女性の本音がわかるメールの内容5パターン

【相談者:30代男性】
先日お見合いパーティーでマッチングした方と、2回デートしたのですが、最近忙しいとのことで、3回目のデートができないまま2週間が経過しております。職場も理系で男性ばかりですし、女性の友人もいないので、女性心理が分からないのですが、女性が忙しいという場合はただ待つしかないのでしょうか。

a メールから女性の本音を読み取って判断しましょう。

ご相談ありがとうございます。イイ男を養成する結婚相談所・良縁みなみ会の代表みなみようりです。

女性の本音はどこにあるのか? 男性と女性は脳も違うし、分からないですよね。当会員でもこういうケースが多々ありますので、参考までに、女性からのメールと本音についてお伝えいたしますね。

150608minami

(1)良い反応の場合

・楽しかった
・ありがとう
・また会いたいです
・こんどは○○に行きたいです

良い反応の場合は、未来について書かれているので問題ありません。

(2)ネガティブ反応の場合

・お疲れ様
・機会があったら
・時間ができたら
・こちらからまた、ご連絡致します
・今度みんなで会いましょう

ネガティブ反応の場合は、終息に向かうような表現が使われます。「機会があったら」はビジネスでも社交辞令としてよく使いますが、デート後に、「機会があればまた食事でも」と言われた場合は、「機会がなければ行かない」という意味。「こちらからご連絡する」という言葉は、「あなたからは私に連絡しないでね」という意味です。

(3)「体調不良」と言われた場合

体調不良と言われてしまったら、こちらも無理強いできないので何も言えません。本当かどうかはわかりませんが、あたたかい気遣いメールを送りましょう。

(4)「忙しい」と言われた場合

女性にも仕事で忙しい方はたくさんいますが、忙しくても好きな人には時間をつくります。

(5)休日の夜に会ってくれない場合

婚活している方にとって大切な日と時間は、下記の順番です。

(a)休日の夜、または休日の昼から夜まで
(b)週末の夜
(c)平日の夜、休日の昼間

今まで休日の夜に会っていたのに、平日の夜、休日の昼間になってしまった場合は、優先順位が低くなってしまった可能性大。ただし、例外として、お会いするときに過ごす時間が長ければ長いほど、親密度が高いです。一度お相手のテンションが落ちてしまったときに誘う場合は、ハードルが低い短時間のお茶やランチから様子を見ましょう。


男性と女性では、恋愛において気持ちの盛り上がりのピークに差があります。男性は気持ちが急激に高まりますが、女性は、初期はなだらかに盛り上がっていきます。お見合いで交際中になっても、お相手が自分に対して前のめりになっていない場合は、あまり熱心にいかないほうが良いでしょう。

恋愛経験が少ない方は、両思いになる前に自分の感情をお相手にストレートに伝えてしまいがちです。女性は男性に対して包容力を求めているため、気持ちが盛り上がっていないうちに、「会いたい」「好きです」と言われても重荷になり、交際を終了させたくなります。

当会でも、結婚されていく男性会員は、お相手の女性会員の相談室の仲人さんから、『もう交際3か月ですけど、プロポーズする気はありますか?』とアプローチが来るような方です。うまくいかないケースに多いのは、男性が前のめりになり先を急いでしまうこと。

女性と男性はそもそも違うということを理解して、メールから女性の本音を読み取ってくださいね。ご質問者様の楽しい人生を応援しています!

●ライター/みなみようり(男性向け婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする