じらして妄想させろ!? 男ゴコロをくすぐる“小悪魔”になる秘訣2つ

【相談者:20代女性】
恋してもうまくいかない私は、“小悪魔”という言葉に憧れています。まわりでも、「小悪魔っぽい」と言われる人がモテているように感じます。どうすれば小悪魔になれますか? 具体的にどんな女性が、小悪魔なんでしょうか。

a “物足りなさ”を与え、“妄想させる”のが小悪魔の秘訣です!

こんにちは。女優&ライターのmamiです。ご相談ありがとうございます。

たしかに、“小悪魔女子”なんて言葉、よく聞きますね。どんな女性のことなんだろう? と、気になるところですが……ここで吉報です! 『恋愛メソッド』で有名なカウンセラー秦由佳さんによると、女性であれば誰にでも“小悪魔要素”が備わっているんですって。なぜなら、『女性には本能的に子孫を残すために男性を誘惑する力が備わっている』から。なるほど〜。

相談者さんの中にも備わっている“小悪魔要素”を引き出すためにどうすればいいのかを、秦さんの著書から引用してお話しましょう。

150601mami

(1)“小悪魔”は妄想させる

『「欲」が満たされ「そう」になる瞬間が、実は魅力のボルテージが一番高い状態です。ある意味「欲求不満」が一番高いときだといってもいいでしょう。(中略)ですから、実は男心を一番くすぐるときというのは、相手と一緒にいる時間よりも、「相手に妄想させているとき」だと思ってください。これが、いわゆる「小悪魔の持つ力」です。つまり「相手に妄想をさせる力」といってもいいでしょう』

魅力とは、“相手をおなかいっぱい”にすることではなく、“もっと食べたい”と思わせることなんです。具体的には、デートのとき先にサヨナラを言う、メールの返信をたまに遅らせる、時にはうんと仲良くするけど、次に誘われたら、「また今度ね」とじらしてみる……などなど。相手に「彼女の本心はどうなんだろう」と考えさせる時間を増やし、「彼女が恋人になったら……」と妄想させるのが小悪魔です。

(2)“小悪魔”は彼がいない世界を持つ

『そしてもっとも大切なポイントは「自分の時間を大切にする」こと。つまり、「彼がいない世界に生きる」時間をたっぷりつくることです』

恋をすると、女性は彼オンリーになってしまいがちですよね。前の項目にも通じますが、“彼のいない世界”を持ち、そこできちんと生きている女性は、彼に“見えてない彼女”を想像させる……興味を持たせるんです。

たとえば、一緒にいるときだってそう。べったりくっついて離れない。観たくないテレビも一緒に観るし、ゲームにも付き合う、というのではなく、一緒にいるときでも自分の仕事をしたり、友達の相談に乗ったりした方がいい場合もあります。彼が少しだけ不安になる程度に。この“少しだけ”が難しいんですけど。


いかがですか?

“小悪魔”というと、相談者さんのように憧れを持つ方もいれば、「色目を使ってだますみたい」と毛嫌いされる方もいるかもしれません。でも、ものは考えよう。“男性を楽しませてあげる”つもりでいれば、時には“小悪魔女子”になって彼の心をくすぐってあげるのも、いいんじゃないでしょうか。

ただし、ほどほどに。振り回し過ぎて怒らせるようなことがないように、気をつけてくださいね。それを見極めるのも、小悪魔力ですから!

【参考文献】
・『“尽くすオンナ”をやめれば、あなたは一生愛される!』秦由佳・著

【関連コラム】
手っ取り早くモテる女になれる人間観察のススメ
男性が抱きしめたくなるフェロモンを出すコツ5つ
モテるのはどっち? 「意識高い系女子」VS「自然派女子」

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (7)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする