4割の女性が経験している既婚者との恋愛事情とは

【相談者:20代女性】
最近、女友達が既婚者と関係を持っているようで、友達としてすごく心配しています。友達が言うには、意外と既婚者との恋愛は多いそうなんですが、私にはとても信じられません。実際のところはどうなんでしょうか。

a 30代女性にいたっては、経験者は3~4割にも上るようですよ。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

既婚者との恋愛はどのくらいあるのか、というご相談ですね。確かに既婚者との恋はあまり大きな声では言えない分、友達にどんなアドバイスをしたらいいのか困ってしまいますよね。

150526yukimi2

年齢が上がるごとに経験者が増える!?

『アッチアラーム株式会社』が20~30代の独身男女2,965人に行った、恋愛、婚活に関する調査によると、既婚者と恋愛をしたことがある女性は、24.4%もいることがわかったそう。

年齢別に見てみると、20~24歳は12.4%、25~29歳は18.5%、30~34歳は29.6%、35~39歳は43.8%……と、年齢が上がるごとに既婚者との恋愛経験も上がる傾向にあるようです。

30代以上の女性においては3~4割以上も経験がある、という結果には、ちょっとビックリしてしまいますよね。

既婚者との恋愛はどんなもの?

恋愛は好きになってしまったら、なかなかブレーキが効きづらいものです。とはいえ、既婚者を相手にするというのは、相手の奥さんや家庭を不幸にしてしまいかねません。

にもかかわらず、既婚者と関係を持つのは一体どうしてなんでしょうか。既婚者との恋愛経験を持つ女性何人かのエピソードを以下にまとめてみました。

『知り合って好きになったら、実は既婚者だったことが発覚』(30代半ば/栃木県)
『既婚者だと知らないまま恋愛関係に。もつれる前に別れました』(20代半ば/愛知県)

既婚者とは知らなかったという女性が目立ちました。知らずに付き合った後では、引くに引きづらそうです……。

『職場の先輩で、好きなだけでなく尊敬もしていたので、付き合ったことは一切後悔していません』(30代後半/岐阜県)
『社内は多いと思う。自分もあるけど、他の人もよく聞く』(30代前半/愛知県)

「この人しか」という相手であれば、既婚者とわかっていても惹かれてしまう、ということはあるかもしれませんね。

『前の職場の上司。隠れて会うのはスリルだったけど、オープンにできないのがツラかった。最終的に嫁さんのとこに戻ったので、結局愛人だったと気づかされた』(30代半ば/香川県)
『会社の上司と付き合ったことがあります』(30代後半/千葉県)

年齢的に上司と関係を持つ方が多いのでしょうか。周りに打ち明けられないのが苦しいというのは、本人たちも感じているようです。


いかがでしたか。既婚者との恋はお互いが不幸になってしまいます。でも、普段得られない刺激が恋を盛り上げるのかもしれません。こういった状況を伝えながら、友達としてできることをしてあげてはいかがでしょうか。

●ライター/雪見かおる(セクシュアリティ専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、既婚者と恋愛経験のある女性について、「経験者は多いものの幸せにはなりづらい」という視点でアドバイスをいただきました。

「既婚者の恋(既婚者の恋愛)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151208kikonntuiki1

既婚者が恋をするワケ

生涯の伴侶として決めたパートナーがいながら、それ以外の人と恋をしてしまう既婚者は少なくありません。彼・彼女たちはどのような理由からこの恋を始めてしまうのでしょうか。

精神的なストレスを感じている

仕事や家庭でストレスを感じる毎日でありながら、結婚していることで独身時代のように外に遊びに行くこともままならない生活。

肉体的な疲れは、休息を取ることで家庭にいながら癒すことができますが、精神的なストレスはそうもいきません。旦那・妻のいる空間では安らぎを感じることができないという人もいるはずです。

そんなとき、心の平穏を外に求めて不倫へと走ってしまうことはなんら不思議なことではありません

ドキドキや変化を求めて

たとえ家庭内で安らぎを感じていたとしても、単調な毎日を退屈に感じ、ドキドキや変化を求めて不倫へ手を出してしまう人もいます。

始めはちょっとしたスリルを楽しむだけのつもりだったとしても、知らず知らずのうちにのめり込んでしまい後に引けなくなるということも。

特に、家庭に入ることの多い女性は夫へのドキドキを失いやすく、外に対する欲求が強い傾向にあります。

罪悪感は持っている

そんな人たちも、自分たちの行いに少なからず罪悪感は持っているようです。結婚相手だけでなく、子どもがいればなおさら悪いと感じることは増えるでしょう。

ダメだと分かってはいるものの、つい始めてしまうのが不倫というもののようです。

結婚しているのに恋に落ちてしまう人の特徴

既婚者という立場にありながら恋をしてしまう人たちには、どういった特徴があるのでしょうか。

オシャレで女性慣れしている男性

清潔感があり、オシャレで、特に独身時代にモテていたという男性は、結婚後も恋愛をしてしまう傾向が強いといえます。女性慣れしている男性は、既婚者としての余裕もあり女性から魅力的に写ります

普段は少なからず我慢している面もあり、そんな時に「好きです!」と言い寄ってくる女性がいたならば、「俺もまだまだイケるな」と思ってしまうのも無理はないでしょう。

経済力がある

これは男女問わず表れる特徴です。家庭とは別に恋人を持つわけですから、その相手を満足させるためにある程度の経済力が必要になります。

そもそも、“既婚者”というデメリットを持っているわけですから、相手を経済的に満足させられない人が不倫に手を出すというのはハードルが高いですよね。

そういった余裕のある状況が、既婚者という立場ながら恋愛へと駆り立てるのです。

151208kikonntuiki2

こんな人が既婚者に恋をしてしまう

ここでは、幸せになれないと分かっていながら、既婚者を好きになってしまう人たちの特徴を紹介したいと思います。あなたに当てはまるところはありませんか?

優柔不断

いろいろなことを決めるのに時間がかかったり、選択肢を与えられるとなかなか決められなかったりする優柔不断な人は既婚者を好きになってしまう傾向があります。

相手が既婚者だと分かっていても、言い寄られるとはっきりと断ることができず、ずるずると関係をスタートさせてしまうのです。

相手は結婚しているわけですから、比較的人生経験が豊富な人ともいえます。そんな相手から言葉巧みに愛の言葉をささやかれてしまうと、ついうれしくなってしまい恋に落ちてしまいます。

ファザコン女性

女性は少なからずファザコンな部分があると思います。既婚者の男性に、独身者にはない落ち着きや大人の魅力を感じ、それを無意識のうちに重ね合わせて恋へと落ちてしまいます。

なぜか決まって既婚男性を好きになってしまうという女性は、ファザコンの傾向があることが多いです。

自分に自信がない

こちらも女性に多い傾向があります。自分に自信がなく、2番目の女としての立場を受け入れてしまうのです。

男性はそんな女性の気持ちをしっかりと見抜いており、「遊び相手としても受け入れられるだろう」という考えから近づくこともあります。これを受け入れて妥協した恋愛をしても、幸せな恋はできませんよ。

既婚者を好きになったときの対処法

いくらダメだと言われても、「好きになってしまったんだからしょうがない!」ということもありますよね。自分の気持ちに嘘をつくことはできません。そんなときの対処法をご紹介いたします。

家族のことを考える

あなたが好きになった相手には、家族がいます。パートナーだけでなく、子どももいるかもしれません。その人たちのことを想像すると、少し自分の気持ちを踏みとどまらせることができませんか?

あなたとの関係が相手家族にバレてしまえば、悲しませてしまうことは必至です。さらに、相手家族に限らず、自分の両親や兄弟にも発覚して悲しませてしまうかもしれません。

リスクが伴う行動であることを認識しましょう。

既婚者の落とし方

とはいえ、「好きになった気持ちを抑えることができない」ということもあるはず。好きになった後に既婚者だったことを知ってしまった場合なんかはなおさらです。

そんなとき、積極的な愛情表現をするのは逆効果。相手があなたに対して魅力を感じていたとしても、不倫が危険な行動であることは明らかですので、最初は警戒されて当然です。

少しずつ会話を引き出すことから始めましょう。特に男性に対しては、普段家庭で出すことのできないグチを聞き出すことが効果的です。

安らぎを感じられる存在で、自分の弱い部分も見せられると思わせればしめたものです。そこで褒める言葉をプラスすれば、安心感+自尊心を満たしてくれる存在となり、一気に恋をスタートさせることが可能になります。

kikontuiki7

既婚者からのアプローチを断る方法

反対に、既婚者から強いアプローチを受けて困っているという人もいるのではないでしょうか。既婚者と恋をしようと思ってなくても、相手からアプローチを受ける可能性があります。

働いている女性であれば、職場で出会う男性のほとんどが既婚者という状況も珍しくないはずです。

そんなときは、相手に“危険な存在である”と認識させる必要があります。中でも効果的なのは、結婚願望があることや恋愛体質でしつこい性格であることを伝えること。

既婚者という立場でありながら口説いてくるということは、遊び目的だというのは一目瞭然です。

そこで結婚をちらつかせ、思い通りにならなければ周りに言いふらしてしまうような性格であることをあらわにすれば、決してそれ以上深入りしてきません。

また、本当にその人と関係を持つ気がないのであれば、毅然とした態度で断ったり、無視をしたり、今の生活に全く不満を持っていないことを伝えたりすることが必要です。付け入る隙を与えてはいけません。

既婚者の遊びと本気の見分け方

言い寄ってくる相手、または自分がアプローチする相手が“本気”なのか“遊び”なのか見極めることも重要です。まず、不倫関係にある状況で相手が発する言葉は、基本的に信用できないものだと認識する必要があります

「好きだよ」「愛してる」という言葉はまだしも、「妻とは別れるから」「君と結婚したいと思ってる」なんて言葉を鵜呑みにしてしまうと痛い目をみることになるでしょう。

デートの約束ができない理由に家族を持ち出したり、あやふやな返事ではぐらかしたりする相手は遊びと思っている可能性が高いです。

また、本気で結婚を考えているような人であれば、自分の環境を片付けるまではあえて結婚の話題は出さないもの。簡単に口にする人は遊びののつもりです。

さらに、遊びであろうと本気であろうと、不倫のリスクを負うのは既婚者側ではなく、その相手側ということも胸に刻んでおいた方がいいでしょう。

kikontuiki4

既婚者の恋はリスクも忘れないで!

恋愛とはいえ、どちらかが既婚者という立場であればリスクは付き物です。そんな危険を負ってでも、あなたはその恋愛を続けますか?

職場での恋愛

既婚者と恋に落ちるシチュエーションとして最も多いのが職場での恋愛です。そして、最も危険性が高いのもこの職場での不倫。

発覚してしまえば既婚者のパートナーに慰謝料を請求される可能性があるのはもちろんのこと、職場での立場も無傷というわけにはいかないでしょう。

出世を目指していた男性は昇進の道を断たれたり、社会的地位が失墜したりするリスクも当然あります。

仮にそれらの影響がなかったとしても、職場内で不倫関係にあったということが公知の事実になればお互いにいづらくなることは間違いありません。全てを受け止める覚悟を持って行うようにしましょう。

精神的なダメージ

既婚者と本気の恋をすれば、最終的な目標は相手が離婚することになります。自分を好きになってくれて、一緒になることができればうれしいですよね。

しかし、それは既婚者のパートナーからすれば不幸なことです。他人の不幸を願う恋愛なのです。

顔が見えない相手だったとしても、不幸を願う恋愛を続けるのは無意識のうちにストレスとなり、精神的なダメージを生みます。2人だけの関係ではないということを肝に命じてください。

既婚者のプラトニックラブ

プラトニックというのは純粋な気持ちを表すものですが、それが不純な関係である“既婚者との恋”と結びつくと、どこか矛盾を感じます。いったいどういうことなのでしょうか。

心の安らぎを求める

仕事でストレスを感じ、それを家庭で発散させることができない場合、男性は外に癒しを求めます。そこでは、相手との深い関係は必要とせず、あくまで心のつながりやリラックスできる環境を求めているのです。

最近では男性に限らず、こうしたプラトニックな関係を外で必要とする女性の既婚者も増えているようです。

危険性を認識している

安らぎを求める、あるいは与えることのできる男女というのは、必然的に人生経験豊富な人間であるはずです。となると、不倫関係になってしまえばどういった危険性があるかについても十分認識しています。

恋愛感情を持つことすら長らくなかった人においては、好意を寄せてくれる相手がいるというだけで満足感を得ることができ、リスクをおかしてまでそれ以上の関係になることを求めようとはしません。

精神的な関係だけでも危険がゼロというわけではない

いくら精神的な安らぎだけを求めた清い(?)関係だったとしても、パートナーに発覚してしまえば決していい気はされないでしょう。

また、2014年3月に大阪地裁でくだされた判決で、“プラトニック不倫”であったにも関わらず慰謝料が認められたという例もあります。

どうしても気持ちが揺れてしまうという状況はあるかもしれませんが、それ相応の危険があることは認識しなければならないでしょう。


「既婚者に恋してしまう人の特徴」や「リスク」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

熱く燃え上がった状況では周りが見えなくなり、楽しさだけを感じる既婚者の恋。「好き」という気持ちだけでつながる分、ピュアな部分もあるのかもしれませんが、決して勧められるものではありません。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする