両親の○○でわかる!? 婚活で自分と相性ピッタリの異性を見極める方法

【相談者:30代男性】
婚活をしているので、自分がどんな性格の人と合うのか知りたいです。会社勤務で、事務経理をしています。几帳面で、人前では目立つことはなく、自分は草食系だと思っています。

a 恋愛のスタート時は、自分にないものを持っている人に興味を持ちます。

ご質問ありがとうございます。婚活塾、塾長の藤田サトシです。

お互いが自分にないものを持っていると、相性がいいという例があります。これを、恋愛心理学において、『相補性』と言います。

特に女性の場合、子孫を進化させるために、自分にない性質を持ったDNAを取り込もうという無意識の働きがあると思われます。これは、ダーウインの進化論にもシンクロしますが、自分と同じレベルのDNAを取り入れたとしても進化しないので、交配する意味がないわけです。

自分と同じレベルの男性と結婚しても、産まれてくるであろう子孫の、生き延びるための環境適応能力は上がらないわけであり、そんな男性は、女性のDNAが無意識のレベルで拒否すると思われます。

たとえば、学歴のない人は、高学歴な人に魅力を感じます。学歴のある人は、相手の学歴にはこだわりをもたず、その代わり、相手に別の能力を求めてきます。たとえば、身長が低い人は、高い人に魅力を感じます。

これが、よく出会ったときに感じるという、「ビビビときた」の正体である可能性が高いです。お互いが、相補性のある相手にビビビと来た場合、交際に至る可能性が高まります。

150610fujita

相互依存(ビジョン心理学)ができればお互いが繁栄できる

『相補性』とは、お互いが持っていない能力を補い合うものですが、これを『相互依存』と呼ぶこともあります。人類は、多くの場面において役割分担ができている生物であり、このことは、恋愛においても、夫婦間においても当てはまります。

性格面においては、『エゴグラム』という性格診断の側面からも説明がつきます。人の性格のタイプの1つに、血液型にたとえると、B型タイプのようなものがあります。社交的でリーダシップを取ろうとし、仕事は営業職に就く場合が多く、アバウトで、お金の管理が苦手で、イソップ物語の『アリとキリギリス』にたとえると、キリギリスに相当します。

対局に、血液型にたとえるとA型タイプのような性格があります。多くの場合、コミュニケーション能力は高くはなく、従順で、細かな作業が得意で、倹約家です。『アリとキリギリス』のアリに相当します。

どちらの性格が良いか悪いかということはありませんが、もしこの2人が一緒になり、お互いのよい性格を尊重し合えれば、自分の弱点を補える理想的な関係を築き上げることができるでしょう。片方がリーダシップを取ろうとしますし、もう片方はついていこうとするわけです。

電気のプラスとマイナスのように、相性がピッタリと合うのです。ビジネスにおいても、役割分担という視点から、営業担当と事務経理担当となるわけですから、2人で起業ができると言えなくもないのです。こうした組み合わせこそが、1プラス1が、3にも4にもなる組み合わせです。

『エディプスコンプレックス』から見る相性

『エディプスコンプレックス』とは、自分の異性の親に、理想の異性の原型があるというものです。ここから、お互いの相性を容易に見抜くことができます。これは、無意識のうちに本人だけに見えている世界であり、あまり自覚がないのが特徴です。

たとえば、女性の父親がヤンキーだったら、ヤンキーの男性に魅力を感じるものなのです。あなたがヤンキーであれば、うまくいくということになるわけです。父親が亭主関白だったならば、強い男に魅力を感じます。あなたが亭主関白を目指していれば、うまくいくはずです。もし、父親が草食系なら、草食系の男性が理想になります。草食系と自覚しているあなたと、うまくいく可能性が高まるわけです。

これは、男性側にも当てはまります。家庭でリーダーシップを発揮する母親を持ち、それに反発せずに生きてきた男性は、主導権を握ろうとする女性とうまくいくわけです。こういったことがお互いの側から見てうまく合致したときに、相性がいいと判断できます。

類似性のある『夫婦原型』

人には『夫婦原型』というものがあります。これは、自分の両親を無意識のレベルでまねていく、というものです。互いの両親を見れば、結婚したときの相性がわかります。夫婦原型は、どんな人にも深く刻み込まれているものなのです。

たとえば、父親が会社経営者で、会社の事務経理を母親が手伝っていたとしましょう。幼少時代から強く刻まれてきているわけですから、それを原型と考え、無意識のレベルでほぼ同じような夫婦環境をつくろうとするのです。相手の家庭環境も同じであれば、お互いがピッタリ合った家庭を築き、争いが起こりにくくなります。

同様に、公務員の父親と、専業主婦の家庭も同じことが言えます。お金の使い方も堅実ですし、毎日、母親がしっかりと料理をするはずです。お互いが同じ環境の家庭であれば、理想として描く家庭がほぼ同じなので、自ずとトラブルは起きにくくなるのです。

もしも、女性の両親の力関係が、母親の方が強かったとしましょう。この女性は、自分の方が強い夫婦をつくろうとするのです。同様に、男性の両親の力関係も母親の方が強ければ、それが普通の家庭と考え、そのように振舞おうとするのです。こういった人同士が出会えば、うまくいきます。相手の異性の親の性格と職業、その両親がどのような家庭をつくっているのかを見れば、自分との相性を知ることができますよ。

●ライター/藤田サトシ(婚活塾 塾長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする