仕事で忙しい彼をイライラせずに待つ方法3つ

【相談者:30代女性】
彼と付き合いだして2か月ほどです。彼は割と忙しい職種の会社員で、急に仕事が長引くことも多いです。そこは理解しているつもりなので、ある程度は気にならないのですが、なにか約束事をしている日に遅れるときは、正直イライラしてしまいます。

彼が悪いわけじゃないのはわかっているし、待つのが嫌ならほかに予定を入れればいいのですが、会いたくないわけじゃないので、結局待っています。この間は、すぐ出られるようにスタンバイしていたら、結局4時間、家でなにをするわけでもなく、ただ彼を待っていました。

本当は、彼に笑顔で、「お疲れ様」って言いたいのに、どうしても待っている間にイライラしてしまうのです。どうしたらいいのでしょうか?

a イライラする結果を選択しているのもアナタです。“待つ”という概念をもたないで。

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

激務な彼、理解しているつもりでも、いつしかそれを“我慢”に感じてしまうんですよね。「なんで自分だけ」とか、「いつも自分ばっかり」とか。彼のことを好きすぎるあまり、いつになるかわからないのに夜中まで待っていたり、それが次の日の仕事に影響してしまったりすると、「昨日彼とあんな遅くから会わなきゃ良かった」なんて思いかねないですよ。そんな相談者さんにアドバイスをいくつか。

150611chihiro

(1)自分で待ち合わせ時間を決める

『待ち合わせに遅れそうと聞いた時点で、自分のやりたいことを優先する。やりたいことの時間配分で、改めて彼との待ち合わせ時間を決めます』(20代女性/秘書)

たとえば、彼が30分遅れるなら、30分もしくは1時間以内で終わる用事をこなしましょう。それは家事でもOKですし、仕事関係でもいいでしょう。録画していたドラマを1本観るのもアリですね。

ただただ待つことほど、時間が過ぎるのを遅く感じることはないです。しかも、相談者さんが先ほど言っていたように、30分が1時間、1時間が2時間になってしまう可能性もあるなら、自分のやりたいことを優先する方が賢明だそうです。

(2)“待つ”という意識を捨てる

『単純に仕事が終わるのが彼の方が遅いからと言って、彼を“待つ”必要があるの?』(20代女性/化粧品販売員)

彼に自分のアフター5を支配される必要はないと、取材した彼女は話してくれました。たとえば、仕事終わりに彼と会えるのが4時間後だとしたら、アナタは友達とお茶をしようとでも思いませんか? その方が時間も早くすぎるし、別に友達を彼を待つ時間のアテに使っているわけでもないのです。

これは、相談者さん自身のタイムコントロールの問題です。友達と会う前に、断りを入れておけばいいと思います。

(3)選択しているのは自分だと受け入れる

『イライラするぐらいなら、待たなければいい。待つという選択をするからイライラするのだと思うし、そうであればすごい悪循環ですよね』(40代女性/飲食店)

2時間待った後に、彼にもう1時間ぐらいかかると言われたら、さすがにウンザリすると思います。しかし、それでも待つと決めたのは相談者さん自身ですよね? そこで、「今日はナシにしてまた次にしよう」って彼に提案することもできるのに、そうしないと相談者さんが判断したのです。

イライラするのは仕方のないことですが、それを彼にぶつけるのもおかしな話です。アナタがそれでも待つと決めた時点で、彼からすれば、「会って楽しい時間が過ごせる」と思っているのだから、会った瞬間にアナタがムスッとしていたら、きっと混乱してしまうでしょうね。


いかがでしたか? 今回の相談について、私の意見としては、3つ目のアドバイスを徹底した方がいいかなと感じました。まず考え方を変えれば、自然と行動が伴っていきますので、彼を待っているという意識を変えてみましょう。

そして、もう1つアドバイスをすると、彼もアナタと同じぐらい会いたい気持ちを我慢して、仕事をしていることを忘れないでほしいです。アナタと会いたくないから残業しているわけではないのは、十分知っていますよね? そうであれば、もう少し彼に対して優しい気持ちをもちましょう。

どうしても何かにイライラをぶつけたいとしても、ストレートに彼にイライラをぶつけられるでしょうか? そんなことをして、結果がどうなるかは目に見えていると思いますので、ここはまず、ゆっくりでもいいので意識から変えていきましょう。頑張ってください!

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする