勢いが大事! 婚活で病む前にヤケクソでも結婚した方がいい理由3つ

【相談者:20代女性】
婚活に疲れています。もうやめたいです。結婚相談所に入会して1年、30人以上の人と会いました。もともと理想が高いほうであることは自覚していましたが、結婚相手と出会うことが、これほど大変だとは思ってもみませんでした。

たくさんの人と会って、お金も時間もたくさん使いました。精神的にも、もう限界です。それでも、既婚の友達の幸せそうな顔を見ていると、結婚をあきらめることがどうしてもできません。

このまま活動を続けていくと精神を病んでしまいそうです。少しでも楽になれるよう、アドバイスをいただけますと幸いです。

a “ヤケクソ感”をもって結婚しちゃったら!?

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

このコラムでは、私の友人である“合コンは常に一人勝ち、10代のころから彼氏が途切れたことのない最強のモテ女”Tさん(現在アラフォー)と、ディスカッションの上で、皆様からのご質問に回答させていただいております♪

Tさん:「こういう質問者さんには、“頑張れ!”って言ってもダメだよね。というか、無駄だよね?」

山本:「それを言っちゃあオシマイだけど。私の仕事、なくなっちゃうし(笑)」

Tさん:「じゃあ、励ますのは結子に任せるとして。質問者さんは考え方を切り替えるべきなんじゃないかなぁ……。結婚について、難しく考えすぎなんだと思う」 

山本:「もっとシンプルに?」

Tさん:「そう。“誰でもいいから、次に出会った人と結婚する”っていうくらいの覚悟とイキオイというか、ヤケクソ感をもってみたらどうかしら!?」

150604yamamoto

“ヤケクソ感”をもって結婚しちゃったほうが良い理由

(1)うまく行くかどうかなんて、結婚してみないとわからない

いくら結婚前に悩んだって、結婚してみないと、実際にどうなるかなんてわからないのです。なぜなら、結婚後に起こる問題の多くは、“嫁姑問題”“親戚づきあい”“子育て”など、独身のときには漠然と想像することしかできない部分で起こるからです。つまり、“お試し”ができないのです。実際に問題が起きてから悩むしかないのですね。

(2)欠点があるくらいの人とのほうが、幸せになれる

容姿も能力も性格も、全て完璧な人と結婚できたとします。周りから、「なんであの素晴らしい人にあの嫁が……」と思われたり言われたりして、窮屈な思いをすることになるかもしれません。いえ、きっと、そうなります。それよりは、「あの人にはもったいないほど素晴らしい嫁」と褒められたり、感謝されたりするほうが、幸せではないですか?

(3)悩んでいるあいだにどんどん年をとって行く

女性にとって年齢は1番大切な“財産”。婚活市場では、年を重ねるごとに、男性と出会うこと自体がだんだん難しくなっていきます。あとから「もっと謙虚になっておけばよかった」と悩んでも遅いのです。


Tさん:「どうせ、3人に1人は離婚すると言われている時代だよ? だからこそ、“とりあえず結婚してみるか。ダメなら別れればいいし”と思って結婚してみるのもアリだと思うんだよね」

山本:「“一生添い遂げる”のが当たり前だった時代とは、確実に変わってきていますね。女性が仕事をもって、強くなってきたのが要因の1つ。実際に既婚者に話を聞いてみると、意外と“なんとなく”結婚している人って多いんですよ(笑)。そうでもなきゃ、なかなか決断なんてできないよね」


なんとなく結婚して、気がついたら一生一緒にいた、というのも1つの理想形ではないでしょうか。相手に足りないところがあるのなら、自分が補うという意識も必要。自分は選ぶ側であるだけではなく、選ばれる側でもあるということにも意識を向けてください。

大丈夫です。きっといいお相手が見つかりますよ! 心から応援しています。

●ライター/山本結子(婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする