照れずに使える! 恋人が満足する“褒め方”の裏ワザ3つ

【相談者:20代男性】
彼女から、「全然ほめてくれないのでテンションが下がる」というようなことを言われました。会話の中でさりげなくほめるって日本ではあまりないですし、なんだか照れくさくてなかなかできません。なにかコツのようなものはないでしょうか。

a 上手にほめられなくても、相手を認めることで印象は激変します。

日常の迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

なかなかほめられないってお気持ち、よくわかりますよ。やっぱり照れくさいですよね(苦笑)。とはいえ、ほめるというのは人とのコミュニケーションで大切なスキル。そこで、照れくさくてなかなかほめられないあなたでも抵抗なくできる裏ワザをご紹介しますね。

150603sakisaka

“ほめられたい”という気持ちの下にあるもの

本題に入る前に、まず“ほめられたい”という気持ちについて考えてみましょう。この気持ちは、心理学では『承認欲求』と呼ばれ、人間の根本的な欲求と言われています。

これは、他人から認められたいという欲求ですが、その下にある思いは、“自分が価値のある存在であること”を認めてほしい、というものです。つまり、承認欲求が満たされないと、劣等感に悩まされたり自分の価値を認められなくなってしまったりするワケです。

このような心理について、石井希尚さんは著書『あなたを苦しめる過去から自由になる本』の中で次のように説明されています。

『ほめられずに育った子供は、自分の価値を発見することができません。兄弟と比較されて、常にがんばることを要求されてきた子供も、常に自分は「不足している」と思い込みます。(中略)そんな子供たちは、大人になる頃までには、すっかり自分を嫌いになり、自分が生きていることの素晴らしさを実感できない精神構造をつくり上げてしまいます』

やはり、しっかり彼女をほめてあげたほうが良さそうですね。

ほめなくても、「わかってもらえた」と思ってもらえる裏ワザ

とはいえ、照れくさかったり上手な伝え方がわからなかったりして、なかなかうまくほめられない人も多いのではないでしょうか。そこで、上手にほめることができなくても、相手の承認欲求を満たすことができる裏ワザを3つご紹介します。

(1)見たままを伝える

「髪切ったんだね」
「その靴、おニューだね」

これは不思議なことに、単に事実を実況中継しているだけ(笑)なのですが、言われたほうは悪い気がしないんですよね。ほめられているわけではないものの、相手が自分のことに注目してくれていることで、承認欲求が満たされるということではないでしょうか。

(2)がんばりを認める

「遅くまで大変だったね」
「前より上手になったね」

結果にフォーカスするのではなく、プロセスでのがんばり具合にフォーカスするのがポイントです。これはモチベーションアップに効果的と言われています。

(3)会話で“言い換え”を使う

会話の中で相手の言ったことを“オウム返し”するのは有効なテクニックなのですが、やり過ぎるとバカにされたような気になるかもしれません。そこで、相手の言葉を、自分のよく使う言葉にしたり要約したりして言い換えて返すのです。

A:「今日、上司に怒られたんだけど、この前言っていたことと違うんだよ」
B:「話に一貫性がないんだね」

これも自分の言っていることを「わかってもらえた」という気持ちになれますので超オススメです。はじめは上手に言い換えができないかもしれませんが、そんなにむずかしくはありませんので、慣れれば強力なスキルになりますよ。


以上、3つの裏ワザをご紹介しました。いきなりほめるのが苦手なあなた、まずはこのようなところから始めてみましょう。それと、もうひとつ。あなたにとって良いことをしてくれたり言ってくれたりしたときは、ほめたり裏ワザを使ったりするのがベストじゃありませんよ。「ありがとう!」このヒトコトだけでOKです。承認欲求を満たすのに、これほど最強の言葉はありませんからね。

あなたと彼女がますますハッピーになりますように!

【参考文献】
・『あなたを苦しめる過去から自由になる本』石井希尚・著

【関連コラム】
これぞモテる話術の極み! 相手を心から喜ばせるモノの褒め方
男性に褒められてイライラしたことベスト5
愛情が冷めかけている時に彼女が使う言葉3つ

●ライター/咲坂好宥(心理分析士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする