原因はアナタ!? 彼氏をダメ男にしてしまうNG行動3パターン

【相談者:30代女性】
私が彼と付き合ったのは、彼からのアプローチもありますが、周りからも評判が良く、変な話ですが、共通の友人である彼の元カノからもオススメされたからです。しかし、付き合ってみると、家事は手伝わないし、家の掃除もやらない、仕事もいつの間にか辞めてしまい、最近は彼氏というよりもなんだか居候みたいになっています。

そして最近、私の元カレが新しい彼女と結婚したと聞きました。私と付き合っていたころは、ギャンブル・酒好きで、それに耐えられなくなって別れたのに、今ではそれらを全てやめ、真面目で良い旦那さんなのだそう。

人は相手によって変わるのでしょうか? そうであれば、私の何がダメなのでしょうか?

a 尽くすとダメになっちゃう人を好きになっていない? 変えるべき点は2つですね。

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

付き合った彼氏が豹変するという話はよく聞きますが、今の彼が悪い方に変化し、元カレが他の人と付き合っていい方に変化するというのは、やはり相談者さんにも多少なりとも原因があるのでは? と思ってしまうのも無理はないですね。相談内容からも、相手に尽くしてしまうタイプなのかなぁと思います。そんな相談者さんにアドバイスをいくつか。

150604chihiro

(1)ただ尽くすのと、相手のために尽くすのは違う

『尽くしている自分が好きなのか、本当に彼にとって必要な“尽くし”なのか、一度考えてみては? 前者は、彼をダメにしてしまう可能性が高いですよ』(30代女性/編集者)

毎日弁当を作ったり、ご飯を作って帰りを待っていたり、尽くし方は様々ですが、100%尽くしてしまうのはよくありません。たとえば、ご飯を作ったら、洗うのは彼にお願いするとか、1つやってあげたら、1つ交換条件でなにかお願いをしてみましょう。

彼はすでに、相談者さんを、言わなくてもなんでもやってくれる“彼女or人”と思っている可能性が高いでしょう、と取材した彼女は話してくれましたよ。今からでも遅くないので、彼に提案してみてはいかがでしょうか?

(2)ちゃんと彼を叱る

『尽くしたい性格ならそれもOKですが、彼の行動を全部許すことはまた別問題ですよ』(20代女性/事務)

彼が仕事を辞めたことや、ギャンブル・酒好きなことについて、相談者さんはちゃんと叱りましたか? 叱るという表現には語弊があるかもしれないですが、彼の心の中の「許してくれるだろう」「わかってくれるだろう」という甘えの気持ちを、そのまま受け取ってはいませんでしたか?

これからも付き合っていきたいのであれば、彼の行動について、嫌なことは嫌だと言えるようにならないといけないそうですよ。相談者さんもきちんと意思表示をし、彼に少しは喝を入れないといけませんね。

(3)母親ではなく彼女でい続けなければダメ

『あまり干渉しない、家事をやる、これでは相談者さんが母親化してしまいます。彼女でい続けるためには、やはり多少ワガママが必要かなと思います』(20代女性/不動産)

彼が相談者さんに対して危機感を感じていないあたり、相談者さんはすでに母親化しているのでは? と話してくれました。それでは、この先彼が変わる可能性は非常に低いそうです。

少しワガママを言うのも、たとえばですが、「仕事を見つけるまで会わない」という条件を提示するのと、「これから○○君と色んなところに旅行に行って、思い出をたくさん作りたいな」と伝えるのとでは、大きな違いがあるそうです。彼に仕事をしてほしいことを伝えるために、少しひねりを入れてみるのもいいですね。


いかがでしたか? 今回は、相談者さんの性格にも注目してみたほうがいいですね。私の意見としては、相談者さんが変えるべきは、自分の性格か、好きになるタイプです。

尽くしてしまう性格が全て悪いとは思いません。しかし、それによってダメになってしまう男性と、感謝の気持ちを忘れずずっと円満な関係を続けられる男性の2つに分かれると思います。もし性格を直せないのであれば、好きになるタイプを変えましょう。

相談者さんの場合、どうも、尽くされたらダメになっちゃう男性を好きになり尽くしてしまう、という悪条件が重なっている気がします。まず、今の彼との関係については、今回いただいたアドバイスを全て試していきましょう。そして、自分の性格も少しずつ見つめなおしていきましょう。ゆっくりで大丈夫です、頑張ってくださいね♪

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする