ジューンブライドに贈る! 結婚式にまつわる幸せを呼ぶジンクス3選

6月といえば『ジューンブライド』ですよね。6月に結婚する花嫁は幸せになれるというこの説はヨーロッパから伝わったものですが、日本でも知らない人はいないというほど有名な話です。

ジューンブライドの由来といえばいくつかあるようですが、中でも最も知られているのが、結婚生活の守護神であるユノ(ジュノー)から来ているという説。ユノはローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻で、幸せな結婚生活が送れるよう見守ってくれる女神様です。そんな彼女の名前が6月(June)の由来となり、6月に結婚した花嫁は幸せになれると言われるようになったのだとか。

そんな伝承のおかげで、日本でも6月に結婚式を挙げるカップルは多いようです。そこで今回は、ジューンブライドをさらに幸せにしてくれる(かもしれない)、結婚式にまつわる縁起がいいとされる言い伝え・ジンクスについていくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

150603entame1

(1)サムシングフォー

古くからイギリスに伝わる言い伝えで、結婚式に下記の4つのものを身につけると幸せな結婚生活を送れると言われているそうです。

・サムシング・ニュー(新しいもの)……新しい人生の幸せを意味します。
・サムシング・オールド(古いもの)……親や先祖から受け継がれた幸せを意味します。
・サムシング・ブルー(青いもの)……聖母マリアのシンボルカラーで、純潔を意味します。
・サムシング・ボロード(借りたもの)……友人など周囲の人たちから援助されることを意味します。

日本でも、結婚式でこの4つを身につける花嫁さんは多いですよね。ちなみに、サムシング・ブルーはあまり人目につかないところに身につけるそうです。

(2)ライスシャワー&フラワーシャワー

挙式終了後、教会から出てくる新郎新婦にお米やお花をまいて祝福する風景を見たことがありませんか? お米やお花をまくことにもちゃんと意味があるんです。

『ライスシャワー』は、“豊穰と子孫繁栄”のシンボルであるお米を新郎新婦へふりかけることで、豊かな人生と子宝に恵まれることを祈る意味があるのだそう。一方、『フラワーシャワー』は花の香りで周りを清めて、邪気から新郎新婦を守るという“魔除け”の意味があるのだそうです。

(3)雨の日の結婚式

6月といえば梅雨シーズン。湿度が高く、ジメジメ蒸し蒸しする季節。ただでさえ憂鬱になりがちなところで、結婚式当日が雨だったら、テンションも下がってしまいますよね。しかし、ご安心を。雨の日の結婚式は逆にハッピーなのだとか。

フランスには、「Mariage pluvieux mariage heureux」ということわざがあり、これを和訳すると、「雨の日の結婚式は幸運をもたらす」という意味になるのだそうです。なんでも、新郎新婦が流す一生分の涙を神様が代わりに流してくれているのだとか。さらに、神様が雨に天使を乗せて二人の結婚を祝福してくれるそう。

また、中国でも、「雨龍(あまりょう・あめりゅう)は縁起が良い」という言葉があり、結婚式で雨が降ると新郎新婦が神に祝福されたことになり、幸せになれると言われているそうです。


いかがでしたか?

他にも、結婚式には幸せを呼ぶさまざまなジンクスや言い伝えがあります。挙式中に何気なく行っていること一つひとつにも、大切な意味が込められているのです。

めでたくジューンブライドになられる方、6月に友達や知人、親族の結婚式に参加される方は、この機会に結婚式にまつわるいろいろなジンクス・言い伝えを調べてみるのも面白いかもしれません。

6月の雨が、たくさんの花嫁さんを幸せにしてくれますように♪

【参考リンク】
『6月の別名水無月の由来とジューン・ブライドの由来』 | RICOH Communication Club

(文/恋愛jp編集部・渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする