考にしてみてくださいね!

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする