マジありえねぇ〜! 僕たちが思わず女性にドン引きした瞬間8選

【相談者:20代女性】
これまで仲の良かった男子が、いきなり冷たい態度に豹変してしまったことが過去にありました。自分では変わったことをしたつもりはないのですが……。何かでドン引きさせてしまったのではないかと、今でも不安です。男がドン引きする瞬間って、どんな場面なのでしょうか?

a ドン引き、その原因は悪い意味でギャップを感じさせる行動や発言!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

特に自分では何かしでかしたつもりはなくても、いきなり男子の態度や接し方が変わってしまうことって、たまにありますよね。しかも、なぜそうなったのかを伝えてもくれないし、雰囲気的に聞きづらいし。

男子は、女子の行動や発言に対してドン引きしてしまった瞬間から、態度を変えてしまうことがよくあります。このドン引きという反応には、重要なポイントが潜んでいるのです。

それは、悪い意味でギャップを感じさせる行動や発言こそが、ドン引きの引き金になっているということです。

ギャップというのは、もろ刃の剣。プラスに働くギャップは、その人の魅力をより引き立ててくれますが、悪い方に働いてしまうと、一気に好意を失わせる危険性もあります。

ここでは、女子のどんな行動や発言で男子がドン引きしてしまっているのか事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

150612tokiwa

発言編

『パッと見、性格が良さそうな女子が、同性の友達の悪口を言っているのを見ると、ドン引きしてしまいますね……』(30歳男性/営業職)

『「所詮、世の中お金だ」や「所詮、男は顔だ」といった発言は、基本的に男をドン引きさせますね。女子会の会話なんて、ほとんどがドン引きしてしまいそう』(29歳男性/プログラマー)

八方美人な態度を目の当たりにしてしまった瞬間。あっちの人にはこう言っていたのに、こっちの人にはこう言っている、という真実の姿を見てしまうと、正直、ドン引きしてしまいます』(35歳男性/営業職)

行動編

『頭が良さそうで、クレバーな印象を持っていた女性が、書類や資料などに文字を書く場面で、その文字が似つかわしくない汚さだったとき』(30歳男性/インストラクター)

『食事のときのマナーが悪いのを見てしまったとき。音を立てて物を食べたり、箸の使い方が下手だったり、ポロポロと食べ物をこぼしながら食べていたり、そういうところにけっこう幻滅してしまいます……』(29歳男性/コンサルタント)

『お酒を飲めなさそうな印象の女子が、男勝りに強い酒をガブガブ飲んでいて、しかも、飲むとキャラクターが崩壊してしまう瞬間。その時点で、ついて行けなくなります』(25歳男性/営業職)

番外編

『鼻毛が出ていたり、歯にネギが挟まったりしているのを見てしまったとき』(29歳男性/薬剤師)

口臭』(39歳男性/営業職)


男はどんなときでも、女子に対して、自分なりのイメージを持って接しています。

深く交流を続けることで、その漠然としたイメージがだんだんと鮮明になり、その人となりをしっかりと理解した上で付き合うことができるようになりますが、そうなるまでは、やっぱりイメージだけが頼り。

女子からすると、「そんな勝手な!」と怒られてしまうかもしれませんが、男のイメージを壊してしまうようなギャップは、マイナスイメージ、つまりは、ドン引きの対象となってしまうようです。

自分がどんなイメージを持たれているか知り、それを崩さないように生きていくなんていうことは至難の技であり、心が疲れてしまいます。

相手をドン引きさせないように、控えめに生きていくのではなく、1日でも早く、自分という人物像を知ってもらえるように、積極的なコミュニケーションを心がけてみるほうが、男性との出会いを楽しめるのではないでしょうか。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、ドン引きされる女性の言動について、「男性のイメージを壊すことがドン引きにつながる」という視点でアドバイスをいただきました。

「ドン引き」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

donbikituiki1

“ドン引き”の意味

誰かの言動によりその場の空気が悪くなったり、シラケるような空気感が生まれることを言います。もともとは、映画やテレビの撮影で対象から遠く離れて、ズームアウトすることからきているようです。

初めから印象が最悪というドン引きな状況もありますが、多いのは、良い印象を持っていた相手に対して悪い意味でのギャップを感じたとき。

想像していなかった言動に直面すると、“ドン引き”してしまう感情が引き起こされます。

ドン引きされる人の特徴

人からドン引きされてしまう男女に共通して見られる特徴として、“口が軽い”ということが挙げられます。

「内緒だからね!」と言って話されたことをバラしてしまうような直接的な行動はもちろん、このような人は、今では誰もが利用するSNS上などでの行動がどこかしら軽いという傾向も見られるため、地雷的な存在として認識されることが多いです。

また、市民権を得てきたように感じる“オタク”についても、恋愛対象だと思っていた相手から不意に伝えられると、男女ともにドン引きされるキッカケになるようです。

お互いオタク同士で、共通の趣味にできるような関係であれば何者にも代えがたい強い結びつきを生むかもしれませんが、一般的にはまだ敬遠される傾向が強いようですね。

こんな行動がドン引きのきっかけになります

女性のドン引き行動

女性の行動の中で、圧倒的なドン引き行動として挙げられるのがタバコ。自分は吸うという喫煙男性でも、交際相手の女性にはタバコは吸ってほしくないと思っているようです。

女性は出産などがあり、自分だけの体ではないということもありますので、こう考える男性が多いのも仕方ないのかもしれません。

また、年齢を重ねた30代以上の女性が、若い女の子へ強い当たりで接する態度もドン引きされるきっかけになります。ひがみのような姿勢は良く思われないでしょう。

それから、自分の年齢を顧みない若作り行動もNG! ミニスカやホットパンツはもちろん、ピンク系の服装も控えた方がいいかもしれません。

無理に若者言葉を使ったり、飲み会の席でテンションを上げすぎたりすると、余計に年齢を感じさせてしまうことになるでしょう。

特にこの年齢の女性に多く見られますが、必要以上に男性のハードルが高いことを言いふらすこともやめておいた方がいいです。「男は〜」というように、交際相手の条件いくつも取り上げて語っていませんか?

恋から遠ざかっている状況で口にしてしまうと滑稽にしか写りませんよ。

加えて、職場での言動にも要注意。服にシワや汚れがあったり、通勤中の電車内でお化粧直しをする姿を快く思う男性はいません。かといって、すっぴんで出社するなど女性を捨てたかのような行動も禁物です。

階段を使って移動するなど、快活な印象を持たれる工夫をするといいかもしれません。

男性のドン引き行動

男性がドン引きされる行動で多く聞かれたのも、女性と同じタバコに関する意見。

ただ、こちらはマナーに関することで、歩きタバコや断りなしの喫煙、ポイ捨て、子どもが近くにいるのに吸うなど、大人としてのマナーを持ち合わせていない喫煙者にはドン引きしてしまう女性が多いようです。

次いで多く見られたのは、自分を大きく見せようとする男性です。カッコいいと思って、無理にカタカナ言葉を使っている人はいませんか?

仕事ができる男に見られる可能性もありますが、勘違いして使っていることがバレでもすればドン引きされること間違いなしです。

そして、頼りない印象を与えるのもNG。男らしいと思っていた彼が、蓋を開けてみると、何でも母親に相談しないと決められないマザコンだったなんて話は珍しいことではないと思います。

爪を噛む、非常時にあたふたする、外食でクーポンばかり使うといった行動も頼りない印象を与え、こういった行動が原因で大好きだった気持ちが一瞬でなくなってしまう女性も少なくありません

donbikituiki2

ドン引きされる代表的なシチュエーションをピックアップ!

お部屋訪問でのドン引き

いざ交際がスタートし、初めてお互いの部屋に訪れるというドキドキのシチュエーション。

しかし、招き入れる方は素の自分を見られるようで恥ずかしさもありますし、訪れる方も恋人の部屋に行ってみたら想像していなかった一面を見せられて幻滅してしまうということも少なくありません。

男女ともにドン引きされる危険があるこの状況ですが、部屋に爆弾を抱えているのは圧倒的に女性が多いようです。散らかっている程度であればまだしも、あまりにも生活感が出ていると幻滅の対象になります。

たとえばむだ毛処置のアイテム。ついついそのままにして放置してしまっていたなんて人は多いと思います。

また、これは男性にも言えることですが、恋愛ハウツー本を放置するのもやめましょう。熱心に勉強する姿はかわいらしいものでもありますが、自分のパートナーがそれで勉強していたのかと知らされることほど気まずいものはありません。

さらに、洗面台が髪の毛だらけになっていたり、飲みかけのジュースが放置されていたり、“だらしが無い女”という烙印を押されてしまうと恋愛対象から外されてしまいます。

恋人、あるいは意中の相手が部屋に訪れる際は、ある程度事前の準備をして臨むようにしましょう。

メールやLINEでのドン引き行動

お互いの仲を深めるために使っていたはずのメールやLINEが、ドン引きのきっかけを引き起こすこともあります。特に多く聞かれるのが、LINEの既読機能に関わる問題。

いつメッセージを送ったのか細かな時間が一目で分かりますし、自分のメッセージが読まれたのかも手に取るように分かってしまうことから、「なんで返信しないの?」「○○時に送って返事がないのにFacebookには投稿してたね」など、探偵かと思うほどの探りを入れる人もいるようです。

当然、そんな行動をしてしまえば、恋心を抱いていた相手だとしても一瞬で圏外へと飛ばされてしまいます。

その他、急に赤ちゃん言葉を使ったり、構ってほしくて突然スタンプだけ送ったり、自分の愛情を伝えるために重すぎる長文やポエムを送りつけるという行動も、ドン引きの対象になります。

うまく使えばお互いの距離を縮められる優れたツールですが、そのぶん危険と隣り合わせでもあります。

SNSでのドン引き行動

実生活以上に人間性や行動マナーが問われるようになったのが、SNS上での言動です。顔が直接見えない分、少しのきっかけで大きなドン引きを引き起こすことにもなりかねません。

中でも、最も多く聞かれたドン引きシチュエーションが、“絶え間ない投稿”です。

自分の行動を逐一SNSへ投稿する姿を見ると、「暇なの?」と思わずにはいられませんよね。構ってほしいという気持ちが見え隠れするのも、あまり好ましく思われないようです。

また、女性の行動として、「wwww」などのネット用語を積極的に使う姿を見ると、幻滅されてしまうそう。

男性よりネットに詳しかったり、「もしかしてオタクなのでは?」と疑われたりといったことがあるため、こなれた雰囲気を出してしまうのは控えた方がいいでしょう。

反対に男性のNG行動としては、仕事が忙しいアピール寝てないアピール休日出勤アピールなどをわざわざSNSに書き込む姿に嫌悪感を感じる女性が多数。

「そんなことしてる暇があるなら仕事しろ」「その間に寝ろ」と言いたくなってしまうそうで、これらの言動は、SNS上に限らず実生活においても“かまってちゃん”な一面が垣間見え嫌われてしまいます。

他にも、公共の場であるSNS上のコメント欄でプライベートな発言をしたり、やり取りを終わらせたいと思っているのにいつまでもチャット的に投稿し続ける行動も批判の対象になります。

相手の気持ちを考えず、最低限のマナーが守れない人はドン引きされる可能性が高いでしょう。

donbikituiki3

これはセーフ! のボーダーライン

部屋のだらしなさはドン引きされる危険がありますが、少しの生活感はプラスに働くこともあります。

たとえば、脱ぎ散らかした服ではなく、毎日は洗濯しないようなパジャマがきれいに畳んで置いてある状況は、男心をくすぐることがあるようです。

また、一般的に“ダサい男”は好まれない傾向にありますが、これも程度の問題。タンクトップに短パン、冬にサンダル、ホストみたいな尖った靴など明らかに女性に好まれない服装は当然ドン引きの対象になります。

しかし、ちょっとぐらいオシャレに無頓着でも、むしろそれぐらいが母性本能をくすぐることがあるのも事実です。

危険が多いSNSでの行動も、悩みを抱えたような投稿をしている人に対して、おおやけのコメント欄ではなくプライベートメッセージで気遣いのメールを送るといった行動は好意的に受け取ってもらえます。

相手が何を望んでいるのか、想像力を働かせて行動しましょう。


「ドン引きされる人の特徴」や「それぞれの代表的エピソード」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

無意識の行動でドン引きされてしまったという経験のある人もいるかと思いますが、こうやって見てみると、少しの心掛けで防ぐことができるものばかりだと思います。一度つかんだ相手の心は、離さないようにしたいものですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (25)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする