非モテがカモに! 結婚詐欺師の見抜き方5つ

【相談者:30代男性】
婚活していますが、恋愛経験がなく、男なのに門限のある家庭で育ち、世間に疎いです。結婚詐欺師に引っかからないか心配です。結婚詐欺か、そうでないかの見分け方を教えてください。

a 結婚詐欺師の共通点は、ハッタリを効かせてくることです。

ご質問ありがとうございます。婚活塾、塾長の藤田サトシです。

私自身の、2,500回に上るカップリングパーティーへの参加経験と、多くの受講者への聞き取り調査を活かして、お伝えします。

山師の玄関』ということわざを聞いたことがあるでしょうか? 山師とは、詐欺師の同意語です。このことわざを結婚詐欺に置きかえると、“結婚詐欺師は、玄関が立派である”ということになります。

彼らに共通することは、例外なく、景気がいいように見せかけてやってくることです。聞きもしないのに、羽振りのいいことを言ったり、高額な服や、家柄を自慢してきたりします。

海外へ行き来しているとか、秘書がいるとか、有名人と知り合いだとか、枚挙にいとまがありません。

実際に雑誌やTVの報道を見ていると、だます相手を自宅へ招くときには、客間と玄関だけの装飾が素晴らしいのが特徴です。

しかし、一歩奥へ入り、日常使われている部屋は、ゴミ屋敷のようになっていることが知られています。

『山師の玄関』は、昔のことわざですが、今も全く変わることはありません。疑いをもったならば、先方の家や会社に実際に行ってみることです。

玄関だけでなく、普段の生活の場も見てみましょう。言われたことの信憑性があるかどうかも、調べてみましょう。

150529fujita

どうして彼らは、詐欺を働くことができるのか

彼らは、幼少時代に両親や周りの人たちにかわいがられない環境にいたはずです。さらに、自分自身が結婚詐欺のような目に遭っている可能性も高いのです。

まともな人であれば、以後そうならないように対策をしたり、ときには反省して回避をしようとしたりするはずです。

しかし、彼らの頭の中には、他人を陥れてリベンジを果たそうという呪縛が根強く入っています。その人の本質を見抜くには、幼少時代の話や、過去の恋愛の話を聞いてみましょう。

彼らには、そういった強い思いがあるので、話してくれる可能性が高いのです。そこに彼らの本心が見え隠れします。

他にも、結婚詐欺を働く人には共通点があります。これらの特徴を判断材料にしてみてはいかがでしょうか。

(1)彼らの共通点は、マナーと人間力の欠如

詐欺師に共通する特徴は、マナーや、人間力が欠如しているところです。何か事が起これば、すべて他人や周りの環境のせいにするところもあります。

自分が悪いのではなく、周りの環境が悪いから、自分が悪いことをしてもいい、というのが彼らの考え方です。

だから、まともに働くことができず、詐欺を働くようになっていくのです。彼らとじっくり話してみれば、悪さをしていることを、ついうっかり吐露してしまうことに気がつきます。

彼らは、間違っても、他人の幸せは我が幸せ、とは考えません。極めて利己的であり、他人の視点でものを考えません

したがって、マナーがなっておらず、場所を考えずにゴミを捨てることもあります。タバコを吸う場所もわきまえずに、火のついたまま路上に投げ捨てます。約束時間を守ることもありません。

これが犯罪者の典型的な性格と考え方です。疑いをもったならば、まずは人物そのものや、マナーを観察してみましょう。

(2)突然に激怒します

いつも取り繕って生きているため、公開できない情報や、見られたくないものがたくさんあるわけです。見抜かれそうになると、冷静さを失って感情的になってごまかすしかありません。

ときには激怒して、見抜かれないようにふるまうのが特徴の1つでもあります。説明できないので、感情でごまかすしか手段がないわけです。都合の悪いときにどんな態度をとるかで、ある程度、予測もできます。

(3)手をつないだ程度で、結婚を打診される

多くの場合、親しい関係になってから結婚の話になるのが一般的です。しかし、彼らは手をつないだ程度で結婚の話をしてきます。それが詐欺師の最大の特徴となります。

自分の友達にも親にも会わせずに、話をトントン拍子で進めようとしてきます。ここでおかしいと考えなければなりません。

ここでだまされている方には、心理学で言う『防衛機制の否認』ということが起きているのです。おかしいと思っても、すべてをいい方向に自らで解釈してしまっているのです。

疑おうとは考えないのです。第三者からの意見にも、聞く耳を貸しません。

もし、だまされているのであれば、自分が苦しくなるわけなので、潜在意識が認めようとしないのです。こうして深みにはまっていきます。

(4)写真を撮られたがらない

特に、顔写真は撮られたがりません。撮られたくない何らかの理由を言ってきますが、この時点でおかしいと感じなければならないのです。

公開されて正体がバレたり、初犯であっても、今後の証拠が残ったりすることを恐れているわけです。特に、ネット上に掲載されることを嫌がることでしょう。だから、Facebook等をしていないはずです。

(5)彼らの友達や取引先の人に会えば見抜ける

彼らは、日常的に悪事を働き続けているため、長期間付き合っている友人がいないのも最大の特徴となります。友人ができても、すぐに離れていってしまうのです。

疑いをもったならば、友人や取引先を紹介してもらいましょう。家族でもいいでしょう。前の勤務先の友人でも構いません。間違いなく避けようとし、嫌がるに違いありません。

douseituiki4

詐欺師がターゲットにする人の特徴

詐欺師は、どんな相手をターゲットにするのか? それは、婚活弱者です。

婚活市場において、何の取り柄もなく相手にされてこなかった人で、かつ性格は、草食系の人を選びます。従順で、あまり遊んでおらず、世間を知らない人にターゲットをしぼります。

婚活市場において、モテずに困っている人が山のようにいるのが実態ですから、いくらでもカモが見つかるわけです。

結婚詐欺師が捕まり、マスコミにも報道されてますが、それはつまり、すでに数名の犠牲者が出ているということです。

ターゲットを見つけたなら、「やさしい人なのね」などと言い寄るのです。

草食系な人は、“やさしい人がモテる”と固く信じ、長年、やさしさだけを演じてきた人ですから、このたった一言だけで、モテない男性の心は、乾いた砂漠が水を吸い込むように、あっという間に吸い込まれていってしまうのです。

ワラをもつかむ思いでは、疑うこともなく、真に受けてしまうのです。「やっと僕を理解してくれる運命の人と出会えた」と思ってしまうのです。恋愛経験の乏しい人は要注意です。

詐欺にあいたくなければ、お堅い結婚相談所がオススメ

こういったことは、歴史のあるお堅い結婚相談所でなら起こりにくいと言えます。

お見合いを望む会員に対して、戸籍謄本や卒業証明書、資格を確認できる書類などを提出させた上で、登録、参加させているからです。もちろん、写真も撮ってあります。

しかし、街コンや一般のパーティーは、入り口で身分証明書を提示しますが、その後、自己紹介をどのようにしているかは、怪しいものがあります。独身証明書もとっていないわけですから、既婚だということだってありうるわけです。

人のうそを見抜く能力に自信のない人は、相談所に登録して、仲人を介して活動することをオススメします。仲人は、多くの場合、いつも自分の味方になって見ていてくれるから、安心ですよ。

●ライター/藤田サトシ(婚活塾 塾長)

編集部追記

今回のコラムでは、結婚詐欺師に引っかからない方法として、主に「結婚詐欺師の見抜き方」という視点でアドバイスをいただきました。

「結婚詐欺(結婚詐欺師、アカサギ)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151127akujyotuiki1

結婚詐欺とはどういうもの?

結婚詐欺とは、結婚する意思がないのに結婚したいかのように振る舞いながら異性へ近づき、金品をだまし取ったり、金品を借りたりして相手の心を弄ぶ行為です。

結婚したい男女の心の隙につけいる卑劣な行為ですが、近年、手口が巧妙化しており注意が必要となっています。

また、立証することが難しく、事件や裁判になる例は、実際の結婚詐欺被害の氷山の一角と言えるかもしれません。

これが結婚詐欺師の手口!

結婚詐欺師は騙せそうな相手を見つけると、言葉巧みに近づき、結婚を匂わせます。

そして、「結婚したいからその前に借金を清算したい」「借金を肩代わりしてくれたら結婚できる」「親が病気でお金が必要だから立て替えて欲しい」「独立するために開業資金が必要」などの嘘をついて、多額の金品をだまし取るのです。

その後、被害者から「これ以上金品を取れない」と思うと連絡を絶って相手の前から姿を消します。被害者の中には、現金だけでなくクレジットカードまで渡してしまう人や、多額の借金を背負ってしまう人までいます。

出会って間もないのにすぐ結婚の話をしたり、かと思えばいきなり多額の金額を貸して欲しいと頼んできたり……冷静に考えれば“ありえない”“いかにも詐欺っぽい”話です。

しかし、「結婚」という言葉をちらつかせられたり、男女の深い関係を持ってしまったりすると、情に流されて真実を見失ってしまうもの。

相手を、「この人には私がいないとダメなんだ」「二人の将来のためにはお金くらい」なんて気持ちにさせてしまうのが、結婚詐欺師の卑劣なところなのです。

結婚詐欺に遭わない方法

相手の恋愛感情を利用して金品を巻き上げる結婚詐欺。被害に遭えば、心身ともに大きなダメージを負ってしまいます。異性に対して不信感を持ってしまい、その後、恋愛や結婚すらできなくなってしまうかもしれません。

そんな、人生を狂わせかねない結婚詐欺師は撲滅したいですよね。そのためにはまずは自分自身が結婚詐欺に遭わないよう対処することが大切。そこで、結婚詐欺に遭わないコツをご紹介します。

お金の話が出たら要注意! 絶対に貸してはダメ

普通の人は、知り合って間もない異性からお金を借りようとはしません。「結婚するつもりでいる」「結婚しよう」という言葉が出た後にお金の話をされると信じてしまいがちですが、信じてはいけません。

「少ない金額だから……」と安心して貸していても、だんだんと高額になっていくケースも多くあります。「借用書を書くから」などと言ってきても、偽名などで逃げられる場合もありますのでご注意ください。

とにかく“お金は貸さない”が鉄則です。

相手の素性を徹底的にチェックする

結婚詐欺師は“詐欺師”ですから、嘘は大得意! 嘘でご飯を食べているようなものですから、どんな嘘ももっともらしく悠々と語ります。それを素人が見抜くのは至難の業。

そこで、お金の話が出たらまずは相手の言っていることを疑ってかかり、素性を確認できるもの(名刺や運転免許証など)を積極的に調べてみましょう。

免許証の本名と生年月日が、本人の語るものと相違がないかチェックする、名刺に書かれている会社名をネットで検索する、名刺の会社に本人が在籍しているか電話をして確認する、くらいのことをしても大丈夫です。

相手の携帯電話をチェックして、電話帳の登録件数が不自然ではないかを確認する、SNSをチェックして友達関係がしっかり築けているか(友達がほとんどいない場合は怪しいそうです)を確認する、というのもポイントですね。

また、相手の実家や家族構成などについて話を振り、詳しく話してくれるか探ってみるのも一つの手です。

記録はこまめに残す

結婚詐欺を立証するのはなかなか難しいもの。そのため、結婚の意思を確認し合ったメールのやりとりを残しておく、電話中の会話を録音しておく、お金をどうしても渡さなければいけないときは借用書を用意し、自分の友達に立ち会ってもらう、などの配慮が必要です。

ちょっとでも相手を疑うような点があれば、これらを忘れずにやっておきましょう。

menkuituiki7

実際にあった! 恐怖の“結婚詐欺”事例

実際の結婚詐欺事件で、お金をだまし取られるだけでは済まないものもありました。被害者にならないためにも、いくつかの結婚詐欺事例をご紹介します。

首都圏連続不審死事件

2009年に発覚した事件で、被害者と加害者が出会ったのが婚活の場であったことから、「婚活殺人事件」「婚活連続殺人事件」「婚活大量殺人事件」などと呼ばれることもあります。

加害者が女性であること、被害者が複数人いたことでも話題になりました。

結婚相談所で婚活をしていた男性に結婚を匂わせて近づき、深い関係になった後、自殺に見せかけて殺害した容疑や、金品をだまし取った容疑などがかけられています。

不審死をしている男性被害者が複数人、数百万円をだまし取られた男性被害者が複数人と、大規模な事件になっており、世間に大きな衝撃を与えています。

親に挨拶までしていた詐欺男の事例

2012年、「結婚しよう」と交際相手の女性に言いながら現金185万円をだまし取ったとして、37歳の男性が逮捕されました。

この男は結婚詐欺の常習犯で、被害に遭った女性の数は20人以上とのこと。中には、自分の両親にも紹介していたという女性も。

この女性は結婚詐欺師の男性との子どもをみごもった上、新築マンション購入の頭金として200万円を立て替えたものの、マンションを購入した契約自体が嘘だと判明。さらにクレジットカードで200万円使い込まれていたと言います。

この詐欺男は婚活パーティーやSNSなどを通して女性と出会い、複数の偽名を使って女性たちを騙していたとのことです。

国際結婚詐欺にも要注意!

結婚詐欺をはたらくのは日本人だけではありません。中国や台湾、朝鮮国籍の男性が、アジア諸国の女性に対して国際結婚の話を持ちかけ、金銭をだまし取るという事件も発生しているとのこと。

なんと、国際結婚詐欺を仲介しているブローカーまで存在しているというから驚きです。組織ぐるみで結婚詐欺を行うなんて卑劣すぎますよね。

また、「祖国で会社を設立したい」という夢を熱く語り、女性に独立資金を立て替えてもらったまま姿を消す(もちろん会社設立の話は嘘)、という外国人男性の話もテレビで取り上げられていました。

国際結婚に夢を抱いている女性や、好きな人の夢を応援したいという女性の心を踏みにじるような詐欺師たち。野放しにしておくのは危険です。

結婚詐欺被害者は男女どちらが多い?

結婚詐欺の被害に遭うのは、男女どちらが多いのでしょうか? 明確な答えは出ていないようですが、女性のほうが多いという声のほうが多く聞こえます。

年齢が進むにつれ結婚に対して焦りを感じる女性は多いもの。婚活で優しい言葉をかけられ、「結婚」の2文字をちらつかせられたら、「どうせ結婚する相手なのだから……」とお金を貸してしまう気持ちもわからなくもありません。

しかし、焦りや油断は禁物。やたらと「結婚しよう」と言ってきたり、もっともらしい理由で「お金を貸して欲しい」と言ってきたりする男性には注意してほしいものです。

「恋愛詐欺」「ロマンス詐欺」にも注意!

結婚詐欺についてはどのようなものかよくわかったかと思いますが、世の中には「恋愛詐欺」や「ロマンス詐欺」なるものも存在するようです。

恋愛詐欺とは、インターネット上で出会った異性と交際し、金品をだまし取る詐欺のことです。詐欺師は偽名や嘘の住所を使っていることが多く、金銭を要求されたり、高額なものを買わされたりする被害が多いそう。

ロマンス詐欺とは、インターネット上で出会った海外の異性をだまして、恋人や結婚相手・婚約者になったかのように振る舞い、金銭を送金させるというもの。

国際恋愛詐欺国際ロマンス詐欺ナイジェリア詐欺とも呼ばれることがあるそうです。

中には個人ではなく組織ぐるみで詐欺を働いていることもあるようで、その手口は実に巧妙。知り合ってから1年以上かけて詐欺を働くこともあるとのことなので、被害者も信用してしまいやすいですよね。

151127akujyotuiki2

結婚詐欺師をテーマにした作品紹介

結婚詐欺についてもっと深く知りたいという方は、結婚詐欺をテーマにした作品にふれてみるのもいいでしょう。

映画『夢売るふたり』

2012年に公開された西川美和監督の作品で、松たか子さんと阿部サダヲさんが結婚詐欺師の夫婦役を演じました。

孤独な女性に近づいて結婚の話をし、金銭を巻き上げる貫也(阿部)と、裏で糸を引く妻の里子(松)の物語は、だんだんと二人の関係が崩れて行く様子や、先が読めない展開にハラハラドキドキします。人間の心理や感情に迫る作品で、とても見応えがあります。

映画『クヒオ大佐』

2009年の公開された吉田大八監督の作品で、キャストは結婚詐欺師“クヒオ大佐”役に堺雅人さん、騙される女性役に松雪泰子さん。吉田和正の『結婚詐欺師 クヒオ大佐』が原作です。

華麗な経歴を詐称し、女性たちをだましていくクヒオ大佐と、だまされる女性たちのお話。

1970年代から90年代にかけて、結婚話を交際女性に持ちかけ、約1億円もだまし取った実在の結婚詐欺師をモデルにした映画で、『第50回日本映画監督協会新人賞』の最終候補作品にもなりました。

小説『結婚詐欺師』

直木賞作家である乃南アサさんの小説で、2007年にはウッチャンナンチャンの内村光良さん主演でテレビドラマ化されました。

結婚詐欺師である男性を主人公にしており、綿密な取材から、結婚詐欺師の生態がよくわかる小説になっています。

結婚詐欺に遭った場合の慰謝料はいくら?

結婚詐欺に遭った場合、詐欺師に『婚約破棄』の慰謝料を請求することができます。

その場合の慰謝料相場は、30万円〜200万円の範囲におさまるケースが多いようです。具体的な金額は実際に弁護士などに相談してみないとわかりませんが、目安として覚えておくといいでしょう。

結婚詐欺の時効は?

結婚詐欺に遭ったらなんとしても詐欺師を訴えたい! 慰謝料を請求したい! 貸したお金を返して欲しい! と思いますよね。

しかし、注意しなければならないのは、結婚詐欺を刑事事件・詐欺罪で公訴する場合、時効もあるということです。その時効は7年

金品を渡した時点から計算しますので、金品を渡した日時はしっかり記録しておきましょう。

刑事事件ではなく民事訴訟をする場合、その請求権は損害を与えられた日、および加害者を知ってから3年とのことです。詳しい時効については弁護士に聞いてみましょう。

結婚詐欺に遭ったときの相談先

結婚をほのめかされ、金品を渡したら突然連絡が取れなくなった……これってもしや結婚詐欺? そんなとき、お金を取り戻すためには詐欺師を特定し、結婚詐欺を立証しなければなりません。

それには、専門家の力を借りましょう。探偵や調査会社に依頼し、詐欺師を見つけてもらいます。

調査料金はそれぞれの会社で違うので、数社に見積もりを依頼し、納得のいくところを選ぶといいでしょう。

金額が低いから、という理由だけでなく、真摯に対応してくれるか、実績があるか、信用できるところかなども基準にすることをおすすめします。

詐欺師が見つかったら、その後の対応をどうするか弁護士に相談してみると安心です。詐欺師はプロ。こちらもプロに頼って応戦するのが一番です。


「結婚詐欺師の手口」や「結婚詐欺に遭わないようにする方法」「結婚詐欺の事例」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「自分には関係ない」「自分はだまされない」と過信しすぎるのは禁物。詐欺師は心の隙間に潜り込んできます。くれぐれも油断しないよう、ご紹介した情報を参考にしっかり対策をとってくださいね。

(恋愛jp編集部/渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (19)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする