見逃さないで! むくみが知らせる体のSOSサインと改善法3つ

【相談者:20代女性】
朝起きたときの顔のむくみや、夕方の足のむくみが気になります。特に、顔のむくみには毎朝がっかり。外出するのが恥ずかしくなってしまいます。小顔矯正も考えていますが、時間とお金が足りません。自分でむくみを解消する方法はありませんか?

a むくんだ体が伝えるメッセージに耳を傾けて!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

むくみは体のSOSサイン。手足や顔がむくんでいるのは、「疲れているよ」「癒してよ」というメッセージなんです。「むくんだ顔じゃ外出できない……!」なんて小顔矯正に駆け込んでも、してもらえるのは“応急処置”だけ。そのときはリンパが流れてほっそりするかもしれませんが、むくんでしまった原因が解消されないのでは、明日からまたむくんだ顔に悩まされてしまいます。

毎日の工夫でむくみにくい体質を育てるには、むくみを引き起こしている生活習慣に気づいて、“むくんでしまった原因(不調)”をなくしていく必要があります。むくみは体の不調を知らせてくれるこんなサインだってこと、知っていますか?

150612Nao

(1)「冷えてるよ」のサイン

体が冷えると、体内のはたらきが弱まります。すると、血液やリンパの流れが悪くなって、隅々まで栄養が行き渡りにくく、老廃物がスムーズに排出されにくくなってしまいます(老廃物が排出されずにとどまることで、“むくみ”状態に……)。

「暑いから」と冷たいものばかり食べたり、冷房の効いた部屋で長時間過ごしたりしていませんか? そんな場合のむくみは、「冷えてるよ」のサイン。体内が冷えきっていると、スムーズに活動してくれません。手先や足先が冷たく、体内のめぐりが悪いなと感じた場合は、(暖かい季節でも)スープやハーブティーなどの体を温める飲み物をチョイスする習慣を大切にしてくださいね。辛い味付けも、体を内側から温めてくれるためおすすめです。

(2)「癒してよ」のサイン

仕事で疲れた翌日や、睡眠不足のときほど、むくみに悩まされやすいですよね。長時間のデスクワークは体液のめぐりを停滞させてしまいますし、ストレスや疲労がたまっていると、体内のはたらきが弱まってしまいます。

仕事を詰め込み過ぎたり、リラックスする時間やゆっくりと眠る時間を取っていなかったりした場合のむくみは、「疲れたよ」「癒してよ」のサイン。ストレスを発散させたり、じっくり休養をとったりして、弱まった体内のはたらきを復活させる必要があります。

楽しんだり癒されたりする活動ができているか、睡眠時間は十分かを見直してみてください。入浴中にヘッドマッサージやリンパマッサージをしてほっこりしたり、散歩(ウォーキング)やスポーツなどで体を動かして、体のストレスを発散させたりすることも、体内のめぐりを良くする効果抜群ですよ。

(3)「栄養バランスがおかしいよ」のサイン

ダイエットのために過度な食事制限をしたり、ゆっくりと食事をする時間がないからとお菓子や菓子パンなどで食事を済ませたりしていませんか? 体内のめぐりをスムーズにするエネルギー源は、食事から吸収した栄養素。普段からバランスよく栄養を摂取していないと、体内の機能が衰えてしまいます。

コンビニ弁当やカップ麺などの“加工食品”ばかり食べている場合や、ファストフードやファミレスなどで外食をすることが多い場合は、濃い味付けによって、塩分や添加物を過剰に摂取している可能性があります。塩分の取りすぎはむくみのもと。やはり、自然の食品や自炊を積極的に取り入れることが大切です。

むくみ解消には、余分な水分を排出するカリウムが豊富な野菜や果物、海藻類を積極的に食べるのがおすすめ。炭水化物やたんぱく質をしっかりチャージした上で、上手に取り入れてくださいね。

SOSサインに敏感になろう

むくみは体内の不調を知らせてくれるサイン。外側から無理やりたまった老廃物を絞り出す工夫をする前に、疲れきった体を癒す工夫を取り入れましょう。むくみを引き起こしている原因にアプローチすれば、小顔矯正など不要な、“むくみ知らず”体質になることができちゃいます。相談者さんのむくみは、体にどんな負担をかけて起こってしまったのでしょう? まずは体からのサインに耳を傾けて、日頃の生活を見直してみてくださいね。

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする