新宿二丁目レズビアンあるある3選!「1杯どうぞ」の暗黙のルールとは?

【相談者:20代女性】
初めまして。埼玉在住の多分レズビアンです。二丁目に行ってみたいと思っていますが、まだ行ったことがありません。二丁目の心得のようなものがあれば、教えて欲しいです。よろしくお願いします。

a 15年間のリサーチに基づく、二丁目の心得をお教えします。

こんにちは。先日、同性芸能人同士で挙式したばかりのタレントの方、一ノ瀬文香です。

ちなみに、二丁目歴は15年です。そんなに身構えて行くようなところじゃないですよ。私が初めて二丁目に行ったときは、1人でぷらっとバーに行きましてね、1人だったからこそ、そこに居合わせた人たちが色々情報を教えてくれて楽しかったですよ。教えるほうも楽しそうでした。みんな二丁目が好きで来ているので、そういう話が良い酒のさかなになるんですよ。

でも、そうは言っても不安なんですよね。今回は相談者のあなたもレズビアンだろうということなので、二丁目の心得というか、二丁目の特徴をお伝えするために、“二丁目のレズビアンあるある”3選をご紹介していきます!

15年間様々な人にリサーチした結果のあるあるなのですが、今回ご紹介する3選について、二丁目で鉄板bar『どろぶね』を5年間続けている、30代のオーナーでレズビアンのさとこさんのコメントも合わせてご紹介していきます。

150601ichinose

(1)すぐにセクシャリティを聞きがち

二丁目のウーマンオンリーバーやウーマンオンリーイベントに来る女のコは、レズビアンかバイセクシャルの女のコがほとんど。異性愛者の女のコはマイノリティになります。また、遊びに来る理由で1番多いのは、「恋愛的な出会いを求めて」。次に多いのは、寂しさを埋めたりストレスを発散したりするために、「飲んで話がしたい」です。

二丁目に行き慣れているコたちはそういうことを分かっているので、「多分、女のコが好きなのだろう。出会いを求めているのかな? 恋人はいるけど飲みたくて来ているのかな?」と、思いながら話しかけます。

話しかける側が出会いを求めていて、タイプだからナンパしたいと思っている場合、重要なのは3つ。“出会いを求めているのかどうか”、求めている場合は、“自分のことはタイプかどうか”“セクシャリティが合うのかどうか”に、なります。

でも、いきなり“出会いを求めているのかどうか”と“自分のことはタイプかどうか”を質問して、あまりにがっつき過ぎと思われたくないということから、とりあえず、「セクは?」と聞きがちです(※セク……セクシャリティの略)。相手の名前とセクシャリティをセットで聞くことも多いです。

“女のコが好きだろう”ということを前提にセクシャリティを聞いているので、タチ、ネコ、リバ(タチ側ネコ側両方になる)、リバタチ(タチ寄りリバ)、リバネコ(ネコ寄りリバ)などを聞いています。ちなみにスキンシップのことになりますから、リバタチ、リバネコも含む、リバの人が1番多いんですけどね。

セクシャリティは見た目では分からないので、いざっていうときのために聞いておくわけです。誰に対してもスキンシップを求めていないレズビアンのコもいますから、それも含めてセクシャリティを聞く必要があります。私のようにタチ度が高くておふざけが好きなコは、短い爪を見せてタチを強調することも……(笑)。

さて、さとこオーナーはどう思う?

『あるある(笑)。うちはなるべくセクにこだわらないでオフ会を開催しようとしているのだけど、「セクの割合を教えてください!」とよくメールが来る。特に30代以上からが圧倒的に多いね。

初心者さんはわからないのが当たり前だけれど、ネコ寄り同士、タチ寄り同士のカップルもいる。あまりセクで分けないで、出会いの幅は広げたほうがいいんじゃないかな。あと、一ノ瀬ちゃんみたいに冗談ぽく爪見せてのナンパなら素敵かもしれないけど、いきなりセクを聞くとギョッとする子も結構いるから気をつけてほしいな』

(2)店子に、「1杯どうぞ」と言うとより楽しめる

“店子”とは、二丁目のバーで働く従業員のことをさして言います。昔から二丁目では、店子に対して、「1杯どうぞ」というのをよく聞きます。今でも、少なからず店子たちの間では暗黙のルールなので、店子が他店で飲んでいる際に、他店の店子に対して、「1杯どうぞ」と言っているのが聞けることでしょう。お客さんは一見さんも増えているので、「1杯どうぞ」と言う人の割合が昔よりは減っています。

なぜ、「1杯どうぞ」の暗黙ルールがあるのか。最大の理由は、二丁目の家賃がとても高いからです。しかし、ウーマンオンリーバーやイベント内でのドリンク代は1杯500円〜1,000円以内で、1人で何杯も飲みまくるコは少ないですから、普通に飲んでもらうだけではなかなか採算が合わないのです。

そういうことから、チャージ料をもらっている店も多いのですが、様々な懐事情のお客さんに来てもらいたいと思うと、チャージもさほどつけられず、近年はチャージ料をなくして頑張っている店も増えています。お客さんのことを考えれば、そりゃなるべく安くしてあげたい。でも、商売なので店も大変なのです。

だから、そういう気持ちをくんで、店子に対して「1杯どうぞ」と言うと、とても感謝されます。その店子は、多少なりとも接客で感謝の気持ちを表そうとするはずですので、お客さんとして楽しめる可能性もより高くなります。

ちなみに、店の周年や店子のバースデーの際は、「1杯どうぞ」ではなく、シャンパンを入れてお祝いするのがもはや伝統。これも店子同士なら暗黙のルール。お客さんに対してももちろん、期待をしています。こういうご時世ですから、懐が厳しい場合、「1杯どうぞ」だけでもどこの店も喜んでくれるはずですが。昔から二丁目には、“義理と人情”があるのです。

『たしかに、1杯どうぞ、と言われたら、思いやりの気持ちをもらって嬉しかったりする〜。でも、うちは初心者さんがとにかく多いからめったにないし、そんなお店に気を使わなくても〜と思うこともあるな。個人的には、好きなお酒と時間で楽しんでくれたらうれしい。

多分どこのお店だって、誰かのよりどころであるはず。だからこそ、世知辛いBAR経営でも(笑)頑張って続けようと思って工夫してるから、1杯どうぞの重みは結構あるとおもうし、義理人情でつながってるとおもう』

(3)二丁目によくいるレズビアンの言動はだだ漏れ

二丁目玄人、つまり常連となっているころには、友達がたくさんできていることでしょう。そうなると、二丁目に行けば、まるで“学校の放課後“のように感じて、より楽しくなります。ただ、たくさんの繋がりができる上に、おしゃべりなコも多いので、自分の言動がだだ漏れになっていくことは覚悟してください。

人間監視カメラがたくさんあることを覚悟だけしておいて、後はなるべく気にしないことです。大概、深く考えずに人のことを言うものですから。いちいち気にしていたら、楽しめなくなって自分がソンなのです。

人間監視カメラは、特に恋愛事情に敏感に反応します。それを象徴するようによくあるのが、カノジョと一緒に二丁目に来ていないだけで、「今日、カノジョは?」という質問。付き合っているといつも一緒じゃなきゃいけないのか! と突っ込みたくなりますが、相手からすると軽い酒のさかなです。

恋愛話好きは、異性愛者にだって多いのですが、特に恋愛事情に焦点が行きやすいのには理由があります。二丁目に来るレズビアンのコたちは、二丁目ではオープンですが、それ以外のところではレズビアンであることを多かれ少なかれ隠しているコがほとんど。

だから、本名、住所、職場に関する情報などは、自分から言わない限りあまり聞き出そうとはされません。自分が聞かれたら困るコが多いわけで、そういうことは相手にも配慮を示しやすいんです。だからこそ、よけいに恋愛事情に焦点がいくわけですね。

誰かと別れたときなんて、付き合いはじめたときよりも色々聞かれやすいですから、うまくかわせるように解答を用意しておくか、逆にいきさつを聞いてもらいまくって自分のストレス発散にすることをオススメします。

行動や言動が筒抜けになり易いからこそ、他の人の情報も入りやすくて便利でもあります。「友達の◯◯ちゃんも二丁目に来てるらしいから、連絡してみよう」なんてことはよくあります。

『学校の放課後……まさに(笑)。卒業しても学校が恋しかったりするから、みんな二丁目に魅了されて遊びにくるのかもね。女の子は基本うわさ好きだし、人から聞いたことをうのみにしたり、決めつけたがったり、まるでそれが事実のように、思い込みで話したり……。時々その人間監視カメラにドッと疲れて、お店で愚痴る子も多数います。私も、そういう気持ちは痛いほどわかるけど……心と口に南京錠をつけることにしました(笑)。

でも、二丁目だから〜とかよく聞くけど、コミュニティならどこだってある。起こりやすいのは、人同士の心の距離感が近すぎるから。よい距離感を保てば、とても賢く楽しめるってことは絶対言える! 自分にあう友達や恋人も、自分さえちゃんと持っていれば必ず見つかるし、一生の宝物にもなる。二丁目は、多様性を認められて自由になれる場所なのだから』


参考になりましたでしょうか? 今はたくさんのバーやイベントがあって、それぞれ雰囲気がだいぶ異なりますので、年齢層、ノリ、話題など、自分に合った場を探すことをオススメします。

お店で隣の席の人と雑談して他店の情報を聞いてみたり、仲良くなったお客さんと一緒に他店やイベントなどに行ってみたりすると楽しいですよ。ぜひ、私たちもいる二丁目に来てみてください!

【取材協力】
・『鉄板女酒場 どろぶね』オーナー・さとこ

【関連コラム】
タトゥー率が高い!? 新宿二丁目に集うレズビアンあるある10選

●ライター/一ノ瀬文香(よしもとタレント)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (78)
  • うーん (25)

注目の記事

恋愛jpをフォローする